I 4TP
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

4TP ポーランド

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

ポーランド軍のニーズに応えるための新型軽戦車の開発が、エドヴァルド・ハビフ技師による監督の下、国営技術工廠 (Państwowe Zakłady Inżynieryjne; PZInż) で 1935 年に開始されました。この新型軽戦車の設計は、外国製の戦車に強い影響を受けており、イギリスの 4 トン級ヴィッカース・カーデン・ロイド・コマーシャル軽戦車 (Vickers Carden Loyd Commercial Light Tank) をベースとしていました。1936 年 12 月に技術設計がまとめられ、PZInż.140 戦車の最初の試作車輌が製造されました。そして 1937 年の秋から 1939 年の春にかけて試験が実施されましたが、量産には至りませんでした。

ポーランド ポーランド
Tier Tier I
タイプ 軽戦車 軽戦車
費用 クレジット 0 経験値 0

搭乗員

搭乗員 車長

車長

砲手

無線手

装填手

搭乗員 操縦手

特性

火力

/ / / / HP ダメージ
/ / / / mm 装甲貫通
(HP/分) 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲

視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる