STEEL HUNTER: 最後まで生き残れ

戦車長の皆さん、生き残りを懸けた熾烈な戦いへの準備はできていますか?

あのエキサイティングなモード「STEEL HUNTER」が、刷新を経て『World of Tanks』に帰ってきます! 「STEEL HUNTER」は独立した4つのステージから構成されます。また「フロントライン2020」と共通の「遠征」システムを進めることができます。最初のステージは8月17日開始予定です。それでは、刷新されたバトルロイヤル・モードの詳細を確認していきましょう!

STEEL HUNTER ステージ1

日本時間2020年8月17日(月)08:00~2020年8月24日(月)05:00
休戦時間: 05:00~08:00

「遠征」は続く!

「STEEL HUNTER」の各ステージでは、大量の報酬(詳細は以下)に加えて、最大3枚(全4ステージで合計12枚)のトークンを入手可能です。トークンを12枚集めると、以下3種類の限定Tier IX車輌から好きな1輌を選んで手に入れることができます。

IX AE Phase I  

IX Object 777 Version II  

IX Char Futur 4  

ステージ2~4の開催日程は逐次発表される予定です。ぜひお見逃しなく!!

  ステージ1 ステージ2 ステージ3 ステージ4
開催予定月 8月 9月 10月 11月

STEEL HUNTERの概要

本モードの基本的なルールはすでにご存じかも知れませんが、念のため確認しておきましょう!

  • 本モードでは、総勢20名のプレイヤーが生き残りを懸けて戦います。
  • ソロプレイと小隊プレイを選択することができます。小隊プレイでは、3輌編成の小隊10組のうち1組に参加して戦います。小隊の戦闘参加人数は30名になります。
  • モードの目標は、最後の車輌または小隊になるまで戦闘を生き延びることです。全ての敵を撃破して最後まで生き残り、〈STEEL HUNTER〉の名に相応しい戦士を目指しましょう。
  • マップ上には、一定時間ごとに特殊なアイテムが出現します。回収することで、資源の補給や車輌の強化、戦闘EXPを入手することができます。
  • 戦闘は2つの巨大なマップで行われ、時間の経過とともに行動可能なエリアが徐々に縮小していきます。危険ゾーンに留まり続けると車輌が大破します。カウントダウンが終了する前に脱出しましょう。
  • 戦闘時間は合計15分です。出撃時には、マップ上に表示される複数の座標から戦闘開始地点を選択することができます。

STEEL HUNTERのプレイ方法

「戦闘開始!」ボタンの右にあるドロップダウン・メニューから「遠征」を選択し、「STEEL HUNTER」の専用ガレージに進みます。

  1. ソロでプレイする場合は、「戦闘開始!」ボタンをクリックしましょう。
  2. 小隊でプレイする場合は、3輌編成の小隊を作成しましょう。

『World of Tanks』10周年記念イベント・チャプターVの開催期間中は、ガレージ内の3Dアイコンをクリックすることで「STEEL HUNTER」モードに移動することができます。

新マップと危険ゾーン

今回の「STEEL HUNTER」モードでは、すでに実装済みのマップ「ドリームランド」に加えて、不吉な雰囲気を漂わせた新マップ「アルザギール4.04」が登場します。

ドリームランド

アルザギール4.04

サイズは「ドリームランド」と同じですが、廃墟化した危険な都市が舞台のこのマップでは、新鮮なゲーム体験を味わいながら、様々な実験的戦術行動を取ることが可能となっています。

〔注意〕いずれのマップも、時間の経過とともに行動可能エリアが縮小するように設定されています。自車輌のいるゾーンが黄色になった場合、そのゾーンは間もなく赤い危険ゾーンに変わります。ダメージを避けるためには、カウントダウンが終了する前に赤ゾーンから脱出する必要があります。カウントダウンの終了後は、赤ゾーンから脱出するか、車輌が大破するまで、車輌にダメージが発生し続けます。

 
 
 
 
 
 
 
 
赤: 閉鎖済みのゾーン

閉鎖済みのゾーンでは、車輌にダメージが発生し続けます。赤ゾーンからは、急いで脱出しましょう。

 
 
 
 
 
 
 
黄: まもなく閉鎖されるゾーン

黄色ゾーンでは、車輌はダメージを受けません。ただし、いつでも閉鎖されて赤ゾーンへと変わる可能性があるため、脱出ルートを考えておきましょう。

投下物資

航空機から投下される「投下物資」は、最も貴重なアイテムです。弾薬の補給、HPの回復、損傷したモジュールの修理を行うと同時に、基本アビリティーと究極アビリティーを1回分ずつチャージし、さらに通常の「戦利品」よりも多くの戦闘EXPを入手することができます。そのため、回収に成功すれば、敵に対して優位を築くことができます。ただし、投下地点は全プレイヤーのミニマップに表示されるため、激しい戦闘が予想されます。

視野コーン内の敵

車輌の砲塔前方に広がる扇形の「視野コーン」は、視認範囲を表します。視野コーン外の敵車輌やアイテムは視認できないため、注意しましょう。

視野コーン

視認することができるのは、視野コーン内の敵車輌のみです。

投下物資

航空機から投下される「投下物資」は、最も貴重なアイテムです。弾薬の補給、HPの回復、損傷したモジュールの修理を行うと同時に、基本アビリティーと究極アビリティーを1回分ずつチャージし、さらに通常の「戦利品」よりも多くの戦闘EXPを入手することができます。そのため、回収に成功すれば、敵に対して優位を築くことができます。ただし、投下地点は全プレイヤーのミニマップに表示されるため、激しい戦闘が予想されます。

 
無線探知で発見した敵車輌

無線探知を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができます。ただし、無線探知の使用中は、探知範囲内にいる他のプレイヤーのミニマップ上に自車輌の位置が表示されてしまうため、注意が必要です。

消耗品

緑の「戦利品」を回収すると、基本アビリティーを1回分チャージすると同時に、HPを回復させ、損傷したモジュールを修理することができます。一方、弾薬は補給されず、また入手できる戦闘EXPの量も、他の「戦利品」と比べて少なくなっています。

弾薬

黄色の「戦利品」を回収すると、弾薬を補給し、損傷したダメージを修理すると同時に、戦闘EXPを入手することができます。このタイプの「戦利品」はマップ上のいたるところで発見することができ、特に車輌性能が低い序盤でたくさん回収することで、戦闘を有利に進めることができます。

弾薬

黄色の「戦利品」を回収すると、弾薬を補給し、損傷したダメージを修理すると同時に、戦闘EXPを入手することができます。このタイプの「戦利品」はマップ上のいたるところで発見することができ、特に車輌性能が低い序盤でたくさん回収することで、戦闘を有利に進めることができます。

消耗品

緑の「戦利品」を回収すると、基本アビリティーを1回分チャージすると同時に、HPを回復させ、損傷したモジュールを修理することができます。一方、弾薬は補給されず、また入手できる戦闘EXPの量も、他の「戦利品」と比べて少なくなっています。

無線探知で発見した敵車輌

無線探知を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができます。ただし、無線探知の使用中は、探知範囲内にいる他のプレイヤーのミニマップ上に自車輌の位置が表示されてしまうため、注意が必要です。

無線探知で発見した敵車輌

無線探知を使用すると、一定範囲内の敵車輌を発見することができます。ただし、無線探知の使用中は、探知範囲内にいる他のプレイヤーのミニマップ上に自車輌の位置が表示されてしまうため、注意が必要です。

 
無線探知を使用すると、一定範囲内の「戦利品」や敵車輌の位置を探知し、ミニマップに表示することができます。ただし、他のプレイヤーの無線探知の範囲内にいる状態で使用すると自車輌の位置を悟られてしまうため、注意が必要です。

新ハンター車輌

今回の「STEEL HUNTER」モードでは、5輌のハンター車輌が使用可能です。昨年に登場した3か国の車輌に改良が加えられるほか、イギリス車輌とフランス車輌が1輌ずつ登場します。どの車輌も、Tier IからTier VIIまで強化することができます。


Varyag(ソ連)

Walküre(ドイツ)

Harbinger Mk. IV(イギリス)


Raven(アメリカ)

Arlequin(フランス)


上記のハンター車輌では、弾薬の購入、拡張パーツの搭載、カスタマイズ要素の適用等は行うことができません。

各車輌には、それぞれ役割が用意されています。

  • 生存者
  • 狩人
  • 偵察者

ソ連車輌とドイツ車輌はより防衛的な役割に適している一方、アメリカ車輌とイギリス車輌は攻撃的に敵を狩ることが期待されます。そしてフランス車輌は偵察で力を発揮します。

車輌の強化方法

どのハンター車輌も、Tier IからTier VIIまで強化可能です。戦場でアイテムを回収し、あるいは敵車輌にダメージを与えることで、強化に必要となるEXPを入手することができます。各車輌には、異なるモジュールが用意されています。Tierが上昇する度に、2つのモジュールから1つを選択して強化することができます。

