イギリス技術ツリーの頂点――Tier Xに君臨するSuper Conqueror。「Super Conqueror」の名が表すとおり、戦場の征服者になるために開発されたような車輌です。イギリスTier IX車輌に慣れているプレイヤーであればなおさら、その圧倒的なパワーに驚くこと間違いありません。それでは詳しく見ていきましょう。

特徴

防御性能
外観だけをみれば、Tier IXの「Conqueror」ととてもよく似ています。でもその見た目が似ているからといって軽視しないで下さい。たとえば、装甲厚ひとつをとってみても「Super Conqueror」のほうが遥かに優秀です。「Super Conqueror」には強化された側面装甲と、車体上部に増設された空間装甲が装備されているのです。側面装甲の強化により「Conqueror」ではできなかった豚飯(サイドスクレーピング)が可能になります。でも、やっぱり本車輌の長所を最大に活かすならばハルダウン戦法です。頑丈な砲塔と素晴らしい砲俯角を最大限に活かしましょう!
弱点は車体前面の下部プレートです。抜かれやすい部分なので、ここを狙われないように最大限の注意を払いましょう。さらに砲塔後部にある弾薬庫も弱点のひとつです。弾薬庫はくれぐれも敵の射線に晒さないようにしましょう。

走行性能
重戦車として平均的な足回りを持っています。遅すぎる訳でもなく、中戦車のように走り回れる訳でもありません。ただ、前述した防御性能を実現しながらこの機動性を維持している点を考えると、良好とも評価できるかもしれません。

攻撃性能
攻撃車輌として活躍できるだけの火力と、前線を張れるだけの頑丈な装甲を併せ持つ「Super Conqueror」は何でもこなせる万能車輌です。状況に合わせて臨機応変に対応できる判断能力と操縦技術を身につけましょう。ただし、自分よりも足の速い敵車輌とは常に距離をとるようにしましょう。機動力が勝る車輌に側面をとられると厄介です。さらに、本車輌の主砲は素晴らしい射撃精度を持っています。長距離からの狙撃でさえそつなくこなせます。攻撃、防衛、狙撃。人気の理由がわかりますね。120 mm L1A1砲は射撃速度と信頼性の面でTierIXから大きくアップグレードされています。単発ダメージは重戦車として大きくないかわりに、DPMに優れた性能になっています。敵車輌が装填している間に複数発撃ち込んで、装填速度の速さを活かせる立ち回りを心がけましょう。ダメージ交換はくれぐれも避けて下さい。

隠蔽率と視界範囲
重戦車であるため隠蔽率は劣悪ですが視界範囲は優秀です。前述した砲塔装甲を活かして、稜線から砲塔だけ露出させて索敵することもできます。

 

 ストロングポイント:

  • 砲塔装甲が頑丈
  • 砲俯角が広い
  • DPMが高い
  • 優れたハルダウン性能
 

 ウィークポイント:

  • 車体下部は簡単に貫通されてしまう
  • 重戦車としては単発ダメージが低い

すべての性能がバランス良くまとまった車輌ですが、ハルダウンできるかどうかで本車輌の活躍度合いが変わると言っても過言では有りません。まさにイギリス技術ツリーのトップに君臨するに相応しい車輌です。マップと戦況をよく見定めて、活躍できる場所を常に探しましょう。

 

拡張パーツ

おススメの組合せ

この組み合わせは、DPMを向上させるとともに、命中率を上げます。更に万能車輌としての役割を引き立たせたいならば、「改良型換気装置」の代わりに「レンズ皮膜」を装備して視認範囲を上げましょう。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
装填手(無線手兼人)

お分かりですね? まずは「修理」スキルです。弱点の弾薬庫をカバーするために「弾薬庫保護」を習得してもいいでしょう。戦友スキルは改良型換気装置と同様に、搭乗員の職能レベルがアップする便利なスキルです。

閉じる