「崖」の最適なポジションは? プレイ方法は?ギリシャの海岸沿いを舞台としてデザインされた、特徴的な遺跡や石像があるマップです。どんな立ち回りが有効なのか?詳しく見ていきましょう!

マップ概要

英語でのマップ名:CLIFF
マップサイズ:1,000m × 1,000m
マッチング帯:Tier IV ~ X
適用される迷彩種類:夏季マップ用迷彩
リプレイファイルにおけるマップ名:18_cliff

主要ポイント

下のマップにおいて戦車アイコンが表示されている地点は、通常戦において戦闘の鍵となる地点を表しています。下のマップの戦車アイコンにマウスを合わせるとマップが変化し、マップ下部に注意事項などの詳細が表示されます。
マップやマップ下部の詳細説明には、そのポジションから狙う事のできる場所が表示されます。こちらから狙えるという事は、裏を返せば ”敵からも狙われる” という事に他なりません。どこからなら射線を通せるか、そしてどこから射線を通されやすいかを考えながら行動しましょう。もし該当エリアで発見された場合、見えていない敵からの攻撃を警戒して退避、または防御姿勢をとるなどの行動を行いましょう

マップ状に表示される各円は以下の距離で表示されています
緑色の円:350m
白色の円:445m(視認範囲限界)
黄色の円:564m(描写範囲限界)

南側スタート主要ポイント

各点にマウスオーバーすると、その地点の詳細情報が下部に表示されます
マップ概要に戻す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崖 南側スタート
各チームのスタート位置が北と南に別れています。マップを南北に分けて戦闘が繰り広げられるマップです。E・Fライン付近が主戦場となります。どのポジションも多くの場所から射線が通っているため、侵攻時には注意しましょう。
<主要エリア>
・西側「峡谷」エリア(1~3ライン):
軽戦車から駆逐戦車まで、様々な車輌が活躍できるエリアです。開始直後に機動性が高い車輌がE2まで入り込むことで、「丘」エリアへ展開中の敵へ射線を通すことができます。
・中央「丘・灯台」エリア(4~8ライン):軽戦車から駆逐戦車まで、様々名車輌が活躍できるエリアです。主戦場となるE5~F6が少し高い丘になっているだけでなく、背の高い岩や障害物が多く存在するため様々なラインから射線が通るテクニカルな場所です。本マップで最も特徴的な灯台を占領できれば、様々な場所へ射線を通すことができます。
・東側「海岸」エリア(9ライン):中戦車や重戦車など、装甲に優れた車輌が活躍できるエリアです。C8まで侵攻することができれば、中央「丘・灯台」エリアに展開する敵の側背面から攻撃できます。