ハンター車輌の技術ツリーには変更が加えられましたが、Tierが上がる度にプレイスタイルに合わせて特性を強化できる点については以前と同様です。

Varyag(ソ連)
Walküre(ドイツ)
Raven(アメリカ)
Harbinger Mk.IV(イギリス)
Arlequin(フランス)

Varyag(ソ連)

тест
リセット
тест
リセット
тест
リセット
тест
リセット
тест
リセット

エンジン

エンジン出力
馬力
最大速度
km/h

無線

探知半径
m
無線探知のクールダウン
s

車体

HP
HP
車体装甲
mm

砲塔

HP
HP
装甲
mm

主砲

貫通力
mm
ダメージ
HP
分間ダメージ
HP/min
100mでの着弾分布
 

エンジン

エンジン出力
馬力
最大速度
km/h

無線

探知半径
m
無線探知のクールダウン
s

車体

HP
HP
車体装甲
mm

砲塔

HP
HP
装甲
mm

主砲

貫通力
mm
ダメージ
HP
分間ダメージ
HP/min
100mでの着弾分布
 

エンジン

エンジン出力
馬力
最大速度
km/h

無線

探知半径
m
無線探知のクールダウン
s

車体

HP
HP
車体装甲
mm

砲塔

HP
HP
装甲
mm

主砲

貫通力
mm
ダメージ
HP
分間ダメージ
HP/min
100mでの着弾分布
 

エンジン

エンジン出力
馬力
最大速度
km/h

無線

探知半径
m
無線探知のクールダウン
s

車体

HP
HP
車体装甲
mm

砲塔

HP
HP
装甲
mm

主砲

貫通力
mm
ダメージ
HP
分間ダメージ
HP/min
100mでの着弾分布
 

エンジン

エンジン出力
馬力
最大速度
km/h

無線

探知半径
m
無線探知のクールダウン
s

車体

HP
HP
車体装甲
mm

砲塔

HP
HP
装甲
mm

主砲

貫通力
mm
ダメージ
HP
分間ダメージ
HP/min
100mでの着弾分布
 

敵を攻撃する際にモジュールを狙えば、重大な損傷を発生させる確率を高めることができます。各車輌のモジュールの位置は、ガレージで確認可能です。なお、プレイヤーの皆さんから寄せられたフィードバックに基づき、今回の「STEEL HUNTER」では、燃料タンクが損傷しないように設定されています。そのため、燃料タンクやエンジンの火災は発生しなくなっています。

アビリティー

「STEEL HUNTER」モードには、全車輌共通のアビリティーが2つ用意されています。

回復: 車輌のHPを一定の割合まで徐々に回復させる。ただし、回復中にダメージを受けると効果が停止する。

修理キット: 修理キット: 消耗品「修理キット(大)」と同様に、損傷したモジュールを修理し、スタン時間を短縮する。

HPを回復させるアビリティーの効果は累算されません。同時に2つ以上使用した場合、一番効果の高いもののみ有効になります。

全車輌共通のアビリティーに加えて、各車輌には、固有のアビリティーとして基本アビリティーと究極アビリティーがそれぞれ1つずつ用意されています。

ソ連

 

Varyag
地雷原
選択したエリアに地雷を設置し、敵にダメージを与えると同時にスタンさせる。地雷は一定時間のみ有効。
エリア回復(究極アビリティー)
自車輌および小隊メンバー車輌のHPを回復させる特殊エリアを展開する。
ドイツ

 

Walküre
ターボチャージャー
エンジン出力、最大速度、砲塔旋回速度を一時的に向上させる。
修復エリア(究極アビリティー)
自車輌および小隊メンバー車輌の損傷したモジュールを修理し、スタン効果を解消すると同時に、HPを回復させる特殊エリアを展開する。
イギリス

 

Harbinger Mk. IV
酸性ミスト
効果範囲内の全車輌に隠蔽率ボーナスを付与すると同時に、ダメージを与える。戦利品の回収には影響を与えない。
バーサーク(究極アビリティー)
車輌HPを徐々に失う代わりに、貫通力および砲操作性(着弾分布および照準拡散、照準速度、装填速度、砲塔旋回速度)を大幅に改善する。バーサークのダメージにより車輌が大破することはない。
アメリカ

 

Raven
照準ブースト
一定時間、着弾分布と照準拡散を抑え、主砲安定性と照準速度を上昇させることで、砲操作性を向上させる。
トラップ(究極アビリティー)
敵車輌の性能を低下させる特殊エリアを展開する。
フランス

