II BT-2
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

BT-2 ソ連

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

BT-2 は、1930 年代に開発されたソ連の装輪・装軌両用方式の戦車であり、BT シリーズ軽戦車における最初の量産型です。本車は、アメリカ製のクリスティー (Christie) M1931 (モデル 1940) をベースとしていますが、その設計ソリューションには多様な違いがあり、より優れた速力と機動性を実現していました。生産数は各型合計で 620 両。新型エンジンを搭載し、45 mm 砲を備えた楕円形砲塔を採用した新型には、BT-5 という呼称が与えられ、1,884 両生産されました。その一部はスペインへと輸出され、その他の車輌は、ノモンハン事件、ポーランド侵攻、冬戦争そして二次大戦において実戦投入されました。

ソ連 ソ連
Tier Tier II
タイプ 軽戦車 軽戦車
費用 クレジット 3,500 経験値 270

搭乗員

搭乗員 車長

車長

無線手

搭乗員 操縦手
搭乗員 砲手

砲手

装填手

特性

火力火力

/ / / / HP ダメージ
/ / / / mm 装甲貫通
発/分 発射速度
(HP/分) 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲

視察能力視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる