STEEL HUNTER」は、『World of Tanks』の中でも屈指の人気を誇るモードのひとつです。大勢のプレイヤーたちがモード専用の車輌に乗り、収縮していくマップを舞台に生き残りをかけて激戦を繰り広げる、いわゆる《バトルロイヤル》モードです。最新の「STEEL HUNTER」では、おなじみのルールに加え、いくつかの新しいメカニズムを追加し、初心者からベテラン戦車長までが楽しめる、よりダイナミックなゲームプレイを追求しました。

目次
たたむ


イベントの概要

  • 「STEEL HUNTER」では、ソロだけでなく2名小隊を編成して出撃することもできます。今回の新しい要素として、ランダムなプレイヤーと小隊を組むことも可能になりました。
  • ソロモードでは総勢15名のプレイヤーが生き残りをかけて戦います。
  • 小隊モードの場合、10個の小隊、総勢20名による戦いが繰り広げられます。
  • 使用できる車輌は8種類のイベント専用車輌に限られます。
  • 小隊モードでは音声チャットが利用できます。
  • 戦闘時間は最大で15分までです。戦闘開始前にマップ上に表示される複数の座標から出撃地点を選択できます。
  • 戦闘は3種類の巨大なマップで行われます。どのマップでも時間の経過とともにプレイできるエリアが縮小していきます。黄色くハイライトされた「危険ゾーン」では車輌がダメージを受けることはありませんが、一定の時間が経過すると「破壊ゾーン」に変化します。本モードでは、ゾーンが変化するまでの残り時間を示すタイマーが実装され、移動のタイミングがより分かりやすくなっています。赤くハイライトされた「破壊ゾーン」では車輌にダメージが発生するため、速やかに離脱しないと車輌が大破してしまいます。
  • 戦闘中にEXPを集めてTierを上昇させると、車輌を強化することができます。複数回の強化が可能で、具体的に何をどう強化するかはプレイヤーの判断に委ねられます。
  • ソロモードでも小隊モードでも最後まで生き残ることが目的という点は変わりません。全ての敵を撃破して最後まで生き残り、「STEEL HUNTER」の名に相応しい戦車長を目指しましょう。
  • マップ上には、消耗品補給物資といった様々なアイテムが入手できます。ほかにも、大破した車輌からは戦利品が手に入ります。アイテムには複数の種類が存在し、種類に応じて車輌のアップグレードに必要となるEXPが手に入ったり、アビリティーのチャージ車輌HPの回復モジュールの修理などが行われます。
  • 特に貴重なアイテムは「投下物資」と呼ばれ、その名の通り上空から投下されます。回収できれば他のプレイヤーに対して優位に立てるものの、「投下物資」の周辺では激戦が予想されるため、リスクもつきまといます。
  • このモードで使用できるすべての車輌には、装輪車輌と同じ「自動照準」機能が搭載されており、敵への攻撃をおろそかにすることなく荒れ地を走るような場面では特に役立ちます。
  • また、全車輌の弾速も上昇しています。
  • 本モードでは戦場で敵車輌を発見した際、車輌Tierではなく、車輌の強化レベルが表示され、敵との戦力差を見極めることができます。
  • 戦場には、敵プレイヤーだけでなく、「Marauder」と呼ばれるAI車輌も登場します。撃破するとEXPを含むアイテムを取得できます。
  • 本モードでは、実力が近いプレイヤー同士がマッチングするようになっています。
  • 専用のデイリーミッションを達成することで進捗ポイントを取得できます。取得できる「ポイント」の数は、戦闘での順位によって決まります。集めたポイントは、モード独自の進捗システムのステージを進めるために必要です。進捗システムは複数のステージで構成されており、突破するたびに対応する報酬が手に入ります。報酬には「鋼印」トークンも含まれています。
  • 「鋼印」トークンは限定カスタマイズアイテムと交換できます。

モードのプレイ方法

「STEEL HUNTER」をプレイする前に、出撃モード(ソロ通常小隊、またはランダム小隊)を選ぶ必要があります。出撃モードは、「戦闘開始!」ボタンの下にあるバナーをクリックして選択することができます。

「ランダム小隊」を選んだ場合、プレイヤーの検索機能を利用して特定の条件を満たすプレイヤーとランダムで小隊を編成することができます。

プレイヤーを探すのに時間がかかる場合は、検索条件が広がることがあります。

また、戦闘終了後にランダムでマッチしたプレイヤーと「通常小隊」を組むこともできます。「ランダム小隊」から「通常小隊」への切り替えは、戦闘結果画面から行えます。

小隊メンバーとのコミュニケーション方法

音声チャット

音声チャットは以下の方法で利用できます。

  1. 設定画面で音声チャットを有効にします。
  2. 音声チャットを使用するボタンを割り当てます。

音声チャットは「通常小隊」と「ランダム小隊」の両方で利用できます。

「通常小隊」を編成している場合、ガレージでも音声チャットが利用できます。

チャットホイール

音声チャットが利用できないプレイヤーに向けて、代わりに使用できるチャットホイールを新たに追加しました。チャットホイールは「Z」キーを押すと起動できます。

ハンター車輌

「STEEL HUNTER」には合計8種類の専用車輌が用意されています。どれも独自の性能やアビリティーを備えているため、得意とする立ち回りも異なります。ただし、どの車輌も「回復」と「修理キット」という2つのアビリティーを備えており、戦闘中にTier IからTier VIIまで段階的に強化することができます。

戦闘アビリティー

本モードで使用できる専用車輌には、複数のアビリティーが用意されています。アビリティーは全車輌に共通する「共通アビリティー」と、車輌毎に異なる「固有アビリティー」に大別され、後者はさらにその威力に応じて「基本アビリティー」と「究極アビリティー」に分けられます。どの車輌でも2種類の「共通アビリティー」に加えて「基本アビリティー」と「究極アビリティー」を1種類ずつ使用できる仕組みとなっています。

  • ドイツ
  • アメリカ
  • ソ連
  • フランス
  • イギリス
  • 中国
  • ポーランド
  • スウェーデン

Walküre KPz
ターボチャージャー
一時的に、車輌のエンジン出力、最大速度、および旋回速度を向上させる。
修復エリア
一定時間、損傷した全モジュールの修理、スタン効果の解消、HPの回復を行うことができる固定エリアを展開する。

Raven T7
照準ブースト
一時的に主砲の散布界を縮小し、照準時間を短縮することで、主砲の安定性と発射速度を向上させる。
トラップ
一定時間、敵車輌の移動性能を低下させるエリアを展開する。

Varyag S
地雷原
選択したエリアに地雷を設置する。地雷は一定時間のみ有効で、敵の攻撃を受けると破壊される。
エリア回復
自車輌の周囲に、自車輌および小隊メンバー車輌のHPを毎秒一定の割合で回復させるエリアを展開する。

Arlequin bis
空爆
選択したエリアに爆撃を行い、爆発により敵車輌をスタンさせると同時に、ダメージを与える。
自動追尾爆弾
直近の敵車輌を一定時間追跡し、爆発によりダメージを与える自動追尾型の爆弾を起動する。

Harbinger Mk. V
酸性ミスト
効果範囲内の全車輌に隠蔽率ボーナスを付与すると同時に、ダメージを与える。
狂戦士
一定時間、車輌HPを犠牲に、車輌特性を大幅に強化する。

Bái Láng A
腐蝕弾
敵車輌にダメージを与えた際に一定時間が経過するまでさらに追加でダメージを誘発できる腐蝕効果を砲弾に付与する。「修理キット」を発動されると腐蝕効果を解消されてしまう。
自律型攻撃兵器
敵と味方を識別できる自律型の攻撃兵器を召喚して直近の敵車輌を攻撃させる。一定のダメージを受けると大破してしまう。

Huragan CS
電磁エリア
高頻度で電磁波が発生するエリアを展開することで効果範囲内の敵車輌に対してダメージを与えると同時に機動性を低下させる。
ダメージ特化
一定時間が経過するまで砲弾を貫通させる度に照準性能を犠牲に次の砲弾で与えられるダメージを上昇させる。与ダメージは最大で5倍まで上昇する。敵装甲を貫通できないと効果がリセットされる。

Beowulf S1
火炎輪
自車輌の周囲に炎の輪を展開することで効果範囲内の敵車輌に対してダメージを与えると同時に機動性を低下させる。
自動修復装甲
発動と同時に車輌HPの一部を即座に回復させる。さらに効果持続中に敵の「砲弾」や「アビリティー」でダメージを受けるとその数値がカウントされ、効果終了時に自車輌および一定範囲内の味方車輌のHPを部分的に回復させる。味方を回復できる範囲は効果持続中に受けたダメージの総量に応じて変動する。

どの車輌でも使用できる「共通アビリティー」は以下の通りです。

【回復】車輌のHPを一定の割合まで徐々に回復させる。ただし、回復中にダメージを受けると効果が停止する。
【修理キット】損傷または大破中の全モジュールを修理すると同時にスタン効果を解消する。

車輌の強化方法

本モードでは戦闘中に車輌を強化することができます。強化を行うにはEXPが必要です。EXPは、戦場に出現するアイテムを回収したり、敵車輌にダメージを与えた際に手に入ります。前述のAI車輌「Marauder」を撃破することでもEXPを取得できます。他のプレイヤーほどの脅威にはならないため、チャンスがあれば積極的に撃破する価値があります。

どの車輌にも異なるモジュールが用意されており、Tierが上昇する度に2種類のモジュールのうちのいずれかを強化できます。

どうアップグレードしていくかで立ち回りも大きく変わるため、自分のプレイスタイルはもちろん、マップや戦局を意識した柔軟な判断が求められます。

  • ドイツ
  • アメリカ
  • ソ連
  • フランス
  • イギリス
  • 中国
  • ポーランド
  • スウェーデン

Walküre
エンジン出力
870馬力
最大速度
35km/h
探知半径
350m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
95/75/20mm
車輌HP
500HP
装甲
165/90/60mm
貫通力
115/144mm
単発ダメージ
300/240HP
分間ダメージ
2,682HP/分
100 mでの散布界
0.38m
リセット

Raven
エンジン出力
620馬力
最大速度
50km/h
探知半径
390m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
80/40/25mm
車輌HP
400HP
装甲
105/65/65mm
貫通力
130/163mm
単発ダメージ
215/170HP
分間ダメージ
3,364HP/分
100 mでの散布界
0.43m
リセット

Varyag
エンジン出力
800馬力
最大速度
40km/h
探知半径
350m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
105/75/20mm
車輌HP
500HP
装甲
120/80/40mm
貫通力
115/144mm
単発ダメージ
270/215HP
分間ダメージ
2,816HP/分
100 mでの散布界
0.38m
リセット

Arlequin
エンジン出力
600馬力
最大速度
72km/h
探知半径
450m
無線探知のクールダウン
25
車輌HP
750HP
車体装甲
20/15/10mm
車輌HP
300HP
装甲
20/20/10mm
貫通力
110/125mm
単発ダメージ
155/125HP
分間ダメージ
3,031HP/分
100 mでの散布界
0.43m
リセット

Harbinger
エンジン出力
590馬力
最大速度
45km/h
探知半径
390m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
70/40/25mm
車輌HP
400HP
装甲
115/80/40mm
貫通力
130/163mm
単発ダメージ
190/150HP
分間ダメージ
3,397HP/分
100 mでの散布界
0.43m
リセット

Bái Láng
エンジン出力
630馬力
最大速度
65km/h
探知半径
430m
無線探知のクールダウン
25
車輌HP
850HP
車体装甲
20/15/10mm
車輌HP
300HP
装甲
60/20/10mm
貫通力
110/135mm
単発ダメージ
180/145HP
分間ダメージ
3,129HP/分
100 mでの散布界
0.43m
リセット

Huragan
エンジン出力
600馬力
最大速度
58km/h
探知半径
410m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
60/40/25mm
車輌HP
400HP
装甲
70/40/40mm
貫通力
130/163mm
単発ダメージ
210/170HP
分間ダメージ
3,475HP/分
100 mでの散布界
0.38m
リセット

Beowulf
エンジン出力
830馬力
最大速度
43km/h
探知半径
350m
無線探知のクールダウン
30
車輌HP
800HP
車体装甲
85/60/20mm
車輌HP
500HP
装甲
110/60/40mm
貫通力
115/144mm
単発ダメージ
240/190HP
分間ダメージ
3,004HP/分
100 mでの散布界
0.38m
リセット

搭乗員

本モードでは、どの車輌にも専用の搭乗員が用意されています。戦闘を重ねても搭乗員EXPを取得することはできず、解任して兵舎に送ることもできないものの、各人が以下のパークを習得しています。

ドイツ

指定された目標
直感

アメリカ

スムーズな運転
速射

ソ連

指定された目標
直感

フランス

射撃の名手
鋭い視力


イギリス

スムーズな運転
速射

中国

射撃の名手
鋭い視力

ポーランド

スムーズな運転
速射

スウェーデン

指定された目標
直感

縮小するマップ

戦闘は3種類の専用マップ、「ドリームランド」、「アルザギール4.04」、そして「フィルヌルフィル」のいずれかで行われます。いずれも独自の雰囲気を備えており、「ランダム戦」で登場するマップと比べてスケールが大きくなっています。

「ドリームランド」は、その名前とは裏腹に廃墟化した都市を舞台としています。「アルザギール4.04」は、干上がった川と大量の砂丘を特徴とする広大な砂漠マップです。そして「フィルヌルフィル」は、人のいなくなった集落と凍り付いた湿地が点在するスカンジナビアのツンドラをモチーフにしています。

どのマップも時間の経過とともにプレイできるエリアが縮小していきます。自車輌のいるゾーンが黄色にハイライトされたエリアは「危険ゾーン」と呼ばれ、間もなくそのエリアではプレイできなくなります。自車輌が「危険ゾーン」にいる場合、そのゾーンが「破壊ゾーン」に変わるまでの残り時間を示すカウンターが表示されます。また、生存中のプレイヤーが少なくなると、黄色の「危険ゾーン」が赤い「破壊ゾーン」に切り替わるまでの時間が短縮されます。「危険ゾーン」のカウントダウンが終了すると、「危険ゾーン」は「破壊ゾーン」へと変わります。

「破壊ゾーン」でもカウントダウンが表示され、ゼロになる前に速やかに脱出する必要があります。「破壊ゾーン」のカウントダウンの終了後も赤いゾーン内に留まり続けると、ゾーンから脱出するか車輌が大破するまでダメージを受け続けることになります。これらのゾーンはマップ上で明確に表示されているため、あらかじめ回避したり、最も近い安全なエリアを簡単に探すことができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
【赤】閉鎖済みのゾーン

閉鎖済みのゾーンでは車輌にダメージが発生し続ける。ゾーンが赤くなったらできるだけ急いで脱出しなければ車輌が大破してしまう。

 
 
 
 
 
 
 
【黄】間もなく閉鎖するゾーン

黄色のゾーンでは車輌にダメージが発生することはない。しかし、いつでも閉鎖されて赤ゾーンへと変わる可能性があるため、脱出ルートを意識しながら立ち回るのが重要になる。

投下物資

戦場に出現するものの中でも最も価値が高いアイテムだ。回収に成功すれば大量のEXPが手に入るほか、車輌HPの回復、モジュールの修理、そして全アビリティーのチャージを行うことができる。「投下物資」の回収には5秒を要する点に注意が必要だ。青い煙が目印となる。

視認範囲内の敵車輌

他の「ハンター車輌」を発見するには視認範囲内にその姿を捉えなければならない。他のモードと異なり、自車輌の視認範囲外の敵車輌やアイテムはインターフェースに表示されない点に注意が必要だ。

Marauder

戦場を徘徊するAI車輌だ。他のプレイヤーが操作する「ハンター車輌」ほどの脅威はないとはいえ、油断は禁物と言える。撃破に成功すれば、EXPやアイテムを追加で手に入れることができる。「Marauder」には「Hare」、「Wolf」、そして「Bear」の3種類が存在し、それぞれ行動パターンが異なっている。

投下物資

戦場に出現するものの中でも最も価値が高いアイテムだ。回収に成功すれば大量のEXPが手に入るほか、車輌HPの回復、モジュールの修理、そして全アビリティーのチャージを行うことができる。「投下物資」の回収には5秒を要する点に注意が必要だ。青い煙が目印となる。

 
「無線探知」で発見した敵車輌

「無線探知」を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができる。ただし、他のプレイヤーの探知範囲内にいる状態で使用すると、自車輌の位置がそのプレイヤーのミニマップ上に表示されてしまう点に注意が必要だ。

消耗品

回収すると、EXPと砲弾が手に入るほか、車輌HPが回復し、さらに一定の確率でアビリティー「回復」が1回分チャージされる。緑の煙が目印となる。

補給物資

回収すると、モジュールが修理されるほか、「修理キット」またはいずれかのアビリティーが1回分チャージされる。EXPも取得できるものの、その量は「消耗品」と比べると少ない。黄色の煙が目印となる。

補給物資

回収すると、モジュールが修理されるほか、「修理キット」またはいずれかのアビリティーが1回分チャージされる。EXPも取得できるものの、その量は「消耗品」と比べると少ない。黄色の煙が目印となる。

消耗品

回収すると、EXPと砲弾が手に入るほか、車輌HPが回復し、さらに一定の確率でアビリティー「回復」が1回分チャージされる。緑の煙が目印となる。

戦利品

回収すると、大破した車輌が集めた全リソースの半分が手に入るほか、モジュールの修理と車輌HPの回復が行われる。「戦利品」の回収にはわずか2秒しか要しないものの、全プレイヤーのミニマップ上に表示されるためリスクが付きまとう。赤い煙が目印となる。

「無線探知」で発見した敵車輌

「無線探知」を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができる。ただし、他のプレイヤーの探知範囲内にいる状態で使用すると、自車輌の位置がそのプレイヤーのミニマップ上に表示されてしまう点に注意が必要だ。

「無線探知」で発見した敵車輌

「無線探知」を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができる。ただし、他のプレイヤーの探知範囲内にいる状態で使用すると、自車輌の位置がそのプレイヤーのミニマップ上に表示されてしまう点に注意が必要だ。

 
無線探知を使用すると、探知範囲内の「敵車輌」や「アイテム」の位置がミニマップ上に表示される。ただし、他のプレイヤーの探知範囲内にいる状態で使用すると、自車輌の位置がそのプレイヤーのミニマップ上に表示されてしまう点に注意が必要だ。

戦場に出現するアイテム

本モードの戦場には、様々なアイテムが出現します。中にはEXP、砲弾、アビリティーのチャージといった勝利に欠かせないリソースが含まれているため、これをいかに効率よく回収できるかが勝利のカギを握ります。複数のアイテムがほぼ同じ場所に出現した場合は、そこに向かうだけで、すべて同時に回収することができます。アイテムには以下の4種類が存在します。

消耗品

車輌HPを回復させると同時に「回復」1回分のチャージと砲弾の補給を行います。さらにEXPも手に入ります。

補給物資

回収すると、モジュールが修理されるほか、「修理キット」またはいずれかの固有アビリティーが1回分チャージされます。EXPも取得できますが、その量は「消耗品」と比べると少なく設定されています。さらに「修理キット」またはいずれかの固有アビリティーが1回分チャージされます。

戦利品

大破した敵車輌からドロップします。EXPを取得できるほか、車輌HPの回復、全モジュールの修理、砲弾の補給ができます。さらにアビリティーのクールダウン時間が短縮されます。幸運に恵まれれば、いずれかのアビリティーもチャージされます。

投下物資

「復活」1回分のチャージを行い、大量のEXPを取得できるほか、砲弾の補給、車輌HPの回復、モジュールの修理、そして全アビリティーのチャージを行うことができる最も価値が高いアイテムです。

複数のアイテムがほぼ同じ場所に出現した場合は、そこに向かうだけで、すべて同時に回収することができます。

「復活」メカニズム

戦闘の序盤では、車輌が大破しても特定の条件が満たされていれば、自動的に「復活」することができます。ソロモードでは、たとえ撃破されたとしても、戦闘開始から5分が経過していなければ、自動的に安全な場所から再出撃できます。

小隊モードではやや仕様が異なり、戦闘開始から8分が経過するまでであれば、大破しても味方のすぐそばで「復活」することができます。ただし、生存中の味方が10秒間にわたって交戦を回避し続けることが条件となる点に注意が必要です。「復活」の権利は初期状態では小隊毎に2回分が与えられており、「投下物資」を回収するとチャージできるようになっています。

「復活」に成功した場合は、以下の点に注意が必要です。

  • 車輌のTierについては、大破直前のものが維持されます。
  • 所持していた砲弾やアビリティーのチャージはすべて失われ、戦闘開始時の状態に戻ります。
  • 一度「復活」すると「復活」の権利を消費してしまいますが、「投下物資」を回収すれば、新たに権利をチャージすることができます。

AI車輌「Marauder」

「STEEL HUNTER」には、戦場を徘徊するAI車輌Marauder」が登場します。他のプレイヤーほどの脅威にはならないものの、撃破すればEXPやアイテムをドロップするため、チャンスがあれば積極的に仕留めに行くだけの価値があります。

「Marauder」には複数の種類が存在し、以下に示す通り、それぞれに独自の行動パターンが設定されています。

  • Hare: 小型で機動性に優れ、発見されるとその場から逃げ出します。
  • Wolve: 万能タイプの性能を備え、一定の距離まで近づくとアグレッシブに攻撃を仕掛けてきます。
  • Bear: AI車輌の中でも最も強力で、アイテムを守るためならば大破も厭わず攻撃を仕掛けてくるものの、一定の距離まで近づかなければ反応することはなく、一度交戦を開始しても再び距離を取れば攻撃を停止します。

より強い「Marauder」を撃破すれば、より貴重なアイテムが手に入ります。また戦闘が進むにつれて、「Wolve」と「Hare」の出現率が低下する一方で、「Bear」の出現率が上昇する点にも注意が必要です。

マッチングシステム

豊富な経験や知識を備えたベテランプレイヤーが有利になりやすいのは、対戦ゲームの宿命です。しかし、多人数で構成されるチーム制ならばともかく、ソロやわずかな人数で複数の敵と戦わなければならない《バトルロイヤル》系のゲームで、始めてからまだ日が浅いプレイヤーがベテランプレイヤーと同じ戦場に放り込まれるのはあまりにも過酷すぎると言えるでしょう。

そこで「STEEL HUNTER」では、従来とは異なる新たなマッチングシステムを導入しています。モード内で記録した成績を基に、実力が比較的近いプレイヤー同士がマッチするように調整されており、経験や実力を問わず誰もがより楽しめるようになっています。このマッチングシステムはソロ、小隊問わず適用されるため、敵も味方も実力が拮抗したマッチでプレイすることができます。

視認システムと照準システム

「STEEL HUNTER」では「視野コーン」のメカニズムが採用されています。「ランダム戦」とは大きく異なるため、初めてプレイする場合には注意が必要です。仕組みは以下の通りです。

  • 「ハンター車輌」はミニマップ上で砲塔前方に表示される「視野コーン」内に位置する敵車輌および消耗品のみ視認することができます。
  • 「視野コーン」の範囲は前方120°に扇形に広がっています。ただし、側面や背後など、それ以外の範囲は死角になっています。そのため、いかに敵の「視野コーン」の死角から忍び寄るか、または敵に死角に入らせないかが勝負のカギを握ります。ただし敵車輌との距離が50 m以下になった場合は「視野コーン」の向きにかかわらず位置を捕捉することができます。
  • 戦闘中にダメージを受けたとしても、「視野コーン」に敵を捕捉していない場合、敵を発見することはできません。

イベント進捗

「STEEL HUNTER」には、合計12段階のステージで構成された独自の進捗システムが用意されています。ステージを進めるには、戦闘で「ハンターポイントと呼ばれる専用リソースを取得する必要があります。また、モード専用のミッションを達成することでも「ポイント」を取得できます。戦闘ではその他にもクレジットや「バトルパス・ポイント」、そして「鋼印」トークンを取得できます。「鋼印」トークンは限定カスタマイズアイテムと交換できるモード専用の通貨です。

ソロ 小隊
順位 報酬 順位 報酬
1 25 1 25
2~4 15 2〜3 15
5~7 10 4~5 10
8~11 5 6~8 5
12~15 1 9~10 1

まだ戦える状態にもかかわらず戦闘から途中で離脱したプレイヤーは報酬を受け取ることができないほか、イベントの進捗バーにもポイントが加算されない仕様になっています。

ミッション

「STEEL HUNTER」では、モード専用のミッションに挑戦することができます。ミッションを達成すると、イベントの進捗に必要な「ハンターポイント」をはじめ、貴重なアイテムが手に入ります。

ただし、「Marauder」を撃破してもミッションの進捗には影響しないので注意が必要です。

  • 全力で攻撃せよ
  • まずは体を温めよ
  • 敵をひたすら狩り尽くせ
全力で攻撃せよ

条件

  • 「STEEL HUNTER」モードで通算12,000HP以上のダメージを与える。
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 0
  • 20 ハンターポイント
まずは体を温めよ

条件

  • ソロモードでTOP8を達成する
    または
    小隊モードでTOP6を達成する
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 0
  • 30 ハンターポイント
敵をひたすら狩り尽くせ

条件

  • ソロモードでTOP4を達成する
    または
    小隊モードでTOP3を達成する
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 0
  • 30 ハンターポイント

小隊限定ミッション

  • 二輌三脚
二輌三脚

条件

  • 小隊モードでTOP5を3回達成する
  • モード開催期間中に1回のみ達成可能

報酬

  • 160 ハンターポイント

全ステージ制覇後のミッション

全ステージを制覇すると、完全制覇プレイヤー限定のミッションがアンロックされる。達成すれば、さらに多くの「鋼印」トークンやボンドを入手できます。

  • チャンスはいつも突然に
  • 始末屋
  • 来た、見た、勝った
チャンスはいつも突然に

条件

  • 「STEEL HUNTER」モードで通算3輌以上の敵車輌を撃破する
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 250 ハンターポイント
始末屋

条件

  • 「STEEL HUNTER」モードで1戦中に敵車輌を4輌以上撃破する
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 25
来た、見た、勝った

条件

  • 1回勝利する
  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 25

バトルパス進捗ポイント

STEEL HUNTER」では「バトルパス・ポイント」も取得できます。実際に取得できる量は、戦闘終了時の順位によって決まります。本モードの専用車輌には「ポイント上限」が存在しないため、「バトルパス」を進めるにはまさにうってつけです。「バトルパス」の詳細はこちらの特集記事で確認できます。

ソロ 小隊
順位 報酬 順位 報酬
1 10 1 10
2~6 8 2~4 8
7~10 6 5~7 6

さらに、「STEEL HUNTER」には、「ランダム戦」モードなどでお馴染みの各種のリソースボーナスが適用されます。例えば、WoTプレミアムアカウントを利用している場合、取得できるクレジットとEXPはもちろんのこと、「鋼印」トークンにも+50%のボーナスが加算されます。その他にも以下のボーナスの恩恵を受けることができます。

  • パーソナルリザーブとクランリザーブを使用した際のクレジットと戦闘EXPに対するボーナス
  • 小隊でプレイした際のクレジットとEXPに対する+15%ボーナス

イベント専用ショップ

イベント専用ショップでは、集めた「鋼印」トークンと限定カスタマイズアイテムの交換を行うことができます。ショップはモード開始と同時に利用でき、終了してからもしばらくの間ご利用いただけます。

「STEEL HUNTER」での成績

本モードでの成績実績」画面に記録されます。成績」タブを開いて右上のドロップダウン・メニューから「STEEL HUNTER」モードを選択すると、戦闘数、勝利数、平均与ダメージといった各種の数値が表示されます。

プレイに必要なシステム要件

「STEEL HUNTER」は、マップが広く、さらに回収可能なアイテムがマップ上に出現するなど、他のモードにはない数々の特徴が存在するため、「ランダム戦」モードよりも多くのシステム・リソースを必要とします。

そのため、32bitのOSや、メモリーの容量が限られたコンピューターでは、プレイ中にパフォーマンスに関する不具合が生じる可能性があります。不具合が生じる場合には、CPUやグラフィックカードの性能に合わせてゲームクライアントのグラフィック品質を変更するようお願いいたします。

閉じる