拠点モードに参加するメリットをまだ紹介していませんでしたね? 最大のメリットが、リザーブを使用することでクランメンバーに与えられるボーナスです。獲得するクレジットや経験値、工業資源の量を高めることができるだけではなく、戦闘の勝敗を分けるような効果を得ることも可能です。

リザーブは、拠点内の各建造物で準備することができます。加えて、司令部のアップグレードおよび ウォーゲーム への参加によってもリザーブを獲得可能です。

リザーブの貯蔵庫は画面下部にあり、次の各項目が表示されます:

  1. 各タイプのリザーブの数
  2. リザーブの最大レベル。リザーブ貯蔵庫には、様々なレベルのリザーブが保管されます
  3. 使用中のリザーブ
  4. リザーブの残り時間

リザーブのタイプ

拠点モードには、8 タイプのリザーブがあり、各リザーブは 2 種類のグループに分けられています:

  • 時間制リザーブ
  • ワンタイムリザーブ

時間制リザーブ

  • 戦闘報酬
  • 軍事演習
  • 戦術訓練
  • 追加ブリーフィング
戦闘報酬

 ボーナス: あらゆる戦闘後、全クランメンバーが取得するクレジットを向上させる。

必要な建造物: 財務ユニット

軍事演習

 ボーナス: あらゆる戦闘後、全クランメンバーが取得するフリー経験値を向上させる。

必要な建造物: 士官学校

戦術訓練

 ボーナス: あらゆる戦闘後、全クランメンバーが取得する戦闘経験値を向上させる。

必要な建造物: 戦車性能試験場

追加ブリーフィング

 ボーナス: あらゆる戦闘後、全クランメンバーが取得する搭乗員経験値を向上させる。

必要な建造物: 訓練ユニット

クランの予備兵は、時限制リザーブによるボーナスを得られません。

ワンタイムリザーブ

  • 大量輸送隊
  • 徴用
  • 空爆
  • 砲兵射撃
大量輸送隊

 ボーナス: 前衛戦および進撃戦において、各戦で取得する工業資源を向上させる。

必要な建造物: 輸送ユニット

徴用

 ボーナス: 進撃戦で取得する工業資源を向上させる。

必要な建造物: 戦利品回収部隊

空爆

 ボーナス: 攻撃機が指定座標に向かって飛来し、敵車輌に対し対戦車爆弾を投下する。工業資源の取得量を向上させる。前衛戦および進撃戦で使用可能。

必要な建造物: 攻撃機中隊

砲兵射撃

 ボーナス: 砲兵大隊がマップ上の指定座標に向かって榴弾 (HE) による重砲撃を加える。工業資源の取得量を向上させる。前衛戦および進撃戦で使用可能。

必要な建造物: 砲兵大隊

リザーブレベル

リザーブのレベルは、そのリザーブを準備した建造物のレベルによって決まります。リザーブレベルが高いほどその効力が高くなりますが、準備コストも高くなります。

建造物をアップグレードした際、既にその建造物で準備済みだったリザーブのレベルは変化しません。

リザーブの効力と有効時間

  • 戦闘報酬
  • 軍事演習
  • 戦術訓練
  • 追加ブリーフィング
  • 大量輸送隊
  • 徴用
  • 空爆
  • 砲兵射撃
戦闘報酬

ボーナス: クレジット

リザーブの効力: 最初の値はクラン戦、チームバトルおよびトーナメント戦のものであり、2 つ目の値はランダム戦およびランク戦のものです。
レベル リザーブの効力 有効時間
I +10% / +5% 1 時 
II +10% / +5% 2 時
III +20% / +10% 1 時 
IV +20% / +10% 2 時
V +30% / +15% 1 時
VI +30% / +15% 2 時
VII +40% / +20% 1 時
VIII +40% / +20% 2 時
IX +50% / +25% 2 時
X +75% / +30% 2 時 
XI* +100% / +30% 2 時
XII* +150% / +30% 2 時
Tier X 車輌限定
軍事演習