 

Arlequin
空爆
選択したエリアに爆撃を行い、敵車輌にダメージを与えると同時にスタンさせる。
自動追尾爆弾(究極アビリティー)
直近の敵車輌を追跡し、爆発によりダメージを与える自動追尾型の爆弾を起動する。

アビリティーは、「弾薬」以外のアイテムを回収することでチャージ可能です。より具体的には、基本アビリティーは「消耗品」、「投下物資」、または「戦利品」を回収することによってチャージできます。一方、究極アビリティーは「投下物資」または「戦利品」を回収することによってチャージできます。

搭乗員

ハンター車輌の搭乗員は、それぞれのハンター車輌でのみ使用することができ、兵舎に送ったり、解任することは出来ません。また、戦闘中に負傷することはなく、搭乗員EXPを取得することもできません。また、どの搭乗員もゼロパークとして「第六感」を習得しているほか、それぞれに以下の固有のパーク/スキルが用意されています。


ソ連

 指定された目標

直感

ドイツ

 指定された目標

直感

イギリス

 スムーズな運転

 速射


アメリカ

 スムーズな運転

 速射

フランス

射撃の名手

 鋭い視力


アイテムの回収

車輌を強化するには、敵車輌にダメージを与えるか、マップ上に出現するアイテムを見つける必要があります。アイテムを回収すると、EXPや弾薬を入手できるほか、アビリティーのチャージなどを行うことができます。

アイテムには、以下の4つのタイプが用意されています。

弾薬 

回収すると、弾薬とEXPを入手できるほか、損傷したモジュールが修理されます。黄色の煙が目印です。

消耗品 

回収すると、基本アビリティーが1回分チャージされるほか、HPが回復し、損傷したモジュールも修理されます。EXPも入手できますが、その量は「弾薬」タイプのアイテムよりも少なく設定されています。緑の煙が目印です。

戦利品 

回収すると、損傷したモジュールが修理され、究極アビリティーが1回分チャージされるほか、大破した車輌が集めたアイテムをすべて入手することができます。赤い煙が目印です。

投下物資 

最も貴重なアイテムです。回収すると、基本アビリティーと究極アビリティーがそれぞれ1回分ずつチャージされます。また、HPが回復し、損傷したモジュールも修理されるほか、他のタイプのアイテムよりも多くのEXPを入手することができます。なお、「投下物資」は全プレイヤーのミニマップ上に表示されます。どのプレイヤーも必死になって「投下物資」の回収を試みる可能性が高いため、激しい争奪戦が予想されます。青色の煙が目印です。

視認システムと照準システム

「STEEL HUNTER」モードで好成績を収める上で重要となる要素の1つが、「視野コーン」を用いた独自の視認システムです。

  • ハンター車輌が発見・観測できるのは、ミニマップ上で砲塔前方に表示される扇形の「視野コーン」内に位置する敵車輌のみです。パーク「第六感」が発動しても、必ずしも敵車輌を視認できるわけではありません。「視野コーン」内に捉える必要があります。
  • ただし、敵車輌が50メートル以内に接近すると、自動的に視認可能になります。
  • 視認範囲内の敵車輌には、マーカーとHPバーが表示されます。
  • 照準を合わせると、車輌のシルエットも表示されます。

無線探知システム

どのハンター車輌も、無線探知システムを備えています。起動することで、一定範囲内のアイテムや敵車輌をミニマップ上に表示することができます。起動には、「X」キーを使用します。なお、他のプレイヤーの探知範囲内にいる場合、無線探知を起動すると、自車輌の位置がそのプレイヤーのミニマップ上に表示されてしまうため、注意が必要です。

無線探知を起動しても、すぐさま他の全プレイヤーに自車輌の位置を悟られるわけではありません。探知されるのは、あくまで別の車輌の探知範囲内にいる場合のみです。探知半径は、車輌や搭載中のモジュールによって異なります。

進行システムの変更

「STEEL HUNTER」モードには、合計で15のレベルが用意されています。成績が悪くてもレベルが下がることはありません。レベルを上げるには、必要な数のハンターポイントを集める必要があります。ハンターポイントは、ソロプレイでTOP5、あるいは小隊プレイでTOP3にランクインすることで入手できます。

また、「STEEL HUNTER」モード専用のデイリーミッションを達成することでも取得可能です。

気になる報酬は?

各レベルに到達すると、以下の貴重な報酬を手に入れることができます。

レベル15に到達すると、特別報酬として、限定2Dスタイル遠征トークンを入手することができます。さらに、2Dスタイルをゲーム内ショップで購入できるようになります。

各ステージにはそれぞれ異なる2Dスタイルが用意されています。詳しくはこちらをご覧ください!

ステージ1

ステージ2

ステージ3

ステージ4

挑戦可能なミッション

レベル15に到達するまでの間は「STEEL HUNTER」モード専用のデイリーミッションに挑戦可能です。達成するとハンターポイントを取得することができます。

  • 蹂躙せよ!
  • 撃破せよ!
蹂躙せよ!

目標

  • 任意の数の戦闘で合計3,000HPのダメージを与える。

条件

  • 1日5回まで達成可能

報酬

  • 200ハンターポイント

 

撃破せよ!

目標

  • 任意の数の戦闘で敵車輌を1輌以上撃破する。

条件

  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 100ハンターポイント

最高レベルに到達した後ももっと報酬を手に入れたい!という方のために、今年の「STEEL HUNTER」モードでは、さらに豪華な報酬を獲得できる特別デイリーミッションが用意されています。レベル15に到達すると、挑戦可能になります。

  • 支配せよ!
  • 躙せよ!
  • 撃破せよ!
支配せよ!

目標

  • ソロプレイまたは小隊プレイでTOPを達成する

条件

  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 25 

  • (ランダム戦)
躙せよ!

目標

  • 任意の数の戦闘で合計10,000HPのダメージを与える

条件

  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 25 

撃破せよ!

目標

  • 任意の数の戦闘で敵車輌を5輌撃破する

条件

  • 1日1回のみ達成可能

報酬

  • 25 

  • (ランダム戦)

マッチング・システムの調整

昨年度の「STEEL HUNTER」モードでは、一部のプレイヤーが他のソロプレイヤーや小隊と結託して戦闘を有利に進めるチーミングという行為に関する報告が多数寄せられました。

バトルロイヤル・モードでのチーミングはスポーツマン精神に反し、ルールに従ってモードを楽しんでいるプレイヤーのゲーム体験を損なう行為です。そこで今回の「STEEL HUNTER」ではいくつかの対策が講じられています。具体的には、マッチングシステムに調整が加えられたほか、平日の休戦時間を延長する代わりに週末のプレイ可能な時間を長くすることで、チーミングを行おうとしているプレイヤーが同一の戦闘にマッチングされる可能性が、最小限度に抑えられます。

新たなサウンドトラック

新マップ「アルザギール4.04」では、その荒涼とした中央アジアの廃墟が醸し出す雰囲気をさらに高める新曲を耳にすることができます。

中央アジアの伝統的な民族音楽に、1990年代中頃にアメリカ西海岸で流行したプログレッシブ・ロックを組み合わせた楽曲で、『World of Tanks』サウンドトラックの最大の特徴とも言える交響楽団によって演奏されています。

全シーズンの「STEEL HUNTER」と同様、エレキギターのヘヴィ・リフを多用することで、ギジャック、ルバブ、シェルテルなど中央アジアの民俗楽器の音色が、現代風のアレンジを経て再現されています。また、様々なサウンドエフェクトを丹念に調整することで再現されたアルメニアのドゥドゥクの音色も耳にすることができます。ぜひご視聴ください!

 

Andrey Kulik, Alexey Vanchuk - Arzagir 4.04 (Intro) : WoT Music Team, Andrey Kulik, Alexey Vanchuk - Arzagir 4.04 (Intro)
Andrey Kulik, Alexey Vanchuk - Arzagir 4.04 (Battle) : WoT Music Team, Andrey Kulik, Alexey Vanchuk - Arzagir 4.04 (Battle)

開発段階の「STEEL HUNTER」モードをプレイした際に、音楽制作チームのスタッフが実際に感じた激しい情動を表現した楽曲です。新曲とともにぜひ「STEEL HUNTER」モードをお楽しみください!

プレイに必要なシステム要件

「STEEL HUNTER」はマップが大きいことに加え、回収可能なアイテムがマップ上に出現するなど、他のモードにはない数々の特徴が存在します。そのため、通常のランダム戦よりも多くのシステムリソースを必要とします。32ビットのOSや、メモリ容量が限られたコンピューターをご使用の場合、プレイ中にパフォーマンスに関する不具合が生じる可能性がございます。不具合が生じる場合には、ゲームクライアントのグラフィック品質を、CPUやグラフィックカードの性能に合わせてご変更ください。

見渡す限り全員敵ーー生き残りを懸けて「STEEL HUNTER」に挑め!

閉じる