マップ上に表示されている白い二重丸◎にマウスカーソルを合わせると、その場所からの詳細を見ることができます。
1・2ラインの迎撃地点
-駆逐戦車
2ラインを通る敵戦車を迎撃できるポジションです。正面にある茂みを使用することで発見されることなく攻撃できます。機動性に優れた車輌が開始直後に入ることで、「峡谷」エリアへ急行しようとする敵へ初撃を与えることができます。
序盤に活躍するポジションではあるものの、中盤以降はあまり活躍できません。よほど多くの敵がいない限り、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
1・2ラインの迎撃地点
-様々な車輌
2ラインを通る敵戦車を迎撃できるポジションです。正面にある茂みを使用することで発見されることなく攻撃できます。しかし、対面の敵側ポジションであるE2との距離が近いため、隠蔽率の低い重戦車では茂み越しでも発見されることもあります。注意しましょう。
また、この場所は「峡谷」エリアへ向かうための通り道となる場所でもあるため、開始直後にこの場所へ移動中、後ろに味方車輌が付いてきている場合は、道を譲るか茂みで停止しないようにしましょう。
序盤に活躍するポジションではあるものの、中盤以降はあまり活躍できません。よほど多くの敵がいない限り、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央の支援地点
-軽戦車や中戦車・重戦車など
中央「丘」エリアや、敵陣付近へ射線を通せるポジションです。機動性の高い車輌が開始直後にこのポジションに入り込むことで、C5やD6を通る敵に初撃を加えることできます。登り坂を使用してハルダウンすることで被弾面積を減らすことができますが、俯角が少ない車輌では射線を通しにくくなることがあります。その場合は、左側の小さな丘に車体左側を乗せることで車体を傾けて俯角を作り出すことができます。覚えておきましょう。
自走砲からの攻撃を受けやすい場所でもあるため、自走砲が多くマッチングしている場合に発見状態が長く続くと集中砲火を受けるため注意してください。
西側の迎撃地点
-軽戦車や中戦車など
中央「丘」エリアや3ライン「峡谷」エリアから進出しようとする敵に対して射線を通せるポジションです。両方のエリアに対して茂み越しに構えることができるため、発見されずに索敵することもできます。敵の攻勢を有効的に迎撃できるポジションではありますが、敵に背後を見せながら入らなければいけないため、敵が攻勢になる前に入っておく必要があります。
また、定番となるポジションであるため、発見されていない状態でもブラインド射撃を受ける可能性があることにも注意しておきましょう。
「灯台」登り坂の狙撃地点
-駆逐戦車など
中央「灯台」エリアへ向かうための登り坂に対して直線的に射線を通せるポジションです。開始直後にこの場所から構えることで、登坂中の敵車輌の背面を攻撃することが出来ます。軽戦車や中戦車が多くマッチングしており、「灯台」エリアを使用する車輌が多そうな場合に活躍できるポジションです。
ぎりぎり445m視認範囲内ではあるものの、「灯台」エリアへ向かう車輌はほとんどが隠蔽率の良い車輌であるため、いくら視認範囲が良かったとしても自身で発見することは非常に難しいです。
開始直後~中盤にかけて活躍するポジションではありますが、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央への狙撃地点
-駆逐戦車など
中央「丘」エリアから侵攻してくる敵車輌に射線を通せるポジションです。ぎりぎり445m視認範囲内ではあるものの、よほど視認範囲が良くない限り自分で索敵することは難しいため、基本的には味方の索敵に頼った射撃となります。
中央エリアに対しては距離があるものの、身を隠す茂みが全くない場所であるため隠蔽率が低い車輌だと比較的発見されやすい場所となります。特に敵が2ラインから侵攻してくる場合は容易く発見されてしまうため注意しましょう。
中央・西側の迎撃地点
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアや西側「峡谷」エリアから侵攻してくる敵車輌へ射線を通せるポジションです。茂みがないものの右側の山に身を隠せる "くぼみ" があり、この場所を使用して敵を迎え撃つことができます。敵輌敵の自走砲からは射線が通らず、味方の自走砲からは射線が通っているため、味方自走砲の支援を受けながら戦うことができます。
中央の最前線
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアの最前線となるポジションです。丘を使用してハルダウンできるため、砲塔装甲に優れた車輌が活躍できます。敵の主要狙撃地点であるA5から射線が通らないため、正面同士で戦える場所でもあります。
しかしながら敵自走砲から射線が通りやすく、自走砲が多いマッチングで発見状態が長く続くと一気に集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。そのため、機動性が低い超重戦車・重駆逐戦車では後退しきれずに撃破されてしまう危険も伴います。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
中央・西側の支援地点
-様々な車輌
中央「丘」エリアと3ラインから侵攻してくる敵に対して射線を通せるポジションです。中央「丘」エリア方向に射線を通す場合、正面にある茂みを使用して発見されにくい状態にできるものの、距離が近いため隠蔽率が低い車輌では茂み越しでも発見されてしまう可能性があります。
中央「丘」エリアばかりに注目しがちですが、3ラインから侵攻してくる敵にも射線を通せます。マップをよく見て攻撃できる敵を見極めましょう。
様々な場所への狙撃地点
-駆逐戦車
ほとんどのエリアへ射線を通せるポジションです。特に中央「丘」エリアと「灯台」エリアから身を乗り出す敵に射線を通しやすい場所です。中央の主要地点となる5ラインには射線が通らないため注意しましょう。定番ポジションとなるため、発見されてない状態でもブライド射撃を受けてしまうことに注意しましょう。
序盤から終盤まで活躍できるポジションではありますが、味方が前進している場合は全く意味を成さないポジションとなってしまいます。いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央の最前線
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアの最前線となるポジションです。開始直後に機動性の高い車輌が入り込むことで、正面にある茂み越しに展開中の敵車輌を索敵・初撃を加えることができます。この場所から攻撃する場合、敵からは車体が見えてしまっているため、いつまでもこの場所に留まると集中砲火を受けてしまいます。特に敵側の主要狙撃地点であるA5から最も射線が通りやすいことにも注意が必要です。
敵が攻勢に出る場合は無理に矢面に立たなくても、少し下がった岩陰に入ることで、他の味方から支援を受けることもできる事を覚えておきましょう。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
中央の支援地点
-機動性が優れた車輌など
中央「丘」エリアに展開する敵車輌の側背面を攻撃できるポジションです。背の高い岩や障害物が多く存在するテクニカルな「丘」エリアを、やや高い場所から横に射線を通すことができます。開始直後に機動性の高い車輌が入ることで活躍できます。
このポジションに入るためには一度車体を晒す必要があるため、機動性が低い車輌で入ろうとすると集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
東側の迎撃地点
-様々な車輌
東側「海岸」エリアの海岸線沿いに侵攻してくる敵を索敵・迎撃できるポジションです。茂み越しに射線を通すことができるだけでなく、左側の斜面を使用して車体を隠すこともできます。
ただし峡谷エリアのF3に対して身を隠せる場所が無いため、一度発見されてしまうと容易く狙撃されてしまいます。西側「峡谷」エリアを占領されてしまっている場合は無理に攻撃しようとせずに、この場所から「海岸」エリアの索敵に徹することも重要です。
中央・東側の索敵・支援ポイント
-軽戦車や中戦車など
本マップの象徴とも言える「灯台」エリアです。中央の5・6ラインを索敵することで攻撃的な支援ができるだけでなく、西側「峡谷」エリアのFラインから侵攻してくる敵を狙撃でき、かつ東側「海岸」エリアのG・Hラインから侵攻してくる敵を索敵・迎撃できる防衛の要となるポジションです。
H8に対しては茂み越しに射線を通せるものの、頂上付近には茂みがほとんど無いため、よほど隠蔽率が優れた車輌出ない限り容易く発見されてしまうことに注意しましょう。
中央へ支援ポイント
-様々な車輌
中央「丘」エリアやD8に展開する敵の側背面を攻撃できるポジションです。斜面から砲塔だけ露出させるハルダウン姿勢で攻撃できます。さらに敵の主要狙撃地点であるA5エリアから射線が通りません。しかしながら、敵にとっては非常に厄介なポジションとなるため、発見状態が続くと自走砲から集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。
「灯台」エリアを占領されている場合は、真上から攻撃を受け続けてしまう危険も伴います。身を隠す場所がほとんどないため、「灯台」エリアを占領されている場合は使用しないことも視野に入れましょう。
東側の最前線
-装甲に優れた車輌など
東側「海岸」エリアの最前線となるポジションです。装甲に優れた重戦車や重駆逐戦車が活躍できます。
この地点で戦う際は基本的に正面同士の戦闘となりますが、Dライン付近まで侵攻すると、敵側の狙撃地点や自走砲から射線が通ってしまうため注意しましょう。
東側の迎撃地点
-中戦車や重戦車など
東側「海岸」エリアの崖沿いに侵攻してくる敵を索敵・迎撃できるポジションです。茂み越しに射線を通すことができるだけでなく、車体を隠せる岩を使用してハルダウン姿勢のまま攻撃することもできます。
ただし自走砲から身を隠せる障害物が無いため、発見状態が長く続くと集中砲火を受けてしまう危険もあります。
東側の最前線
-様々な車輌
東側「海岸」エリアの最前線となるポジションです。小さな丘があるため、砲塔装甲と砲俯角に優れた車輌が活躍できます。この場所に入るためには自身の側面を晒した状態で9ラインを横切らなければいけないため、機動性に優れた車輌が使用しやすいポジションです。
この地点で戦う際は基本的に正面同士の戦闘となりますが、Dライン付近まで侵攻すると、敵側の狙撃地点や自走砲から射線が通ってしまうため注意しましょう。