ボーナス: フリー経験値

レベル リザーブの効力 有効時間
I +50% 1 時 
II +50 2 時
III +100% 1 時 
IV +100% 2 時
V +150% 1 時
VI +150% 2 時
VII +200% 1 時
VIII +200% 2 時
IX +250%  1 時
X +250% 2 時 
XI +300% 2 時
XII +500% 2 時
戦術訓練

ボーナス: 戦闘経験値

レベル リザーブの効力 有効時間
I +5% 1 時 
II +5% 2 時
III +10% 1 時 
IV +10% 2 時
V +20% 1 時
VI +20% 2 時
VII +35% 1 時
VIII +35% 2 時
IX +50% 1 時
X +50% 2 時
XI +75% 2 時
XII +100% 2 時
追加ブリーフィング

ボーナス: 搭乗員経験値

リザーブの効力: 最初の値はクラン戦、チームバトルおよびトーナメント戦のものであり、2 つ目の値はランダム戦およびランク戦のものです。
レベル リザーブの効力 有効時間
I +50% / +25% 1 時 
II +50% / +25% 2 時
III +75% / +50% 1 時 
IV +75% / +50% 2 時
V +100% / +75% 1 時
VI +100% / +75% 2 時
VII +150% / +100% 1 時
VIII +150% / +100% 2 時
IX +200% / +150% 1 時
X +200% / +150% 2 時
XI* +300% / +200% 2 時
XII* +400% / +300% 2 時
Tier X 車輌限定
大量輸送隊

ボーナス: 前衛戦および進撃戦における各戦での工業資源量

有効時間: 1 戦

レベル リザーブの効力
I +5%
II +10%
III +15%
IV +20%
V +30%
VI +35%
VII +40%
VIII +50%
IX +55%
X +60%
XI +100%
XII +200%
徴用

ボーナス: 進撃戦における工業資源量

有効時間: 進撃戦 1 回

レベル リザーブの効力
I +5%
II +10%
III +15%
IV +20%
V +30%
VI +35%
VII +40%
VIII +50%
IX +55%
X +60%
XI +100%
XII +200%
空爆

ボーナス: 指定座標への対戦車爆弾投下、工業資源量

有効時間: 1 戦

レベル リザーブの効力
I +5%
II +10%
III +15%
IV +20%
V +30%
VI +35%
VII +40%
VIII +50%
IX +55%
X +60%
XI +100%
XII +200%
砲兵射撃

ボーナス: 指定座標への榴弾 (HE) による重砲撃、工業資源量

有効時間: 1 戦

レベル リザーブの効力
I +5%
II +10%
III +15%
IV +20%
V +30%
VI +35%
VII +40%
VIII +50%
IX +55%
X +60%
XI +100%
XII +200%

リザーブの準備

リザーブを使用して恩恵を得るためには、まずはリザーブを準備する必要があります。

リザーブは、各建造物で準備可能であり、準備するためには規定量の工業資源を消費する必要があります。よってリザーブを準備する前に、拠点貯蔵庫に充分な工業資源があることをご確認ください。

リザーブを準備できるのは、クランマスターおよび副司令官のみです。

リザーブの準備手順:

  1. 希望のリザーブを準備可能な建造物をクリックする。
  2. 準備するリザーブの数を設定する。
  3. 準備 をクリックする。

準備に必要な時間は、建造物のレベルによって異なります。リザーブを準備中の場合は、建造物の上部に歯車アイコン が表示されます。

リザーブの準備完了までの残り時間を確認したい場合は、対応する建造物をクリックしてください。

リザーブのコストと準備時間

  • 戦闘報酬
  • 軍事演習
  • 戦術訓練
  • 追加ブリーフィング
  • 大量輸送隊
  • 徴用
  • 空爆
  • 砲兵射撃
戦闘報酬
レベルリザーブコスト準備時間
I 275   5 秒
II 650   20 秒
III 1,100   1 分
IV 1,700  5 分
V 2,500  20 分
VI 3,400  1 時
VII 4,400  2 時
VIII 5,700  4 時
IX 7,500  8 時
X 8,500  8 時
軍事演習
レベルリザーブコスト準備時間
I 275   5 秒
II 650   20 秒
III 1,100   1 分
IV 1,700  5 分
V 2,500  20 分
VI 3,400  1 時
VII 4,400  2 時
VIII 5,700  4 時
IX 7,500  8 時
X 8,500  8 時
戦術訓練
レベルリザーブコスト準備時間
I 275   5 秒
II 650   20 秒
III 1,100   1 分
IV 1,700  5 分
V 2,500  20 分
VI 3,400  1 時
VII 4,400  2 時
VIII 5,700  4 時
IX 7,500  8 時
X 8,500  8 時
追加ブリーフィング
レベルリザーブコスト準備時間
I 275   5 秒
II 650   20 秒
III 1,100   1 分
IV 1,700  5 分
V 2,500  20 分
VI 3,400  1 時
VII 4,400  2 時
VIII 5,700  4 時
IX 7,500  8 時
X 8,500  8 時
大量輸送隊
レベルリザーブコスト準備時間
I 5  5 秒
II 10  5 秒
III 20  5 秒
IV 25  5 秒
V 40  5 秒
VI 45  5 秒
VII 50  5 秒
VIII 60  5 秒
IX 70  5 秒
X  75  5 秒
徴用
レベルリザーブコスト準備時間
I 90  5 秒
II 225  5 秒
III 400  5 秒
IV 600  5 秒
V 1,000  5 秒
VI 1,300  5 秒
VII 1,650  5 秒
VIII 2,250  5 秒
IX 2,700  5 秒
X 3,200  5 秒
空爆
レベルリザーブコスト準備時間
I 5  5 秒
II 10  5 秒
III 20  5 秒
IV 25  5 秒
V 40  5 秒
VI 45  5 秒
VII 50  5 秒
VIII 60  5 秒
IX 70  5 秒
X  75  5 秒
砲兵射撃
レベルリザーブコスト準備時間
I 5  5 秒
II 10  5 秒
III 20  5 秒
IV 25  5 秒
V 40  5 秒
VI 45  5 秒
VII 50  5 秒
VIII 60  5 秒
IX 70  5 秒
X  75  5 秒

リザーブの使用

リザーブの効果を得るには、まずはそのリザーブを使用開始する必要があります。リザーブを使用開始できる、次のクラン士官です:

  • クランマスター
  • 副司令官
  • 人事担当官
  • 戦闘士官

時間制リザーブ

時間制リザーブ (「戦闘報酬」「軍事演習」「戦術訓練」および「追加ブリーフィング」) は、拠点において使用開始することができます。

時間制リザーブの使用手順:

  1. リザーブ貯蔵庫から使用したいリザーブを選択する。貯蔵庫にレベル違いのリザーブがある場合には、必要なレベルのものを選択する。
  2. 使用 をクリックする。
リザーブは即時に使用中となり、残り時間がそのリザーブの上部に表示されます。
いったん使用を開始したリザーブの使用をキャンセルすることはできません。

ワンタイムリザーブ

「大量輸送隊」「空爆」および「砲兵射撃」は、戦闘開始前に有効化します。「徴用」については、進撃戦の前のみに有効化可能です。

ワンタイムリザーブの使用手順:

  1. クラン戦 をクリックする。
  2. 分遣隊の作成 をクリックする。
  3. 右上隅の空きスロットをクリックし、リザーブを選択する。

各戦の後、リザーブ貯蔵庫に同タイプかつ同レベルのリザーブがあった場合、自動的に補給されます。

選択したリザーブの使用をやめる場合は、そのリザーブを選択して 無効化 をクリックしてください。

「空爆」および「砲兵射撃」については、分遣隊を作成する際にリザーブを有効化しておくことで、戦闘中に発動することができます。

複数のリザーブの同時使用

複数のリザーブを同時使用することで、さらに多くのクレジット、経験値および工業資源を獲得可能です。

ただし、次の組み合わせで各リザーブを同時使用することはできませんのでご注意ください:

  • 「軍事演習」と「追加ブリーフィング」
  • 「戦闘報酬」と「戦術訓練」
  • 「空爆」と「砲兵射撃」

戦闘リザーブ

戦闘リザーブとは「空爆」および「砲兵射撃」であり、前衛戦と進撃戦で使用可能です。「空爆」と「砲兵射撃」によって得られる工業資源量は、リザーブレベルに応じて増加しますが、戦闘における効果はリザーブレベルとは無関係であり、選択した部門によって決まります。

戦闘リザーブの恩恵を得るには、戦闘前にリザーブを有効化しておいた上で、戦闘中に発動してください。空爆または砲兵射撃を発動できるのは、分遣隊指揮官または 前線観測員 のみです。分遣隊指揮官は、分遣隊内のあらゆるプレイヤー (軍団兵を含む) の中から 1 名を前線観測員に任命することができます

前線観測員の任命は、戦闘開始前に分遣隊ウィンドウで行います。分遣隊メンバー リストから対象プレイヤーの名前を右クリックし、前線観測員に任命 を選択してください。するとそのプレイヤー名の隣に アイコンが表示されます。

決定を撤回するには、対象プレイヤーの名前を右クリックし、任命を取り消す を選択すると、戦闘リザーブの発動権が指揮官に戻されます。

戦闘中にリザーブを発動しなかった場合は、それによる恩恵は得られず、リザーブは消費されずにリザーブ貯蔵庫へと戻されます。

空爆

「空爆」は、空対地攻撃を行うことができる戦闘リザーブであり、攻撃機が飛来し、指定座標を狙って複数の対戦車爆弾を投下します。この攻撃機は撃墜不能です。

戦闘中に「空爆」を使用する手順:

  1. 「空爆」に対応するキー (標準では 7–9) を押します。
  2. マップ上でダメージエリアを決めます。ダメージエリアは、緑の枠線でマークされています。
  3. クリックしてダメージエリアの中心を固定します。
  4. マウスで爆撃の方向を変更します。
  5. クリックしてダメージエリアを決定し、攻撃を実行します。ダメージエリアを決定すると、攻撃機が飛来して指定エリアに複数の爆弾を投下します。

ダメージエリアの範囲および爆撃までの残り時間は、味方のみに表示されます。

「空爆」の特徴:

  • 爆弾はほぼ垂直に着弾するため、マップ上のオブジェクトを利用して攻撃をしのぐことは極めて困難です。
  • 爆弾は、ダメージエリアの方向に沿って、ダメージエリアの一端からもう一端まで投下されます。
  • 爆弾は、建造物を破壊可能です。

砲兵射撃

「砲兵射撃」を使用することで、指定のエリアに榴弾 (HE) による重砲撃を加えることができます。

戦闘中に「砲兵射撃」を使用する手順:

  1. 「砲兵射撃」に対応するキー (標準では 7–9) を押します。
  2. マップ上で攻撃目標地点を指定します。ダメージエリアは、緑の点線でマークされています。
  3. クリックして砲撃を実行します。

砲撃の実行前であれば、「砲兵射撃」に対応するキーを押すことで、使用をキャンセルできます。

「砲兵射撃」の特徴:

  • 「砲兵射撃」を使用した際には、砲弾は味方陣地がある方角からダメージエリアに向かって飛来します。
  • 砲弾の着弾角度は、ダメージエリアの場所を問わず同一です。
  • 砲弾は、砲撃時間中に、ダメージエリア内にランダムかつ均一に着弾します。 
閉じる