VIII ELC EVEN 90  は『World of Tanks』で最も車体が小さい車輌のひとつです。またこの車輌のもうひとつの特徴は、砲塔の位置が車体中心から左側にずれて搭載されていることです(車長の視点が起点)。

ELC EVEN 90

ELC EVEN 90

特徴

防御性能
ただでさえ装甲が薄い軽戦車の中でも、さらに群を抜いて貧弱な装甲です。自走砲の爆風ですら大きなダメージを受けかねません。
車体の大きさ自体は非常に小さく、敵の攻撃が命中しづらいという特徴があるものの、HPも非常に少ないため可能な限り被弾しないように運用しましょう。

走行性能
最高速度は非常に高い数値ですが、出力重量比が低く、加速性と旋回性能は軽戦車として平均よりやや劣っています。いくら装甲がほとんどなく車重が軽量であるとはいえ、エンジン自体の馬力が低いことが原因です。そして車重が軽量で出力重量比が低いことによる欠点がもう一つあります。石垣や柵などの、ちょっとした破壊可能オブジェクトにぶつかると速度が落ちやすいことです。走行する際は、可能な限りオブジェクトを壊さないルートを選びましょう。

攻撃性能
フランス高Tier車輌らしい自動装填装置を搭載した砲です。単発ダメージは平均的ですが、弾倉合計火力で見れば優秀なダメージ量です。ただし、1弾倉の砲弾でフルHPの車輌を撃破できるほどの火力は持っていません。同Tier軽戦車に対しても2弾倉分の砲弾がなければいけない上に、弾倉装填時間は非常に長いことが弱点です。また照準性能もあまり良くないため、しっかりと照準を行わなければ命中しない可能性もあります。

隠蔽率と視界範囲
本車輌最大の特徴は、その車体の小ささ故の突出した隠蔽率の高さにあります。他の軽戦車に比べると、茂みなどを使わなくても見つからずに移動できる範囲が圧倒的に広いです。この隠蔽率の高さを活かせるかどうかが本車輌を扱う大きなポイントとなります。かと言って視界範囲が狭いわけではありません。TierVIII軽戦車として平均的な視界範囲なので、距離のある偵察もしっかりとこなします。

 

 ストロングポイント:

  • 隠蔽率がズバ抜けて高い
  • 車体が非常に小さく被弾しにくい
  • 最高速度が速い
  • 自動装填装置を搭載:優れた弾倉火力
  • 優れた砲俯角
 

 ウィークポイント:

  • 弾倉装填時間が非常に
  • HPが著しく低い
  • 旋回性能と加速性が悪い
  • オブジェクト破壊時に減速しやすい

軽戦車の役割は、茂みに入って偵察するだけではありません。移動時に隠蔽率が下がらない特性を利用して、敵から発見されないギリギリの距離を保ちつつ、走行しながら偵察を行うことも重要です。本車輌の場合は圧倒的な隠蔽率を持っているため、他の軽戦車に比べて発見される距離を縮めやすい特徴があります。具体的には、敵車輌がいると予想される場所から280m~300mの距離を保って偵察するようにしましょう。ただしこれは「搭乗員スキルや塗装で隠蔽率を強化した状態」で可能です。

 

拡張パーツ

偵察車輌のおススメ設定 支援車輌のおススメ設定

「ELC EVEN 90」のおススメ拡張パーツの設定は2パターンあります。ひとつは偵察車輌用の設定です。レンズ被膜を装備して敵車輌の発見・偵察能力を強化します。もうひとつは支援車輌用の設定です。改良型射撃装置で射撃回数を上げます。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手

まずは車輌の隠蔽率を大幅に上げることができる「カモフラージュ」スキルを習得しましょう。あとは、ほかのフランス軽戦車と同じように火力にフォーカスを当てて強化しましょう。オフロード走行、スムーズな運転、速射なども、特性値の上昇率は少しかもしれませんが、実戦ではその違いを体感できるでしょう。もちろん戦友スキルも間違いない選択です。

閉じる