IV A-20
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

A-20 ソ連

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

A-20 戦車の開発は、ハルキウ第 183 工場において 1937 年 12 月に開始されました。本計画は BT-7 戦車の発展型であり、伝説の戦車 T-34 の原型となりました。本車の開発はミハイル・コーシュキンの主導により進められ、1938 年 5 月 18 日に、BT-20 と命名された戦車の技術仕様が承認され、装輪・装軌両用方式のサスペンションを備えた若干数の実験的試作車輌が訓練用として製造されました。

ソ連 ソ連
Tier Tier IV
タイプ 軽戦車 軽戦車
費用 クレジット 134,000 経験値 3,200

搭乗員

搭乗員 車長

車長

装填手

搭乗員 無線手
搭乗員 操縦手
搭乗員 砲手

特性

火力火力

/ / / / HP ダメージ
/ / / / mm 装甲貫通
発/分 発射速度
(HP/分) 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲

視察能力視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる