VIII WZ-120-1G FT  は1959年に正式採用されたWZ-120(Type 59)の車体をベースに設計されました。中国技術ツリーの駆逐戦車と似た形状と性能を持っています。また国家は違いますが、ソ連車輌の VII SU-122-44  にも非常によく似た性能です。これらの車輌に慣れているプレイヤーなら、違和感なく乗りこなせるプレミアム車輌です。詳しく性能値を見ていきましょう!

特徴

防御性能
良好な前面装甲を持っています。装甲厚だけ見ると大した事はありませんが、傾斜が優れていて、格下の攻撃を難なく跳弾することができます。車体を傾けたり俯角を利用して更に角度を急にすることができれば、同格Tierの攻撃も弾けます。とはいえ、車体下部が弱点であることは他車輌と同様なため、なるべく車体全体を晒さないように立ち回りましょう。
また、本車輌は傾斜装甲によって高い防御効果を得ているため、傾斜が緩くなってしまう位置関係にある場合には防御効果を期待できないことにも注意して下さい。

走行性能
平均以上の足回りを持っており、特に加速性は良好です。軽戦車の様に動き回ることはできませんが、走行性能が足かせになって敗北してしまうことはほとんどないでしょう。

攻撃性能
高いDPMと良い単発ダメージを誇り、貫通力も優秀です。さらに高火力の砲にありがちな射撃精度の悪さもそこまで見られません。しっかりと照準を行えば、中遠距離でも敵に命中させることができる射撃精度は持っています。
反面、照準性能が悪い事と砲可動範囲が狭いことに気をつけましょう。敵を狙う為に車体を動かしてしまいがちですが、照準拡散が大きい上に照準時間も長いため、すぐに射撃しても命中させることは難しいでしょう。敵がどこから現れるか予測しておき、車体を動かす必要がないように細かい位置取りに注意して下さい。

隠蔽率と視界範囲
他の車輌を圧倒する程の優秀な隠蔽率と、駆逐戦車としては広い視界範囲を持っています。隠蔽率の高さを活かして活躍しましょう。

ストロングポイント

  • 良い傾斜を備えた前面装甲
  • 高いDPM
  • 優秀な単発ダメージ
  • 良好な走行性能
  • 高い貫通力
  • 非常に高い隠蔽率
  • 駆逐戦車としては視界範囲が広い

ウィークポイント

  • 照準時間が長い
  • 照準拡散が非常に大きい
  • 砲の左右可動範囲が狭い
  • 側背面の装甲には期待できない

 

砲性能が高いレベルでバランス良くまとまっています。他を圧倒する高い隠蔽率と、優秀な火力を発揮できる戦い方を意識しましょう。また、トップTierとしてマッチングした場合には、シチュエーションによっては最前線で活躍することもできます。

拡張パーツ

視認範囲におススメ 攻撃力強化におススメ

優秀な火力を強化しつつ、弱点である照準性能を補うセッティングを行いましょう。DPMを向上させる「装填棒」と、照準時間を短くする「改良型射撃装置」は必須の拡張パーツです。最後のひとつはプレイスタイルによって選びましょう。自分ひとりで戦線を支えられるように視界範囲を強化したいプレイヤーは「双眼鏡」を、更に火力を強化したいプレイヤーは「改良型換気装置」を搭載しましょう。

搭乗員スキル

車長(無選手兼任)
砲手
操縦手
装填手

優秀な隠蔽率を最大限に活かすため「カモフラージュ」スキルの修得は欠かせません。2つ目のスキルには、弱点である照準性能の悪さをカバーできる照準系スキルを選択しましょう。

閉じる