注意!
あなたが閲覧中のニュースアイテムは、古いウェブサイト形式です。一部のバージョンのブラウザにおいて表示に問題が生じる可能性があります。

閉じる

WCG 2013 イベント - まとめ

 

四日間は様々な出来事がありました。トーナメントを通して、信じられないほど素敵な思い出を共有することが出来ました。悲しい事に、全ての良いことは最後にやってくるもので、ワールドサーバーゲームズ2013は名残惜しいものになりました。

我々はこの権威あるゲームのイベントの最高の瞬間にハイライトしてお伝えします。お楽しみ下さい!


WCG 2013 初日
2013年11月28日

2013年11月28日ワールドサイバーゲームズ2013が始まりました。世界最高の選手達を決める四日間の為に世界中から中国、崑山に集結しました。優勝者は、ゲームの中で最高の栄誉を手にすることが出来、多額の賞金を手にすることができます。

10:00 UTC+8:我々はここにいる!-その日は非常に寒い日でした。チームがイベント会場に到着した時の温度は1~7度でしたが、会場は熱気に溢れ、快適に試合を観る事が出来ました。午前10時。全てのプレイヤーは各チームごとに写真を取る為、Wargamingのブースの前に集まり、誰もがこの日に興奮していました。特にTeam SEA Cucumbersはかなり気合の入った雰囲気でした。


この写真は(この時点でいくつかのチームは座り、最高の笑顔で落ち着いてきた様子が見に見えてわかる)我々は開会式に間に合うように写真撮影を終えた様子です。

10:45 UTC+8:開会式-少女時代の「I god a boy」やPSYの「Gangnam Style」などの人気曲を取り入れたエネルギッシュなダンスパフォーマンスで始まりました。パフォーマンスの後、WCGの最高経営責任者(CEO)Brad Lee氏はスピーチの為にステージに招待されました。彼は全ての人の温かい歓迎に対し感謝し、彼はWCGの歴史を簡単に紹介し、ゲームのイベントは素晴らしい友情を産み、世界中の人々の間にスポーツマンシップの育成に貢献している事を付け加え、最高の幸運に包まれたショーを誰しもが楽しめるようにと彼は短いスピーチを終えました。

 

11:15 UTC+8:各国代表-今年のWCGの参加国は以下の国になります。

オーストラリア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカライス、エクアドル、フランス、ドイツ、香港、インドネシア、イラク、日本、ヨルダン、韓国、マレーシア、メキシコ、ペルー、フィリピン、ロシア、台湾、タイ、トルコ、イギリス、ウクライナ、アメリカ合衆国、ウズベキスタン、ベトナム、そして中国がWCG2013のホスト国として参加します。

今年のWCGで注目されたゲームの短い映像の放送の後、Lee氏は情報センター副所長のYang Yi氏とともに再びステージに登場した。WCGを紹介する別のビデオが紹介され、その後国旗掲揚式が開始されました。

WCG2013、世界最大のゲームの祭典の開始を宣言します!

さぁ、ゲームの始まりです!

12:30 UTC+8: Roll Out!- 初戦は  Unity, Team Dignitas, Panic, Miltera, The Unit and [DN] Silly Ducks Revolutionによってトーナメント戦が開始されました!まずは  [DN] Silly Ducks Revolution が The Unitを破り最初の勝利を確保しました。その間、  Unity と  Team Dignitasは引き分けに終わり、 Panic が3-0で  Miltera を破りました。 オープニングマッチは手に汗握る、席から身を乗り出す程の熱い戦いで始まりました。

初日に何が起きたかは映像ダイジェストをチェック!

 


WCG 2013 2日目
2013年11月29日

13:30 UTC+8:グループステージ-グループステージの2日目は4試合同時にスタートしました。   Unity と  Panic は1:1 で引き分けたのに対し  Team Dignitas と  Team WUSA は3:0 と 2:0 で勝利のコマを進めました。会場が盛り上がってきたのは  EP.WOT と  [DN] Silly Ducks Revolution Revolutionが互いの対戦に備えて席に座った時でした。当然のことながら、観客は中国チームを応援する地元の人々がほとんどでした。試合全体が緊張感に溢れ、まぶたを閉じるのを忘れるほどでした。中国チームの圧倒的な応援にもかかわらず、日本チームはプレッシャーに負けず、TOP8の座を手にすることが出来ました。

 

