VIII Nameless  は『戦場のヴァルキュリア』とのコラボ車輌です。日本Tier VIIIプレミアム重戦車として登場しました。『戦場のヴァルキュリア』ではガリア公国軍422部隊、通称「ネームレス部隊」の主力戦車として活躍しました。

特徴

防御性能
Tier VIII重戦車としては非常に優れた装甲厚の正面上部装甲を持っており優秀な防御性能を発揮します。しかしながら、非常に高い貫通力を持った上位Tier車輌からは簡単に貫通されてしまいます。
砲塔装甲は小さい投影面積と優秀な装甲厚、きつい傾斜が合わさり高い防御力を発揮できます。
弱点は車体正面下部、側背面やキューポラなどで、格下にも簡単に貫通されてしまいます。
豚飯を行う場合はしっかりと角度に気をつければ優秀な攻撃姿勢をとれますが、前述の通り側面装甲の厚さ自体が薄いため豚飯角度がシビアであり、鉄壁では無いことを注意しましょう。

走行性能
本車輌の利点のひとつ、それが機動性です。最高速度50km/hに出力重量比16.76と非常に優秀。前述した優秀な装甲を持ちながらも高い機動性を備えていて、中戦車と共に行動することもできます。敵との距離をタイミング良く縮めインファイトを仕掛けたり、戦況を見極めて陣地転換をする際などに役に立つでしょう。

攻撃性能
重戦車としては低い単発ダメージですが、発射速度・照準時間・照準拡散は優秀です。機動性を活かして敵の不意をつき連続攻撃を仕掛けたりと様々な運用方法ができます。ただし、砲塔が車体中央に配置されいるうえに車高が高いため、俯角不足に陥りやすくなります。正面は車体形状による俯角制限のため俯角は-5°しかありませんが、砲を側面へ向けると最大で-8°まで傾けることができます。
貫通力はTier VIII重戦車の平均よりわずかに低く、要所ではプレミアム弾を使用しましょう。
俯仰角が求められる場所に行かないよう立ち回りに気をつけるなどの配慮も必要です。

隠蔽率と視界範囲
視認範囲は370mと平均よりも劣ります。そして重戦車であるため隠蔽率は非常に低いです。
基本的には常に仲間と行動を共にしましょう。

優れた装甲厚を持ちながら優秀な機動性を発揮できます。これを活かして、敵の不意をつくような立ち回りを意識しましょう。

トップTierやミドルTierとしてマッチングした場合は、ゲーム開始直後で要所をいち早く確保したり、中盤以降に思い切った行動を行えるだけの機動性を備えています。

ボトムTierである場合は、最前線から1歩引いた位置装甲を持った中戦車のようなポジションで活躍することができます。照準性能が優れているので、敵のスキを見逃さずに飛び出し撃ちが行いやすい特性を持ちます。

Nameless

  • 国家:日本
  • Tier:VIII
  • タイプ:重戦車

ストロングポイント:

  • 非常に優秀な車体正面装甲
  • 砲塔正面装甲が頑丈
  • 優れた装甲にも関わらず素晴らしい機動性
  • 優秀なHPプール
  • 照準時間が早い
  • 照準拡散が少ない
  • 『戦場のヴァルキュリア』登場人物である「カリサ・コンツェン」の特別ボイス

ウィークポイント:

  • 重戦車としては見劣りする単発ダメージ
  • 砲俯角が少ない
  • 側背面の装甲厚が脆弱
  • 視界範囲が平均よりやや低い
  • 乗員の載せ替えができない

 

拡張パーツ

おススメの組合せ
マウスオーバーで詳細をチェック!

DPMを強化する「装填棒」はもちろん、照準性能を向上させる「砲垂直安定装置は必須のアイテムです。最後の1つは欠点である視界範囲を補う「レンズ皮膜」をオススメしますが、プレイスタイルによっては車輌性能全体を微増させる「改良型換気装置」や、大破したパーツ修理時間を短縮させる「工具箱」を装備しても良いでしょう。

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無選手
装填手
マウスオーバーで詳細をチェック!

本車輌はゼロスキル目として「戦友」スキルを習得済みであるため、2つめから選択を行います。最初に選ぶスキルには「修理スキル」「第6感」を選択しましょう。それ以降のスキルは、本車輌の長所である砲性能をさらに強化するべく、砲手に照準性能を強化する「速射」スキルを選びましょう。照準性能が元々良いため、操縦手にまで照準性能強化スキルを修得させなくても十分です。操縦手には機動性を強化する「オフロード走行」を、装填手には弾薬庫損傷によってDPMが下がる可能性を減らす「弾薬庫保護」を修得させましょう。

アドレナリンラッシュ

自車輌のHPが10%未満になると、装填時間を10%短縮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

戦友

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

Band of Brothers

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

他の搭乗員が「戦友」スキルを習得している場合でも有効です。

報復要請

自車輌が大破したあとに敵車輌の位置を知らせます。

「報復要請」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

クラッチの名手

自車輌の旋回速度を上昇させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

隠蔽性

自車輌の隠蔽率を向上させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

衝突の制御

体当たりによる与ダメージが高くなり、体当たりによる被ダメージが低くなります。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

射撃の名手

重大な損傷を与える確率があがります。

「射撃の名手」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

指定された目標

目標車輌の可視状態を2秒間延長します。

「指定された目標」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

鋭い視力

数秒間マウスオーバーすることで、敵車輌の破損/破壊したモジュールと負傷した搭乗員を特定します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

消火能力

火災によるダメージを低減させます。火災発生時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

直感

装填時間ゼロで弾種を変更できる可能性があります。

自動装填装置搭載車輌では効果がありません。装填中も効果を発揮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

なんでも屋

負傷した搭乗員の代わりを務めることができます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

教官

車長以外の搭乗員EXPの取得量を上げます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

オフロード走行

軟地盤および通常地盤での走行抵抗を減少させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

こまめな手入れ

火災発生率を低下させます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

偵察

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

通信中継

自車輌の通信範囲内の味方車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

修理

戦闘中に大破したモジュールの修理時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

弾薬庫保護

自車輌の弾薬庫の耐久性を上げます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

信号の増強

自車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

状況判断力

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

第六感

自車輌が発見されてから3秒後に発見アイコンが表示されます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

スムーズな運転

走行中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

速射

砲塔旋回中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

追加グローサー

軟地盤および通常地盤での機動性を向上させます。

双眼鏡

自車輌の視認範囲を25%拡大します。

車体を3秒以上静止させておく必要があります。

迷彩ネット

自車輌の隠蔽率を飛躍的に向上させます。

砲塔を3秒以上静止させておく必要があります。

改良型射撃装置

照準時間を10%短縮します。

レンズ皮膜

自車輌の視認範囲を10%拡大します。

 大口径戦車砲用装填棒

装填時間を10%短縮します。

内張り装甲

体当たり攻撃や榴弾(HE)による爆風損傷からのダメージを軽減させます。

工具箱

戦闘中に大破したモジュールの修理時間を短縮します。

修理スキルの効果と合算できます。

改良型換気装置クラス

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

砲垂直安定装置

車体/砲塔旋回中および走行中の照準拡散を20%縮小します。

湿式弾薬庫

自車輌の弾薬庫のHPを上げます。

閉じる