AMX M4 mle.49 Liberté

VIII AMX M4 mle. 49  と VIII AMX M4 mle. 49 Liberté  はフランス車輌の高Tier車輌としては数少ない装甲が強化された車輌です。まず目につく特徴は、強靭な車体前面装甲と強烈な単発ダメージです。もしフランス技術ツリーの車輌に慣れていたとしても、これらの車輌を使用する時は改めてその特徴とクセを習得する必要があります。詳しく見ていきましょう!

特徴

防御性能
このTier帯としては固い前面装甲を持った車輌です。前線で戦うことを念頭に設計されたと考えて間違いないでしょう。車体前面の下部装甲でさえも、前面上部に比べると薄いものの良好な角度を備えているので、跳弾することが時々あります。砲塔前面装甲も強力であるためハルダウンも得意とします。
しかし側面装甲は薄めである点と、砲塔上部にある車長用キューポラが非常に抜かれやすいので、車長用ハッチを狙われないように気をつけましょう。もう一つの注意点として、この車輌では豚飯の角度(サイドスクレーピング)は有効に使えない事が多いです。豚飯の角度をつけると、車体前面左右にある「切り欠き」(画像赤丸)部分の装甲角度が浅くなり、貫通されやすくなってしまうためです。

本車は豚飯より昼飯での防御角度を得意とした、数少ない昼飯車輌と言えます。敵と撃ち合う場合、もしバリケードを使用できるなら、なるべく昼飯の角度を意識して車体前面の装甲角度を増やしつつ、前面横の切り欠きを隠すように心がけましょう。
もしバリケードが近くに無い場合は、ほんの少しだけ左右に振りながら前後移動を繰り返して命中されにくくすることも有効です。ただし、これは敵までの距離が100~200mで有効な戦術であり、距離が近すぎた場合は弱点を簡単に狙われてしまうため注意しましょう。敵が弱点へ照準合わせに夢中になっている間に、反撃の態勢を整えましょう。

走行性能
この装甲厚を持った車輌としては良好な足回りを持っています。最高速度は驚くほどの数値ではありませんが、加速が良いためスペック以上の体感ができるはずです。中戦車と共に行動できるほど早くはないものの、重戦車の中では優秀です。

攻撃性能
通常弾であっても貫通力が良いですが、信頼性がいまいちです。DPMと単発ダメージ、精度なども特別高くありません。砲俯角は優秀なので、露出面積を小さくしつつ装甲を活かして、しっかりと照準し射撃しましょう。

隠蔽率と視界範囲
重戦車であるため隠蔽率は劣悪です。視界範囲はTierVIII車輌として見るとやや短いですが、そこまで大きく劣っている訳ではありません。

 

 ストロングポイント:

  • 重戦車としては優れた加速力と最高速度
  • 優秀な正面装甲
  • 頑丈な砲塔装甲
  • 砲俯仰角が広い
  • 通常弾の貫通力が優秀
  • ハルダウンが得意
 

 ウィークポイント:

  • 旋回速度がやや遅い
  • 照準性能が悪く信頼性に欠ける
  • 側面装甲が脆弱
  • 車長用キューポラが弱点

AMX M4 mle.49の特徴は「前面装甲、機動性、貫通力」であり敵の防御戦線を突破することを得意としています。さらに非常に優秀な砲塔装甲と俯仰角も持っているので、ハルダウンを行った戦線維持も得意な上に、様々な戦場に対応できる柔軟性も持ち合わせています。多少変わった装甲であり、一般的な車輌とは耐弾姿勢が異なります。クセをしっかり体得できれば活躍できるはずです。

 

拡張パーツ

おススメの組合せ
改良型換気装置 クラス 3

このセットアップは、AMX M4 mle.49の弱点である照準性能における信頼性の低さをカバーしつつ、装填速度を早めることを目的としています。照準性能と装填速度の強化により、最前線で敵と戦った時に有利に戦況を進められます。
また、車輌性能全体を微増させる「改良型換気装置」の代わりに、視界範囲を常に拡張できる「レンズ皮膜」を搭載するセットアップも良いでしょう。ハルダウン性能に優れたAMX M4 mle.49は、バリケードがほとんど無いオープンマップでも稜線を使って活躍することができ、その際にレンズ皮膜を装備していれば、敵を発見できる可能性を増やしてチームに貢献することもできます。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無線手
装填手

最前線で戦うことが多いため「修理」スキルをまず最初に修得しましょう。消耗品の修理キットを使用後に履帯を切られてしまった場合でも、通常より短時間で復帰することができます。
2つ目以降は、照準性能改善に向け射撃系スキルを修得し、無選手は視界範囲を伸ばす「状況判断能力」を修得させるのが良いでしょう。AMX M4 mle.49は他の車輌に比べて、側面から攻撃された際に弾薬庫を損傷することも多いので、装填手には「弾薬庫保護」を修得させましょう。

閉じる