グループステージを終えて、上位8チームを決定しました。

  • Unity (グループ A)
  • Team Dignitas (グループA)
  • mousesports (グループ B)
  • Fulcrum Gaming (グループ B)
  • IMMORTALS (グループ C)
  • Arete (グループ C)
  • Team WUSA (グループ D)
  • [DN]Silly Ducks Revolution (グループ D)

18:00 UTC+8:準々決勝-ポーランドはトーナメントで優勝候補の1つであることは知られている為、ベトナムが準々決勝の最初の試合で、対戦した時、誰しもがポーランドの勝利を推測していました。

 

 

ポーランドはその優れた能力を発揮し、第二試合で2-0のスコアでベトナムチームを圧倒し、崖っぷちに追い込みました。その考えは間違いでした・・・。ベトナムチームは意外な形で試合をひっくり返し、ポーランドの手から準決勝の出場権を奪い驚異的な戦いで勝利しました。側で観戦していたオーストラリアのチームは彼らの仲間の勝利を記念して歓声を上げました。オーストラリアのチームの反応を見ると、彼らが代わりに勝ってくれた!と思ったと思います。

準々決勝第二試合、ドイツは準決勝に進むためにロシアを破り動揺を引き起こした。ロシアの勝利の道が閉ざされた事に衝撃が走り、オンライン上のロシアのコミュニティでは抗議が殺到した。 Team WUSA と  IMMORTALS が準決勝に進出しました。

IMMORTALS

 


WCG 2013 3日目
2013年11月30日

13:00 UTC+8: 準々決勝 - Team Dignitas (3:0) [DN] Silly Ducks Revolution

正式にアジアサーバー実装から半年足らずで、  [DN] Silly Ducks RevolutionはeSportsの舞台で自分自身の名前を切り開いてきました。彼らはウクライナとの3戦は引き分けでは許されない戦いでした。世界最高のチームの1つと言われたウクライナは全てオールスターキャストで望んできました。日本は準決勝で敗れたが大会全体で彼らのパフォーマンスは本当に優れていて、彼ら自身誇らしいものでした。このチームの能力は2012年のウラル大会以降大幅に向上しており、今年のWCGに大きな喜びを与えてくれました。

13:00 UTC+8: 準々決勝 - Arete (1:3) Fulcrum Gaming

米国に韓国が破れたことで準々決勝は決まり、  Fulcrum Gaming と  Team Dignitas 、  IMMORTALS と  Team WUSA による準決勝が行われる事になりました。

17:00 UTC+8: 準決勝 - IMMORTALS (1:3) Team WUSA

アジアサーバーの2チームがトーナメントのTOP8に残ったが、その1つは準決勝に残っています。ベトナムはチャンピオンシップタイトルを取ることができる最後のチャンスであったが、彼らの努力と決意にも関わらず3:1でドイツの勝利となり運命を決定付けられました。


 


WCG 2013 最終日
 2013年12月1日

11:00 UTC+8: 決勝 -   Germany と  Ukraineとの間で壮絶な決勝戦が開始されました。準決勝と同様に3試合に勝利することはチームはWCG2013のWorld of Tanksのチャンピオンとして戴冠されることを意味しています。

  • Round 1 勝者: Team WUSA
  • Round 2 勝者: 引き分け
  • Round 3 勝者: Team WUSA
  • Round 4 勝者: Team Dignitas
  • Round 5 勝者: Team Dignitas
  • Round 6 勝者: Team Dignitas

ドイツは初戦でウクライナに対し早期にリードを奪い、2試合目は引き分け、3試合目は最後の数分で決まりました。状況はウクライナにとって苦しかったが第4試合で見事な復活を遂げました。彼らの最初の勝利はチームにとって小さな勝利の希望の光りが差し、第5試合の勝利へと繋がりチャンピオンシップのタイトルを獲得しました。

最終結果  Team WUSA (2:3) Team Dignitas

13:00 UTC+8: 三位決定戦 - IMMORTALS (1:3) Fulcrum Gaming. 米国がトーナメントの三位となりました。

  • Round 1 勝者 - Fulcrum Gaming
  • Round 2 勝者 - IMMORTALS
  • Round 3 勝者- Fulcrum Gaming
  • Round 4 勝者- 引き分け 
  • Round 5 勝者 -   Fulcrum Gaming


[アジアの誇りを手に入れた, Team IMMORTALS!]


[3位勝者 - Team Fulcrum]

[バットマン大暴れ. Let's Hug!]

 


 

受賞&閉会式:

この素晴らしい体験を一緒に出来て感謝しています。 ではまた近々次の大会でお会いしましょう。- TanksAsia Masters Season 2!

閉じる