VIII Lorraine 40 t  はTier VIII中戦車として『World of Tanks』に初めて登場した後、一旦はTier IXに格上げされながらも IX Bat.-Châtillon 25 t AP  と交代となり、ゲーム内から姿を消しました。そして車輌特性が若干調整されたのちにTier VIIIプレミアム中戦車として再度ゲーム内に実装されました。ちょっと複雑な過去を持つ「Lorraine 40 t」について詳しく見ていきましょう。

特徴

防御性能
中戦車としては大きな車体が特徴です。しかし装甲厚は薄く、跳弾はほとんど期待できません。なるべく被弾しないようにしましょう。

走行性能
車体は大きいですが惑わされてはいけません。は優秀な最高速度を誇り、その大きな車体で他の中戦車をごぼう抜きできるほどの速力を備えています。このスピードのおかげで、射撃した後に速やかに安全な場所に退避し、落ち着いて再装填することができます。ただ戦車長の皆さんならすでにお気づきでしょう。大きな車体と薄い装甲が特徴の本車輌は支援車輌に向いています。

攻撃性能
なぜ第2戦線の支援車輌向きなのかが、主砲の特性を見てみるとよくわかります。この車輌の砲性能は圧倒的な瞬間火力を誇るかわりに砲精度や照準性能が悪く、400m以上の距離では精密な射撃は期待できません。しっかりと照準を行ったとしても、長距離で敵の弱点を狙うなどのスナイピングは非常に難しいでしょう。
しかしながら本車輌は、TierVIII中戦車としては非常に優れた標準弾貫通力を持っています。射撃対象が重装甲車輌や防御姿勢中の車輌でない限り、弱点を狙わなくても車体に当てれば高い確率で貫通が期待できます。自動装填装置の圧倒的な弾倉火力と、前述した素晴らしい最高速度を活かし、敵の隙を突いて一気に優位に立ちましょう!

隠蔽率と視界範囲
他の中戦車に比べてやや優れた隠蔽率と、平均的な視界範囲です。

 

 

 ストロングポイント:

  • 高い弾倉火力:同Tierの車輌をフルHPから瀕死状態にできる
  • 最高速度が速い
  • 優秀な貫通力
  • 優れた砲俯角
  • 良好な隠蔽率
 

 ウィークポイント:

  • 装甲が薄い
  • 車体が大きい
  • 車体旋回速度がやや遅い
  • 照準時間が長い
  • 弾倉装填中は無防備になる

拡張パーツ

おススメの組合せ

照準性能を改善するために「砲垂直安定装置」は欠かさず搭載しましょう。視界範囲を強化する「レンズ皮膜」は、本車輌が持つ優秀な機動性と隠蔽率と相性抜群です。ゲーム中盤から終盤にかけて、軽戦車の代わりに偵察車輌として運用できることも忘れずに。最後の1つは車輌性能全体を微増させる「改良型換気装置」をお勧めします。搭乗員スキルの「戦友」や、消耗品の「濃いコーヒー」と組み合わせることでさらに効果を感じられるでしょう。もし「戦友」が未習得だったり、「濃いコーヒー」を搭載しない場合は、照準速度を早くする「改良型射撃装置」を搭載することもお勧めです。
※自動装填装置車輌の代償として、戦車砲用装填棒を搭載できません。

搭乗員スキル

車長(無選手・装填手兼任)
砲手(装填手兼任)
操縦手

Lorraine 40 t」の車体は大きいのですが、搭乗員は3名です。スキルセットアップのお勧めは、優秀な隠蔽率さらに強化し、悪い砲精度を改善するスキルの組合せです。車長以外の1つ目のスキルには「カモフラージュ」がお勧めです。2つ目は主砲特性を改善する照準系のスキルを搭載させ、3つ目に「戦友」スキルで車輌性能全体を向上させましょう。
IX Bat.-Châtillon 25 t AP  や  X Bat.-Châtillon 25 t  も同様の搭乗員構成であるため搭乗員育成にはうってつけで、どの車輌も隠蔽率や射撃特性に優れた車輌であるため、載せ替えを行ってもどの車輌でも効果を実感できます。

閉じる