第二次世界大戦初期、ドイツ機甲部隊が行った革新的な作戦「電撃戦」がきっかけとなり、アメリカで50トン級重戦車が構想されました。しかし開発された V T1 Heavy Tank  と  VI M6  は、既に量産されていたM4 Sharman中戦車の万能さと比較すると貧弱な砲塔装甲と高いコストが指摘され、より強固な装甲を持った派生型が計画されました。その装甲強化版として開発されたのが  VIII M6A2E1  です。どのような性能なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

本車輌はマッチング優遇付き車輌であり、Tier Xとマッチングすることはありません。ただし小隊を組んでプレイする際、他の小隊メンバーがマッチング優遇車輌を選択しない場合は、本来マッチングされないTierともマッチングすることがあります。

特徴

装甲
Tier8重戦車としてはやや多いHPを持っており、車体・砲塔共に非常に強固な正面装甲を備え、同格以下の車輌に対して非常に高い防御性能を誇ります。特に多くの車輌で弱点である車体下部ですら250mmを超えるほどの頑丈さです。砲塔装甲も防盾垂直部分と、車体上部左右についた ”切り欠き" 部分は貫通力230mmで貫通されてしまうものの、どちらも範囲はそこまで大きくなく至近距離でない限り的確に貫通されることはありません。唯一の明確な弱点は砲塔上部の車長用キューポラですが、本車輌の高い車高によって他の車輌からは高く見上げる形となる上に、サイズも小さく非常に狙いにくい部分となります。
本車輌は数少ない「昼飯車輌」であり、豚飯姿勢より昼飯姿勢で最も防御効果を発揮します。車体正面左右にある切り欠き部分が隠れるように昼飯姿勢を行うことで、車体の実装甲厚は260mmにも達することができます。下位Tierの車輌にとっては恐ろしい相手となるでしょう。
ただし、側面装甲は重戦車としては絶望的なほどに薄いことも欠点です。常に敵に対して正面を向けながら戦いましょう。

機動性
エンジン出力が高いため優秀な加速力を持っていますが、旋回性能と最高速度は重戦車相応です。これほどの重厚な正面装甲を持ちながら、この走行性能を維持できている点は非常に評価できるポイントです。

攻撃性能
優秀な正面装甲と平均的な足回りに反して、攻撃性能は他の重戦車に大きく劣ってしまいます。単発ダメージは平均的ではあるものの、装填速度が遅くDPMが非常に低い、射撃精度がやや悪い、貫通力が低いなどの多くの欠点を抱えています。味方の支援を受けられるポジションで立ち回るなど、これらの欠点を補えるような運用を心がけましょう。

隠蔽率と視認範囲
重戦車カテゴリであり非常に大きな車体を持っているため、隠蔽率は劣悪です。ただし視認範囲は良好であり、拡張パーツや搭乗員スキル次第では優秀な索敵能力を発揮します。

高い貫通力を持っている車輌に対してどの様に立ち回るかを気をつけましょう。特に同Tierの駆逐戦車からは砲塔の防盾垂直部分を貫通されてしまうことが多く、砲塔を露出する際には車体を小刻みに動かして狙いを定めさせないように気を使いましょう。また、高い貫通力を持つ車輌が敵にマッチングしている場合には、至近距離で戦わないようにすることも対策の一つです。少し距離を離すことで狙いを定めにくくすることができます。

ストロングポイント

  • 車体・砲塔共に正面装甲が非常に強固である
  • 昼飯角度による防御姿勢が強固であり、飛び出し撃ちが得意
  • 正面装甲に弱点が少ない
  • 重戦車としては良好な走行性能
  • 砲俯角が広い
  • マッチング優遇車輌である

ウィークポイント

  • 側面装甲は貫通されやすい
  • 射撃精度と照準性能が悪い
  • 貫通力が低い
  • DPMが低い

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無線手
装填手

装甲を活かす戦闘が多くなります。まず最初に「修理」スキルを修得させて、履帯損傷による行動不能時間の短縮を図りましょう。次に砲手に照準系スキル「速射」を修得させて照準性能を改善し、操縦手には走行性能を改善する「オフロード走行」を修得させましょう。無線手には視認範囲を拡張する「状況判断能力」を、装填手には弾薬庫損傷のリスクを減らす「弾薬庫保護」を修得させるのがお勧めです。

画像アイコンにマウスカーソルを重ねて詳細をチェックしましょう!

修理

戦闘中に大破したモジュールの修理時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

カモフラージュ

自車輌の隠蔽率を向上させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

消火能力

火災によるダメージを低減させます。火災発生時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

戦友

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

Band of Brothers

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

他の搭乗員が「戦友」スキルを習得している場合でも有効です。

第六感

自車輌が発見されてから3秒後に発見アイコンが表示されます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

偵察

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

教官

車長以外の搭乗員EXPの取得量を上げます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

鋭い視力

数秒間マウスオーバーすることで、敵車輌の破損/破壊したモジュールと負傷した搭乗員を特定します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

なんでも屋

負傷した搭乗員の代わりを務めることができます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

速射

砲塔旋回中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

指定された目標

目標車輌の可視状態を2秒間延長します。

「指定された目標」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

射撃の名手

重大な損傷を与える確率があがります。

「射撃の名手」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

スムーズな運転

走行中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

オフロード走行

軟地盤および通常地盤での走行抵抗を減少させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

クラッチの名手

自車輌の旋回速度を上昇させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

こまめな手入れ

火災発生率を低下させます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

衝突の制御

体当たりによる与ダメージが高くなり、体当たりによる被ダメージが低くなります。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

状況判断力

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

報復要請

自車輌が大破したあとに敵車輌の位置を知らせます。

「報復要請」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

信号の増強

自車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

通信中継

自車輌の通信範囲内の味方車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

弾薬庫保護

自車輌の弾薬庫の耐久性を上げます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

アドレナリンラッシュ

自車輌のHPが10%未満になると、装填時間を10%短縮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

直感

装填時間ゼロで弾種を変更できる可能性があります。

自動装填装置搭載車輌では効果がありません。装填中も効果を発揮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

閉じる