注意!
あなたが閲覧中のニュースアイテムは、古いウェブサイト形式です。一部のバージョンのブラウザにおいて表示に問題が生じる可能性があります。

閉じる

日本技術ツリー登場決定!

2013年9月19日 — free-to-play MMOのデベロッパー及びパブリッシャーである Wargaming は、同社の高い評価を得ているアクションゲーム「World of Tanks」で、近々、日本の戦車が登場することを発表しました。

日本の戦車の導入によって、多数の有名な装甲車両の設計や技術革新を体感したり、プレイヤーは20世紀半ばの技術の進化を体験することができます。日本人技術者の実際の設計に基づいた戦車のモデルは、特定の戦闘目的に合わせた選択肢や本格的なアップグレード計画の幅広い選択肢をプレイヤーに提供します。

 

  - World of Tanks プロデューサー Mikhail Zhivets 氏のコメント

日本の技術ツリーは最初の段階では、Chi-Riの試作車両、日本で初めて戦争に投入されたType 61、軽戦車 Type 95 Ha-Go、中戦車 Chi-Haといった有名なモデルを含む、中戦車9両と軽戦車5両の2つのラインから構成されます。1950年代後半に開発されたType 64(ST-B)は、Tier 10の中戦車となります。

アメリカ、中国、フランス、イギリス、ドイツ、ソ連の既存の装甲車両に加えて、今後のアップデートで導入される日本の技術ツリーは、ゲームに導入される7番目の国家ツリーとなるでしょう。

 

 

閉じる