X IS-4
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

IS-4 ソ連

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

本計画は、チェリャビンスク・キーロフ工場の設計局において 1943 年 12 月に開発開始されました。1944 年 4 月に試作車輌であるオブイェークト (Object) 701 が 2 両製造され、その試験の結果を反映して設計が改良されました。1944 年後半および 1945 年の前半には、追加の試作車輌 2 両が試験されました。その結果、オブイェークト 701 No. 5 の正式採用が提案されましたが、当時 IS-3 の量産が開始されたばかりだったため、量産開始は延期されました。そして 1946 年に IS-3 の量産が打ち切られた後、この IS-4 の生産が開始され、1949 年まで続けられました。1951 年には、近代化型である IS-4M が合計 25 両生産され、それ以前に生産された全ての車輌にも IS-4M と同等の近代化改修が施されました。各種資料によると、生産数は各型合わせて 235 両から 258 両だったとされており、その全てが極東に配備されました。

ソ連 ソ連
Tier Tier X
タイプ 重戦車 重戦車
費用 クレジット 6,100,000 経験値 189,000
ロール 攻撃的重戦車 攻撃的重戦車

搭乗員

搭乗員 車長

車長

無線手

搭乗員 砲手
搭乗員 操縦手
搭乗員 装填手

モジュール

この車輌には、特定のゲームモードでボンズを稼げるアビリティが存在します。

特性

火力

HP ダメージ
mm 装甲貫通
HP/分 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲
サスペンションの修理時間

視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる