APAC リーグ: Top 4 チーム

素晴らしい 4 チームが揃いましたが、タイトルを獲得できるのは 1 チームだけです。一体この中のどのチームが APAC マスターズ の栄冠を手にするのでしょうか?今週土曜日の世紀の一戦に先駆け、キャスターたちに話を聞きました。下記でチェックしましょう!

  • Team Efficiency
  • PIFO
  • Caren Tiger
  • Naughty Kids

Samo: APACリーグに伴い、新メンバーとして元HorsemenエースのNone・Archon選手と、アジアトッププレイヤーのValheruを加えました。新しいメンバーを交えたチームにも関わらず、APACリーグ期間を通してまだ1敗しかしていません。確かに現状はチームとして良いコンディションにありますが、新メンバーとの連携が深まった時、本来の力を発揮するでしょう。

まだ成長の余地があるTeam Efficiencyが、マスターズファイナルまでにどう調整してくるか、目が離せません。

Samo: SEAリーグでは圧倒的な強さを見せ、全勝しているPIFO。リーグファイナルでも、ベテランチームであるLupinに5対1で勝利し、各メンバーの技術の高さだけで無く、チーム完成度の高さを見せつけました。チームとして非常に良いコンディションに仕上がっている事は間違いありません。

SEAリーグファイナルの対Lupin戦で見せた他の追随を許さない戦いをマスターズファイナルでも発揮できるか注目です。

Yamato_noob: 歴史と実績の両面で日本のトーナメントシーンを代表するトップチームCaren Tiger。リーダーのAki00v選手や、moudame、entertainer(yupa)選手などオフライン大会常連組を中心に、「自分たちの目指す理想形」を相手にぶつける力強い戦術と、それを可能にするトップレベルの実力を併せ持つ、まさに”王者”です。

また、近年ではチームの若返りも目指しており、春のリーグ戦では今・前シーズン加入の新戦力の活躍が目立ちました。中でも重戦車の得意なkirishima選手や、高機動戦車の得意な韓国人トリオ、hellkurai、halien、V1CETONE選手の連携力は必見です。

Yamato_noob: Naughty Kidsはこの数年で急成長を遂げるチームです。新興チームにも関わらず昨年9月の国内大会AWCで準優勝をすると、今回の予選であるJPNメジャーリーグ戦を堂々の1位で通過し、周囲を驚愕させました。

リーダーKid9N選手や、WGL解説でお馴染みkame選手を中心に相手戦術の研究に秀で、並外れた対応力で多様な戦略、プレイスタイルを使い分けるチームと言えます。

また、メンバーの若さは武器であり最大の特徴で、アジアトップクラスの個人技を誇るM4rm0t選手を始め、4DeN1N、mikan選手は成長の牽引役と言えましょう。

古参であり支柱であるArpK、Kyoshi2、Liser0n選手のBC25tトリオの引き続きの活躍と共に更なる高み、アジアの頂点を狙います。

APAC マスターズファイナルズ は日本時間 2018 年 06 月 30 日(土) 17:00 からライブ配信されます。お気に入りのチームを応援して ゴールド & ボーナスコード をゲットしましょう! 

閉じる