北側スタート主要ポイント

各点にマウスオーバーすると、その地点の詳細情報が下部に表示されます
マップ概要に戻す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崖 北側スタート
各チームのスタート位置が北と南に別れています。マップを南北に分けて戦闘が繰り広げられるマップです。E・Fライン付近が主戦場となります。どのポジションも多くの場所から射線が通っているため、侵攻時には注意しましょう。
<主要エリア>
・西側「峡谷」エリア(1~3ライン):
軽戦車から駆逐戦車まで、様々な車輌が活躍できるエリアです。開始直後に機動性が高い車輌がE2まで入り込むことで、「丘」エリアへ展開中の敵へ射線を通すことができます。
・中央「丘・灯台」エリア(4~8ライン):軽戦車から駆逐戦車まで、様々名車輌が活躍できるエリアです。主戦場となるE5~F6が少し高い丘になっているだけでなく、背の高い岩や障害物が多く存在するため様々なラインから射線が通るテクニカルな場所です。本マップで最も特徴的な灯台を占領できれば、様々な場所へ射線を通すことができます。
・東側「海岸」エリア(9ライン):中戦車や重戦車など、装甲に優れた車輌が活躍できるエリアです。C8まで侵攻することができれば、中央「丘・灯台」エリアに展開する敵の側背面から攻撃できます。

マップ上に表示されている白い二重丸◎にマウスカーソルを合わせると、その場所からの詳細を見ることができます。
1・2ラインの迎撃地点
-駆逐戦車
2ラインを通る敵戦車を迎撃できるポジションです。正面にある茂みを使用することで発見されることなく攻撃できます。機動性に優れた車輌が開始直後に入ることで、「峡谷」エリアへ急行しようとする敵へ初撃を与えることができます。
序盤に活躍するポジションではあるものの、中盤以降はあまり活躍できません。よほど多くの敵がいない限り、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
1・2ラインの迎撃地点
-様々な車輌
2ラインを通る敵戦車を迎撃できるポジションです。正面にある茂みを使用することで発見されることなく攻撃できます。しかし、対面の敵側ポジションであるF2との距離が近いため、隠蔽率の低い重戦車では茂み越しでも発見されることもあります。注意しましょう。
また、この場所は「峡谷」エリアへ向かうための通り道となる場所でもあるため、開始直後にこの場所へ移動中、後ろに味方車輌が付いてきている場合は、道を譲るか茂みで停止しないようにしましょう。
序盤に活躍するポジションではあるものの、中盤以降はあまり活躍できません。よほど多くの敵がいない限り、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央の支援地点
-軽戦車や中戦車・重戦車など
中央「丘」エリアや、敵陣付近へ射線を通せるポジションです。機動性の高い車輌が開始直後にこのポジションに入り込むことで、G5やH6を通る敵に初撃を加えることできます。登り坂を使用してハルダウンすることで被弾面積を減らすことができますが、俯角が少ない車輌では射線を通しにくくなることがあります。その場合は、左側の小さな丘に車体左側を乗せることで車体を傾けて俯角を作り出すことができます。覚えておきましょう。
自走砲からの攻撃を受けやすい場所でもあるため、自走砲が多くマッチングしている場合に発見状態が長く続くと集中砲火を受けるため注意してください。
西側の迎撃地点
-軽戦車や中戦車など
中央「丘」エリアや3ライン「峡谷」エリアから進出しようとする敵に対して射線を通せるポジションです。両方のエリアに対して茂み越しに構えることができるため、発見されずに索敵することもできます。ただし、距離が近いため隠蔽率が低い車輌では茂み越しでも発見されてしまうことに注意しましょう。
敵の攻勢を有効的に迎撃できるポジションですが、無防備な側面を晒しながら侵入しなければならないため、敵が攻勢になる前に入っておく必要があります。
「灯台」登り坂の狙撃地点
-駆逐戦車など
中央「灯台」エリアへ向かうための登り坂に対して直線的に射線を通せるポジションです。開始直後にこの場所から構えることで、登坂中の敵車輌の背面を攻撃することが出来ます。軽戦車や中戦車が多くマッチングしており、「灯台」エリアを使用する車輌が多そうな場合に活躍できるポジションです。
自分から索敵することができず味方の索敵に頼らざるを得ない上、敵との間に木や茂みを多く挟んでいるため、非常に狙いにくいポジションです。
開始直後~中盤にかけて活躍するポジションではありますが、いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央への狙撃地点
-駆逐戦車など
中央「丘」エリアから侵攻してくる敵車輌に射線を通せるポジションです。このポジションからは視認範囲外となり、完璧に味方の索敵に頼った射撃となります。さらに射線の間に障害物が多いため、射線が通しにくいことに注意しましょう。
これらの障害物は射撃によって破壊可能であるため、敵が来る前に射撃で破壊しておいても良いでしょう。
中央・西側の迎撃地点
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアや西側「峡谷」エリアから侵攻してくる敵車輌へ射線を通せるポジションです。茂みがないものの右側の山に身を隠せる "くぼみ" があり、この場所を使用して敵を迎え撃つことができます。敵輌敵の自走砲からは射線が通らず、味方の自走砲からは射線が通っているため、味方自走砲の支援を受けながら戦うことができます。
中央の最前線
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアの最前線となるポジションです。丘を使用してハルダウンできるため、砲塔装甲に優れた車輌が活躍できます。敵の主要狙撃地点であるK5から射線が通らないため、正面同士で戦える場所でもあります。
しかしながら敵自走砲から射線が通りやすく、自走砲が多いマッチングで発見状態が長く続くと一気に集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。そのため、機動性が低い超重戦車・重駆逐戦車では後退しきれずに撃破されてしまう危険も伴います。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
中央・西側の支援地点
-様々な車輌
中央「丘」エリアと3ラインから侵攻してくる敵に対して射線を通せるポジションです。中央「丘」エリア方向に射線を通す場合、正面にある茂みを使用して発見されにくい状態にできるものの、距離が近いため隠蔽率が低い車輌では茂み越しでも発見されてしまう可能性があります。
中央「丘」エリアばかりに注目しがちですが、3ラインから侵攻してくる敵にも射線を通せます。マップをよく見て攻撃できる敵を見極めましょう。
様々な場所への狙撃地点
-駆逐戦車
ほとんどのエリアへ射線を通せるポジションです。特に中央「丘」エリアと「灯台」エリアから身を乗り出す敵に射線を通しやすい場所です。中央の主要地点となる5ラインには射線が通らないため注意しましょう。定番ポジションとなるため、発見されてない状態でもブライド射撃を受けてしまうことに注意しましょう。
序盤から終盤まで活躍できるポジションではありますが、味方が前進している場合は全く意味を成さないポジションとなってしまいます。いつまでもこのポジションに留まる事はやめましょう。マップを良く見て別の場所へ移動する判断も重要です。
中央の最前線
-中戦車や重戦車など
中央「丘」エリアの最前線となるポジションです。開始直後に機動性の高い車輌が入り込むことで、正面にある茂み越しに展開中の敵車輌を索敵・初撃を加えることができます。この場所から攻撃する場合、敵からは車体が見えてしまっているため、いつまでもこの場所に留まると集中砲火を受けてしまいます。特に敵側の主要狙撃地点であるK5から最も射線が通りやすいことにも注意が必要です。
敵が攻勢に出る場合は無理に矢面に立たなくても、少し下がった岩陰に入ることで、他の味方から支援を受けることもできる事を覚えておきましょう。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
中央の支援地点
-機動性が優れた車輌など
中央「丘」エリアに展開する敵車輌の側背面を攻撃できるポジションです。背の高い岩や障害物が多く存在するテクニカルな「丘」エリアを、やや高い場所から横に射線を通すことができます。開始直後に機動性の高い車輌が入ることで活躍できます。
このポジションに入るためには一度車体を晒す必要があるため、機動性が低い車輌で入ろうとすると集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。
また、敵に東西のエリアを占領されてしまうと側背面から攻撃される危険があるため、目の前の敵だけでなくマップの状況を注意しながら戦うようにする必要があります。
東側の迎撃地点
-様々な車輌
東側「海岸」エリアの海岸線沿いに侵攻してくる敵を索敵・迎撃できるポジションです。茂み越しに射線を通すことができるだけでなく、左側の斜面を使用して車体を隠すこともできます。
ただし峡谷エリアのE3に対して身を隠せる場所が無いため、一度発見されてしまうと容易く狙撃されてしまいます。西側「峡谷」エリアを占領されてしまっている場合は無理に攻撃しようとせずに、索敵に徹することも重要です。
中央・東側の索敵・支援ポイント
-軽戦車や中戦車など
本マップの象徴とも言える「灯台」エリアです。中央の5・6ラインを索敵することができるだけでなく、西側「峡谷」エリアから侵攻してくる敵を狙撃でき、かつ東側「海岸」エリアから侵攻してくる敵を索敵・迎撃することができます。
頂上付近には茂みがほとんど無いため、よほど隠蔽率が優れた車輌出ない限り容易く発見されてしまうことに注意しましょう。
中央へ支援ポイント
-様々な車輌
中央「丘」エリアやF8に展開する敵の側背面を攻撃できるポジションです。斜面から砲塔だけ露出させるハルダウン姿勢で攻撃できます。あまり身を乗り出し過ぎてしまうと、敵の主要狙撃地点であるK5エリアから攻撃を受けるため注意しましょう。敵にとっては非常に厄介なポジションとなるため、発見状態が続くと自走砲から集中砲火を受けてしまうことに注意しましょう。
「灯台」エリアを占領されている場合は、真上から攻撃を受け続けてしまう危険も伴います。身を隠す場所がほとんどないため、「灯台」エリアを占領されている場合は使用しないことも視野に入れましょう。
東側の最前線
-装甲に優れた車輌など
東側「海岸」エリアの最前線となるポジションです。装甲に優れた重戦車や重駆逐戦車が活躍できます。
この地点で戦う際は基本的に正面同士の戦闘となりますが、Gライン付近まで侵攻すると、敵側の狙撃地点や自走砲から射線が通ってしまうため注意しましょう。
東側の最前線
-中戦車や重戦車など
東側「海岸」エリアの崖沿いに侵攻してくる敵を索敵・迎撃できるポジションです。茂み越しに射線を通すことができるだけでなく、車体を隠せる岩を使用してハルダウン姿勢のまま攻撃することもできます。 ただし自走砲から身を隠せる障害物が無いため、発見状態が長く続くと集中砲火を受けてしまう危険もあります。
東側の迎撃地点
-様々な車輌
東側「海岸」エリアの最前線となるポジションです。小さな丘があるため、砲塔装甲と砲俯角に優れた車輌が活躍できます。この場所に入るためには自身の側面を晒した状態で9ラインを横切らなければいけないため、機動性に優れた車輌が使用しやすいポジションです。
この地点で戦う際は基本的に正面同士の戦闘となりますが、Fライン付近まで侵攻すると、敵側の狙撃地点や自走砲から射線が通ってしまうため注意しましょう。

「崖」の基本的な攻略ポイントをご紹介しました。まずはこの基本を押さえて戦闘に飛び込んでみてください! 自分がいる場所だけでなく、他のポイントもチェックすることで「支援してくれる味方はポジションについているか?」や「もし発見された場合はどこから撃たれる可能性があるのか?」をしっかり把握し、より戦術的に戦闘を繰り広げましょう。

基本をマスターしたら、自分のマップ攻略法を開拓したり、戦術の幅を広げていきましょう!

閉じる