KV 重戦車をベースとした KV-220の開発は1940 年の夏に開始され、12 月 5 日に試作車輌が製造されました。他の派生型KVシリーズとは異なり、本車では車体の延長や上部支持転輪の追加、さらに装甲の強化 (100 mm)や85 mm F-30 砲を搭載する新型砲塔が計画されていました。しかし、第二次世界大戦の激化における供給不足や、他にも十分な性能を持つ戦車の開発が進んでいたことからKV-220の開発は中止され、開発途中の車輌は余剰パーツを搭載し戦場へ送られる結果になりました。本車輌 V KV-220-2  は、KV-220シリーズ車体に量産型のKV砲塔を搭載したモデルです。どの様な性能を持っているのか、詳しい車輌性能を見ていきましょう。

本車輌はマッチング優遇車輌であり、TierVIIとはマッチングしません。

特徴

防御性能
非常に優秀な防御性能を発揮します。マッチング優遇車輌である事も効果し、敵対する車輌の多くから驚異になることでしょう。車体後部ですら80mmの装甲厚を誇り、特に側面と車体正面下部装甲は100mmもの装甲厚であるため、たとえ背後に回り込まれてしまったとしても下位Tierからの攻撃を跳弾することすら可能です。車体角度35度で防御姿勢を行った場合は、車体下部ですら実装甲厚130mmを超え、それ以外の車体部分は160mmに達する耐弾性能を発揮できます。もし障害物で車体正面部分を隠せる場合、豚めし(サイドスクレーピング)を行って角度をつけた側面装甲を敵に露出することで、車体部分は200mmを超える実装甲厚になります。
反面、砲塔装甲はやや脆弱です。垂直部分に配置された砲塔装甲の多くは、80mm程度の貫通力がある砲弾なら貫通できてしまうことに気をつけてください。

走行性能
ここまでの超重戦車となると、ほとんどの方は鈍足な足回りを想像するかもしれません。ところが本車輌は重戦車として平均的な走行性能を持っており、最高速度は重戦車としては良好と言ってもよいでしょう。ただし、加速力が低いために最高速度に達するのには時間がかかることと、旋回性能はが悪いことに注意して下さい。

攻撃性能
防御性能と走行性能は非常に良い評価ではありましたが、砲性能では他のTierV車輌にやや引けを取ってしまいます。単発ダメージは平均的ですが、標準弾・プレミアム弾共に貫通力が低いため側面攻撃を行ったり、相手の弱点を的確に狙う必要があります。しかし射撃精度が悪く、あまり距離が離れすぎていると敵の弱点に命中させることができません。弱点を狙う必要のない軽装甲車輌であれば関係ありませんが、敵対した相手が重装甲の車輌だった場合は注意しましょう。

隠蔽率と視界範囲
重戦車カテゴリであるため隠蔽率は劣悪です。そしてソ連車輌の悪い特徴である狭い視界範囲も引き継いでしまっています。オープンエリアで孤立してまうと、一方的に発見される可能性が高いため、十分に用心して運用しましょう。

敵車輌との距離が重要となります。遠い場所で構えれば、弱点である砲塔装甲を狙撃させにくいようにすることもできますが、射撃精度の悪さが災いしてこちらの攻撃を命中させることができません。逆に近すぎる位置では、弱点である砲塔装甲に被弾しやすくなってしまいます。近すぎず遠すぎず、100~150m程の距離感を維持しながら戦うことができれば活躍しやすくなるでしょう。

他車輌でも言えることですが、本車輌では特にどのようなマッチングになったかも非常に重要です。トップTierとしてマッチングした場合は、前線で強気に立ち回り大暴れしましょう。

ストロングポイント

  • 非常に分厚い車体装甲厚
  • 下位Tierを相手にした時は車体後部ですら跳弾できる
  • 豚めし(サイドスクレーピング)に適した車体形状
  • 重装甲車輌の割には良好な走行性能
  • マッチング優遇車輌である

ウィークポイント

  • 砲塔装甲がやや脆弱
  • 貫通力が低い
  • 射撃精度が悪い
  • 視界範囲が狭い

 

拡張パーツ

おススメの組合せ
マウスオーバーで詳細をチェック!

主砲を集中してチューンアップしましょう。このおススメの拡張パーツで、装填速度、照準速度、射撃精度を挙げることができます。やられる前に、やる。撃たれたら倍返し。この車輌におススメの戦術です。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無選手
装填手

機動性が低いため、一度履帯を破壊されると、それ以降ずっと行動不能にされてしまうリスクがあります。まず「修理」スキルを修得しておきましょう。2つ目には、砲手には照準性能を向上させる「速射」を、操縦手には運動性を向上させる「オフロード走行」を、無選手には視認範囲を拡張する「状況判断能力」を修得させましょう。装填手には、弾薬庫が損傷するリスクを軽減する「弾薬庫保護」を修得させるのがお勧めです。

閉じる