Primo Victoria & Strv 81

戦車長の皆さん

VIII Primo Victoria  は、スウェーデンのパワーメタルバンド『Sabaton』とのコラボレーション車輌で、個性的なスタイルが特徴のプレミアム中戦車です。車輌性能を紹介しましょう!

特徴

装甲
イギリス技術ツリーのTierVIII中戦車の Centurion Mk.I とほぼ同じ装甲を持っています。車体装甲は頑丈ではありません。車体正面装甲は傾斜がかかっているものの、装甲厚が不十分で下位Tier車輌にも簡単に貫通されてしまう程度の装甲しかありません。側面装甲も同様に貧弱ですが、車体形状の関係から豚飯(サイドスクレーピング)は可能です。ただし、装甲厚自体が薄いため豚飯の角度がシビアです。注意して下さい。
この車輌の特徴は砲塔装甲にあります。砲塔正面装甲は、同Tier帯の車輌の攻撃を難なく弾き返せる装甲厚を持っており、弱点である車長用キューポラもサイズが小さく狙いにくくなっています。敵は頑丈な砲塔に、どこを撃てば良いか分からず戸惑うでしょうが…実は、砲塔の弱点は防盾装甲にあります。大抵の車輌は防盾が頑丈であり貫通できないと考えてしまうかもしれません。本車輌の防盾も確かに頑丈です。しかし、駆逐戦車などの高い貫通力を持った車輌からは貫通されてしまいます。必ずしも鉄壁の砲塔装甲ではない点に注意しましょう。
もう一つ特徴があります。中戦車としてはHPが多く、重戦車にも匹敵するほどのHPを持っていることです。他の中戦車より多くの被ダメージに耐えることが出来ます。

機動性
平均的な中戦車の機動性能です。出力重量比が良いため加速力が優秀です。ただ、旋回性能は少しだけ遅いので注意しましょう。総合的に見れば、可もなく不可もなくといった感じです。ただし、履帯抵抗の関係から不整地では機動性が少し低下してしまう点に注意しましょう。

攻撃性能
優秀な砲精度と貫通力を持った砲を備えています。更に標準弾がAPCR弾であり、非常に弾速が早いことも特徴です。これらの特徴によって、中距離であれば敵の弱点を狙い撃ちすることもできますし、遠距離の狙撃も難なくこなします。砲俯角が大きいことも特徴で、前述した頑丈な砲塔装甲と合わせてハルダウンを行うことで、一方的に攻撃し続けることも可能です。
ただし、照準性能があまり良くない点に注意しましょう。移動時の照準拡散が大きいため、咄嗟の射撃は得意ではありません。前述した頑丈な砲塔装甲だけを露出させ、落ち着いて照準を行いましょう。

隠蔽率と視認範囲
隠蔽率は中戦車としては悪い部類に入りますが、視認範囲は非常に優秀です。

砲塔装甲だけを露出させて戦える立ち回りを心がけましょう。もしマッチングTierがトップである場合は、最前線の稜線で重戦車のように立ち回ることも可能です。遠距離狙撃を行う場合でも、隠蔽率が低く発見されやすいので露出する部分は最小限に留めておきましょう。

ストロングポイント:

  • 頑丈な砲塔装甲
  • 高い砲精度
  • 良好な貫通力
  • 非常に優れた弾速
  • 広い視認範囲
  • HP量が多い

ウィークポイント:

  • 車体装甲が貧弱
  • 移動時の照準拡散が大きめ
  • 中戦車としては隠蔽率がやや悪い
  • スウェーデン中戦車ツリーの搭乗員育成には向かない:本車輌の必要搭乗員数が多い

 

搭乗員スキル

車長
砲手
操縦手
無線手
装填手

本車輌にはコラボしている『Sabaton』のメンバー達がモデルになった特別乗員が搭乗しており、「戦友」スキルと同じ効果を持つ「Band of Brothers」を0スキル目として最初から修得しています。そのため、本来であればスキル数が増えるごとに100%修得までに必要なEXP数は増えていきますが、この搭乗員は習得済みの「Band of Brothers」が0スキル扱いなので、通常の搭乗員より早くスキルを増やすことが可能です。
砲塔装甲を活かした戦い方が多くなるため、最初に習得させるスキルは「修理」スキルがおススメです。次に、砲手には照準性能を向上させる「速射」を、操縦手には機動性を向上させる「オフロード走行」を、無選手には視認範囲を向上させる「状況判断能力」を、装填手には弾薬庫の防御力を上げる「弾薬庫保護」を習得させましょう。

閉じる