VI VK 36.01 (H)
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

VK 36.01 (H) ドイツ

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

この VK 36.01 (H) は、ヘンシェル社によって開発された、二次大戦期のドイツの試作重戦車です。本車は VK 30.01 (H) 計画の発展型であり、ティーガー I (Tiger I) の設計に至る過程のひとつです。1942 年に、計 8 両分の車台と、1 両の試作車が製造されました。開発中には、様々な技術的ソリューションが試されました。その一部は後に、二次大戦中のドイツ重戦車設計の礎として活かされました。本車の車台は、装甲回収車用としても利用されました。

ドイツ ドイツ
Tier Tier VI
タイプ 重戦車 重戦車
費用 クレジット 935,000 経験値 27,000

搭乗員

搭乗員 車長
搭乗員 砲手
搭乗員 操縦手
搭乗員 無線手
搭乗員 装填手

特性

火力

HP ダメージ
mm 装甲貫通
HP/分 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲

視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる