戦車長!タンクガイドへようこそ。今日はプレミアム車輌の中でも人気の高いアメリカのTier VIII プレミアム重戦車 T26E5 と T26E5 Patriot を紹介します。まずはその違いから紹介しましょう。
この2輌はほぼ同じ性能で、違いは塗装されているか、いないかの違いしかありません。 T26E5 Patriot はあらかじめ特別な塗装が施されたプレミアム車輌で、通常の T26E5 より良い隠蔽率を持っていますが、 T26E5 にもクライアント内で塗装を施すことで同じ隠蔽率を発揮します。どちらを選ぶかは見た目で判断しても大丈夫です。それでは、性能値について詳しく見ていきましょう。

特徴

耐弾性能
他のアメリカ高Tier重戦車と同じく素晴らしい砲塔正面装甲を持っています。遮蔽物で車体を隠して戦えば、被ダメージを恐れること無く戦うことができます。しかし、一部の高貫通車輌には貫通されてしまうばかりか、斜め方向からの攻撃にも弱いことに注意して下さい。しっかりと砲塔正面を向けて戦うようにしましょう。弱点の車長用キューポラは小さく、さらに格下車輌の攻撃なら跳弾できる実装甲厚です。もし同格以上の車輌に狙われたとしても、回避動作を行っていれば被弾することはほとんど無いでしょう。
車体の装甲は、正面の装甲で格下車輌の攻撃なら跳弾することができ、昼飯を行えば同格の車輌まで耐えることができます。ですが、車体下部はやはり脆弱なので、過信は禁物です。また、本車輌は砲塔が車体の前方に付いているため、豚飯(サイドスクレーピング)は効果的とは言えません。

機動性能
重戦車としては優秀な機動性を発揮します。中戦車と共に動けるほどではありませんが、付いていけるレベルの最高速度を持っています。旋回性能も良好なため、普段重戦車を使用しないプレイヤーも違和感なく使用できるでしょう。

攻撃性能
優秀な貫通力の通常弾を使用できますが、プレミアム弾の貫通力はそこまで良くはないため、TierX車輌と対峙した際に苦労します。しかしながら、敵車輌の弱点を的確に狙える優れた照準性能と、素晴らしい砲俯仰角を持っています。砲塔だけ露出させるハルダウン戦法を駆使して戦うのがおススメです。また、重戦車としては単発ダメージが低く装填速度が早めのDPMに特化した砲のため、なるべくダメージ交換にならないような戦い方を意識しましょう。

隠蔽と視界性能
隠蔽性能はほとんど期待できません。
視界性能は優秀です。稜線の頂上でハルダウンを行いながら索敵することもできます。

ストロングポイント:

  • 重戦車としては優秀な機動性能
  • 通常弾の優秀な貫通力
  • 頑丈な砲塔正面装甲
  • 早い装填速度
  • 優れた照準性能
  • 良好な視界範囲

ウィークポイント:

  • プレミアム弾の貫通力がやや低い:TierX車輌を相手にすると苦労する
  • 重戦車としては単発ダメージが低い
  • 砲塔側面装甲が脆弱:砲塔正面は頑丈だが、過信は禁物

継続的に攻撃し続けられる状況を作り出せれば、本車輌の性能を遺憾なく発揮できます。稜線が多いマップではハルダウンができる場所で、市街地マップでは車体を隠せる障害物を使いながら戦いましょう。

拡張パーツ

おススメの組合せ

本車輌の長所である照準性能と装填速度を更に強化する組合せをおススメします。このセットアップでは「改良型換気装置」を搭載していますが、視界範囲を延長する「レンズ皮膜」を搭載すれば、万能車輌としても活躍できるため、プレイスタイルによっては検討の価値ありです。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無線手
装填手

まずは「修理」スキルを修得し、履帯の修理速度を向上させましょう。次に照準性能と視界範囲を強化するスキルを習得させ、最後に「戦友」スキルで車輌全体性能の底上げを狙います。車長の2つ目が「修理」になっていますが、ここで視界範囲を延長させる「偵察」スキルを修得する選択もおススメです。

閉じる