注意!
あなたが閲覧中のニュースアイテムは、古いウェブサイト形式です。一部のバージョンのブラウザにおいて表示に問題が生じる可能性があります。

閉じる

超大国日本Part 5: 兵器が題材のアニメやマンガのトレンド

 

もうすぐやってくるアップデート 8.10の主役は日本です!
そこで、兵器が題材のアニメやゲームの歴史について簡単に振り返ってみましょう!

世界中の多くの人々が、アニメを見たり、マンガを読むようになったら、日本が好きになるでしょう。アニメやマンガはどちらも画像ベースなので分かりやすく、全ての世代に受け入れられるポテンシャルがあります。また、カラフルなアニメは見ているものを魅了し、友人や家族と一緒に楽しんだり、話題となったりします。

アニメやマンガはエンターテインメントを超える場合があります。 多くの作品は教育的価値を持っていて深く考えさせられることがあります。
戦争が題材となっている"機動戦士ガンダム"のようなタイトルは第二次世界大戦後に生まれた人々に戦争のイメージを教えることができます。

日本の兵器や軍事を題材とした作品は時間とともに進化し、創造の幅を広げました。

最初のうちは現実的なストーリーが大流行しました

第二次世界大戦から1970年代初頭まで、退役軍人の実際の経験、実際の歴史的場所や兵器を題材として使っていました。その結果、歴史の教科書のアニメやマンガ版のようなものとなりました。多くの話は反戦争や反軍国主義を基に作られていました。

それら作品の多くはファンの間に少なからず影響を与え、それらの一部は多くのファン層を獲得し、有名な作品となりました。例えば、松本零士の"ザ・コックピット"のようなマンガは、ミリタリーファンの間で大人気となりました。この話は第二次世界大戦を中心題材とし、その当時の兵器や兵士のような要素に関連していました。"ザ・コックピット"は1993年にOVA(Original Video Animation)として出版され、そのビデオは未だによく見られています!

その後、SFの方が人気となりました

団塊の世代や社会が平和や社会的平等の理想を支持し始めたので、1970年代半ばから1990年初頭まで、戦争に関連した内容はクリエイターが出版するのが難しくなりました。アニメやマンガのクリエイターはすぐにSF(サイエンスフィクション)を題材とし始めました。戦争の題材はSFドラマ、メカ、ファンタジーのジャンルに織り交ぜて作られました。

よく知られている戦争を題材としたタイトルには"宇宙戦艦ヤマト"や"超時空要塞マクロス"などがありました。

萌えを作ろう!戦争ではなく!しかし・・・なぜ両方ではないのでしょうか?

過去20年間で、"萌え"(日本のスラング)要素はとても人気になりました。女性のメインキャラクターは戦争を題材としたストーリーで人気となり始め、これまで普通だった力が強くて筋肉質な男性に取って代わりました。"新世紀エヴァンゲリオン"のようなタイトルは、女の子と兵器という新しいカテゴリーの創造を先導することとなりました。

若い女の子が実際の兵器を使用したストーリーは、通常、"萌え"とミリタリーの両方のファンを引き付けます。例えば、"ストライクウィッチーズ"や"GIRLS und PANZER"といったタイトルです。

あなたの大好きな兵器を題材としたアニメは何ですか?フォーラムでアニメについてみんなで語りありましょう!

閉じる