生産性と整備性向上を目的として、ドイツ陸軍兵器局第 6 課による監督下で進められていた戦車部品共通化計画「 "E" 計画」の一環である VII E 25  は、アルグス社 (ドイツ、カールスルーエ) により、ヘルマン・クラウエ博士の監督下で開発が進められていました。具体的に開発が始まる前には終戦をむかえ実現しなかった戦車が World of Tanks に実装されました。車輌性能を詳しくみていきましょう。

本車輌はマッチング優遇付き車輌であり、Tier IXとマッチングすることはありません。

特徴

防御性能
装甲はほとんどあてになりません。前面装甲にはやや傾斜がついた配置が行われているものの、装甲厚自体は50mmであり、傾斜分を加味しても70mm程度の実装甲厚にとどまります。側面装甲も貧弱で、装甲厚は30mmしかありません。HPも少なく、可能な限り被弾をしない立ち回りが求められます。
しかし車輌のシルエット自体が非常に小さいため、攻撃を命中させにくいという特徴をもっています。

走行性能
優れた出力重量比最高速度、さらに優秀な旋回能力を持ち合わせています。軽戦車と同様に動き回れる素晴らしい走行性能を持っています。
左右射界限界の外にいる敵を狙うために旋回する際、旋回しすぎて狙いを定めにくいほど早い旋回速度を持っていることに注意しましょう。

攻撃性能
単発ダメージは135、通常弾貫通力が150と軽戦車レベルの頼りない砲ではありますが、それ以外の性能はほとんど秀でており、継続射撃で真価を発揮する連射型の素晴らしい砲を持っています。高い射撃精度、咄嗟の射撃でも命中しやすい高い照準性能早い装填速度高いDPM、さらに優秀な俯角も備えています。
連射型の砲ではあるものの、弾薬の搭載量がやや少ないデメリットがあります。通常使用する分には問題ありませんが、ブラインド射撃を繰り返す際は気をつけましょう。

隠蔽率と視認範囲
圧倒的に高い隠蔽率を持っています。搭乗員100%のみで拡張パーツもスキルも無い状態ですら静止時隠蔽率は25.14%もあり、スキル・塗装・食料で拡張すれば静止時隠蔽率52.58%かつ静止射撃時隠蔽率ですら18.46%を実現できます。ここに拡張パーツを搭載すれば、更にこの数値を向上させることも可能です。
視認範囲はTierVII車輌として見るとやや短めではありますが、駆逐戦車としは平均的な視認範囲です。

まるで軽戦車かのような走行性能と隠蔽率を持っており、静止射撃時隠蔽率の高さは軽戦車を凌ぐほどの高い数値です。しかしながら隠蔽率が高いことを過信せず、しっかりと茂みを活用して見つからないように注意しましょう。
いくら連射型の砲であっても単発ダメージが低いことがネックになりがちです。本車輌で活躍するには正しい状況判断能力と高いマップ知識が必要となります。基本的には狙撃運用で活躍しますが、戦況に合わせて軽戦車のように索敵したり、DPMを活かした撃ち合いを行ったりと、柔軟に立ち回りましょう。

ストロングポイント:

  • 圧倒的に高い隠蔽率
  • 射撃時であっても優秀な隠蔽率を維持できる
  • 非常に優秀な走行性能
  • 非常に高いDPM
  • 優秀な射撃精度
  • 照準性能が高い

ウィークポイント:

  • 装甲が脆い
  • 装弾数がやや物足りない
  • 単発ダメージが低い
  • 貫通力が低い

拡張パーツ

おススメの組合せ
マウスオーバーで詳細をチェック!

本車輌の長所をさらに伸ばすセットアップをおすすめします。「改良型射撃装置」で照準速度を早くし、「装填棒」で装填速度を早くしましょう。最後の一つは、静止時のみ視認範囲を拡張できる「双眼鏡」がおすすめです。

搭乗員スキル

車長(無線手兼任)
砲手
操縦手
装填手
マウスオーバーで詳細をチェック!

高い隠蔽率をしっかりと活かすため「カモフラージュ」スキルは必ず習得しましょう。もともと照準性能が高いため、砲手には照準能力を向上させるスキルを搭載させず、敵車輌のモジュールや乗員を損傷させる確率を向上させる「射撃の名手」を修得させています。このスキルは、本車輌のような速射型の砲と組み合わせることで高い効果を発揮します。操縦手には走行性能を更に向上させる「クラッチの名手」を修得させるのがオススメです。装填手には定番のスキルである弾薬庫が損傷するリスクを減らす「弾薬庫保護」を修得させましょう。

修理

戦闘中に大破したモジュールの修理時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

カモフラージュ

自車輌の隠蔽率を向上させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

消火能力

火災によるダメージを低減させます。火災発生時間を短縮します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

戦友

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

Band of Brothers

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

「戦友」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

他の搭乗員が「戦友」スキルを習得している場合でも有効です。

第六感

自車輌が発見されてから3秒後に発見アイコンが表示されます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

偵察

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

教官

車長以外の搭乗員EXPの取得量を上げます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

鋭い視力

数秒間マウスオーバーすることで、敵車輌の破損/破壊したモジュールと負傷した搭乗員を特定します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

なんでも屋

負傷した搭乗員の代わりを務めることができます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

速射

砲塔旋回中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

指定された目標

目標車輌の可視状態を2秒間延長します。

「指定された目標」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

射撃の名手

重大な損傷を与える確率があがります。

「射撃の名手」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

スムーズな運転

走行中の照準拡散を縮小します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

オフロード走行

軟地盤および通常地盤での走行抵抗を減少させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

クラッチの名手

自車輌の旋回速度を上昇させます。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

こまめな手入れ

火災発生率を低下させます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

衝突の制御

体当たりによる与ダメージが高くなり、体当たりによる被ダメージが低くなります。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

状況判断力

自車輌の視認範囲を拡張します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

報復要請

自車輌が大破したあとに敵車輌の位置を知らせます。

「報復要請」はパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

信号の増強

自車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

通信中継

自車輌の通信範囲内の味方車輌の通信範囲を拡大します。

スキルレベルが上がるほど、効力が大きくなります。

弾薬庫保護

自車輌の弾薬庫の耐久性を上げます。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

アドレナリンラッシュ

自車輌のHPが10%未満になると、装填時間を10%短縮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

直感

装填時間ゼロで弾種を変更できる可能性があります。

自動装填装置搭載車輌では効果がありません。装填中も効果を発揮します。

このスキルはパークスキルです。スキルレベルが100%に到達して初めてスキル効果を発揮できます。

工具箱

戦闘中に大破したモジュールの修理時間を短縮します。

修理スキルの効果と合算できます。

双眼鏡

自車輌の視認範囲を25%拡大します。

車体を3秒以上静止させておく必要があります。

迷彩ネット

自車輌の隠蔽率を飛躍的に向上させます。

砲塔を3秒以上静止させておく必要があります。

改良型射撃装置

照準時間を10%短縮します。

砲垂直安定装置 Mk.1

車体/砲塔旋回中および走行中の照準拡散を20%縮小します。

レンズ皮膜

自車輌の視認範囲を10%拡大します。

 中口径戦車砲用装填棒

装填時間を10%短縮します。

改良型換気装置クラス2

搭乗員たちの職能レベルを5%上昇させます。

湿式弾薬庫

自車輌の弾薬庫のHPを上げます。

追加グローサー

軟地盤および通常地盤での機動性を向上させます。

内張り装甲

体当たり攻撃や榴弾(HE)による爆風損傷からのダメージを軽減させます。

閉じる