IX G.W. Tiger
比較に追加
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

G.W. Tiger ドイツ

比較に追加 車輌を比較に追加済み 比較対象に車輌構成を追加 車輌構成を比較に追加完了
比較対象に基本構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除 比較対象に現在の構成でこの車輌を追加 この車輌を比較から削除

1942 年に、VI 号戦車 B 型 ティーガー II ( Pz.Kpfw. VIB Tiger II) の車体をベースとした自走砲の開発が開始されました。本計画の目的は、17 cm Kanone 72 砲および 21 cm Mörser 18/1 重榴弾砲をどちらでも搭載可能な兵装運搬車輌の開発にあり、砲を車輌に搭載したまま運用することも、地上に下ろして運用することも可能なシステムになっていました。1945 年に実験的試作車輌の製造作業が開始されました。

ドイツ ドイツ
Tier Tier IX
タイプ 自走砲 自走砲
費用 クレジット 3,600,000 経験値 184,500

搭乗員

搭乗員 車長
搭乗員 砲手
搭乗員 操縦手
搭乗員 無線手
搭乗員 装填手
搭乗員 装填手

特性

火力火力

/ / / / HP ダメージ
/ / / / mm 装甲貫通
発/分 発射速度
(HP/分) 分間ダメージ
照準時間
m 100m での着弾分布
総弾数

機動性機動性

/ / t 重量/最大積載量
馬力 エンジン出力
馬力/t 出力重量比
km/h 最大速度
度/秒 旋回速度
度/秒 砲塔旋回速度

生存性生存性

HP 耐久性
/ / mm 車体装甲
/ / / / mm 砲塔装甲

視察能力視察能力

m 視認範囲
m 通信範囲

各特性値は、搭乗員熟練度が 100% の場合の値です。

閉じる