ポーランドのTVシリーズ「四人の戦車兵と一匹の犬」に登場したスーパースター、T-34-85 Rudy をご紹介します!ソ連とポーランドのどちらも国籍を変更できる「プレミアム多国籍車輌」である TierVI 中戦車 T-34-85 Rudy は、ソ連通常技術ツリーTierVI 中戦車 T-34-85 と非常に似通った特徴を持っています。ソ連の通常技術ツリーにある T-34-85 との違いは?見てみましょう!

特徴

防御性能
Tier VI 中戦車としては比較的優秀と言えます。車体と砲塔共に傾斜のついた構造をしているためです。しかし、装甲厚自体はそこまで厚くないことに注意しましょう。車体に角度をつければ意図して弾くこともできますが、角度を付けすぎると簡単に貫通されてしまうため注意が必要です。砲塔の前部は装甲はやや厚みがあり、丸みを帯びた形状をしているので優れた耐弾性を発揮しますが、角度がついていない砲塔の中心部分を狙われたり、上位Tierの車輌から攻撃された際は貫通されやすいので、こちらも注意しましょう。
ただし、敵が自分より高所にいる状態での戦闘はなるべく避けて下さい。34-85 Rudyの車体装甲は傾斜がついているため中戦車としては良好な耐弾性を発揮します。しかし自分より高所にいる敵からの撃ち下ろされてしまった場合、傾斜装甲が機能せずにダメージを受けてしまいます。この点を意識しながら位置取りましょう。

走行性能
ほとんどの中戦車と変わりない機動性で、別段優れている訳でもなく、そこまで劣っている訳でもありません。平均的と言えます。

攻撃性能
中戦車としては優れた単発ダメージを与えることができ、貫通力も優れています。砲精度や照準性能に関しては平凡ですが、単発ダメージと貫通力で敵にプレッシャーを与えましょう。重要なのは、どんな攻撃プランを立てるかです。一発ずつのダメージ交換を狙うのか、それともDPMでゴリ押しするのか、慎重に戦局を見定めて行動しましょう。

隠蔽率と視界範囲
中戦車として、やや優秀な隠蔽率を持っています。視界範囲は平均よりほんの少しだけ狭い程度です。平均的な性能を持っているといって良いでしょう。

 

 ストロングポイント:

  • やや大きめの単発ダメージ
  • 良好な貫通力
  • 中戦車としては優れた装甲特性
  • 照準性能と単発ダメージ量のバランスが良い
 

 ウィークポイント:

  • 避弾経始には優れているが装甲厚自体はそこまで厚くない
  • 上位Tierには簡単に貫通されてしまう
  • 無線範囲がやや狭い

全ての性能が平均以上と言え、中でも攻撃性能に特化した性能を持っています。クランコンテンツのTierVI 前衛戦に数多く使用されていることからも、本車輌の性能バランスの良さを裏付けられるでしょう。 戦闘序盤はやや前線に近いエリアで味方重戦車の支援車輌として行動し、中盤以降は戦線に空いた穴から入り込んで敵の不意をつきましょう。攻撃的なスタイルで扱えば本車輌の性能を発揮できます。

 

拡張パーツ

おススメの組合せ

中Tier帯の中戦車に必要となる性能は、射撃速度、照準性能、視認範囲が基本と言えます。この装備は、その中でも視認範囲と攻撃性能の向上に重点を置いたセットアップです。

搭乗員スキル

車長(無線手兼人)
砲手
操縦手
装填手
Szarik

このTier帯はDPMとHPのバランスの関係で、履帯を切られて無防備な状態になるとすぐに撃破されてしまいます。攻撃的な中戦車であるT-34-85 Rudyは前線に近いエリアで戦うことが多いため、車長以外の一つ目のスキルは「修理」を選択することをお勧めします。車長はもちろん「第6感」を選択しましょう。それ以降のスキル選択は、本車輌の長所である攻撃性能をさらに向上させる射撃系スキルを選択するのがお勧めです。

余談として、修理スキルなどの共通スキルの効果は「搭乗員全員の平均値」で計算されます。その為、一人だけ修得させるより搭乗員全員が修得していた方がより高い効果を発揮します。

閉じる