アップデート 9.22

1. ソ連技術ツリーの見直し

更新済み

華やかな「ホリデー作戦」をちょっと一休みして、ソ連技術ツリーの変更点に関する最新情報をご確認ください!アップデート 9.22 では、ソ連の不人気車輌群に手を加え、ツリー構造を見直すと共に、各種の新車輌を導入し、いくつかの復活もあります。

まずは、何故この変更を行うのかに関して、改めて簡潔にご紹介しておきましょう。ソ連の SU-100M1 ならびにこのラインの各駆逐戦車、およびソ連の後部砲塔式の中戦車は、戦闘において使用されることが少ない不人気車輌となっていました。これらの車輌では、プレイスタイルがやや複雑であるだけでなく、Tier が変わる毎にゲームプレイに大幅な変化が生じてしまっていました。不人気であるのも頷けるというものでしょう。これらの車輌を研究しようとするプレイヤーは少なく、戦闘で使用するプレイヤーはさらに少なかったのです。そこで、今回の技術ツリー見直しでは、これらの車輌を再び魅力的なものにすると共に、各ラインの構造とゲームプレイを一貫したものにすることを目指しています。そして今回のアップデートの最大の目玉は、Tier VIII–X に後部砲塔式の重戦車が加わり、新鮮なゲームプレイを楽しめるようになることです。

それでは、何が何故どのように変更されるのかを詳しく確認し、テスト開始に備えましょう。


中戦車

A-44 ラインは、Tier X に到達した際に戸惑うものとなっていました。Tier VII–IX において後部砲塔式の中戦車の利点・欠点をマスターした後には、Tier X においても同様のゲームプレイを期待することが自然と言えるのではないでしょうか。しかしながらこのラインの Tier X に君臨するのは、標準的な接近戦向けの中戦車であり、この事実が多くのフラストレーションを招き、このラインの人気を深刻に下げてしまっていました。このようなゲームプレイの大幅な変化は戸惑いを招くものであり、このラインを進める人が少ないというのは、やむを得ないことでしょう。

では、このラインが人気を得るために足りなかったものとは何でしょうか?最も不足していたものはく、恐らくは一貫性でしょう。そこでアップデート 9.22 では、このラインの Tier X 車輌だった Object 430 を Tier IX に格下げし、良好な装甲と高い単発ダメージを備えた強襲用中戦車のミニラインへと移動させます。

そして A-44 ラインの Tier X 車輌として、全く新たな車輌である Object 430U を加えます。

この小柄な新車輌は、素晴しい機動性と深く傾斜した装甲を備えており、敵の側背面へと容易に回り込んで高い単発ダメージを誇る主砲で撃破し、無傷のまま次の目標を狙うことができるのです。

Объект 430У = Object 430U

この新車輌は、後部砲塔式中戦車トリオにとって、まさに相応しい Tier X 車輌と言えるでしょう。頑丈な砲塔装甲というこのラインの特長を引き継いでおり、Object 430 Variant II からの正統進化として感じられるような車輌なのですから。

新たな重戦車ライン

ずいぶんと長きに渡って、後部砲塔式の Tier X 重戦車がある国家は、イギリスとドイツだけでした。一部のプレイヤーがこういった車輌を好み、他のプレイヤーはより標準的な車輌を好んでいますが、FV 215b、Pz.Kpfw. VII およびグローバルマップ褒賞の VK 72.01 (K) のことを冴えない車輌だと言う人は、ほとんどいませんでした。そしてアップデート 9.22 では、ソ連にも後部砲塔式の重戦車ラインが加わるのです。これらの新車輌はクラシックな IS の系譜のデザインであり、IS から分岐する別ラインとして Tier VIII–X に加わります。新鮮なゲームプレイをぜひお楽しみください。

菱形の車体前面装甲を敵に向けながら戦う IS-M、Object 705 および Object 705A は、ソ連のトレードマークである高い単発ダメージを備えており、その特長は照準パラメータによってやや相殺されています。しかしその最大の特徴はやはり、砲塔が後部に配置されているという点でしょう。装甲も強固で、機動性も重戦車としては堅実であり、そして強力な主砲を備えていますので、恐るべき戦闘力を発揮してくれるはずです。

ИС-М = IS-M

長所を活かしてプレイすれば、攻勢を支援したり、突破を試みてきた敵を効果的に撃破したりする上で有用な車輌であることがわかるはずです。そのゲームプレイは、Pz.Kpfw. VII と IS-7 を混ぜたような印象であり、この点においてはどの Tier の車輌でも同様です。火力も強力であり、Tier VIII では 122 mm 砲を、そして Tier X の Object 705A では、何と 152 mm 砲を搭載しています。

Объект 705А = Object 705A

俊敏かつ高い防御力を備える T-10 は人気車輌であり、臨機応変に戦況の変化に対応しつつ、破壊の限りを尽くす存在です。しかし、確かに素晴しい車輌ではあっても、堅牢な IS-3 と IS-7 の間の車輌としては相応しくありませんでしたので、本車を Object 257 へと置き換えることを決めました。しかし心配は無用です、T-10 を削除するわけではないのです。T-10 は長年にわたってその価値を充分以上に証明してきた車輌ですので、この T-10 は専用のミニラインへと移し、このミニラインの Tier X 車輌として、T-10 からの正統進化と言えるような新車輌をご用意させて頂く予定です。この新車輌は現在開発中であり、今後改めて発表予定ですのでお楽しみに。

駆逐戦車の副ライン

ここしばらく、この駆逐戦車ラインを再び魅力的なものにすべく試みてきました。アップデート 9.20 においては、単に車輌パラメータを調整することを試みましたが、しかし充分ではなかったようです。開発チームでは、この問題を完全に把握しており、このラインを中・近距離戦用の突破駆逐戦車ラインとして刷新する新たなソリューションを設計しました。

コンセプト

  • 優れた前進/後退性能と、中程度の機動性の組み合わせにより、要所を迅速に確保した上で、安全に退避できるようにする。
  • 敵弾に耐えることが可能な良好な前面装甲を備える一方で、側面装甲および前面下部装甲については脆弱なものとする。
  • 平均的な単発ダメージと長めの装填時間を、優秀な機動性と防御力で補う。
  • 射撃精度と照準時間を調整し、短・中距離では有効であるものの、長距離においては有効性が低いようにする。
  • 歴史的な設計に基づき、仰角については劣悪とする。

このコンセプトに基づき、構造的およびバランス上の調整を施しました。まず Object 263 については Tier を 1 段階下げ、その単発ダメージと装甲によって堅実に貢献できるようにしました。次いで、Tier X に相応しい車輌をデザインする必要がありましたので、Object 268 Variant 4 を選定しました。本車はこのラインの特長である速力、装甲、良好な主砲を引き継ぐ車輌ですが、主砲口径が 130 mm を超えている点と、オープントップではない点が下位 Tier の車輌とは異なっており、その単発ダメージは 650 を誇ります。

そして Object 263 と Object 268 Variant 4 は、テストにおいて素晴しい結果を示してくれました。これらの車輌の防御力はまさに素晴しく、突破用駆逐戦車として活躍できる車輌であることが証明されたのです。これらの車輌は高速であり、平均的な単発ダメージの主砲を備え、分間ダメージ (DPM) は駆逐戦車としては控え目です。しかしながら、Object 263 を Tier IX へと格下げすることに対しては強い反対意見もありましたので、それを無視するわけにはいきませんでした。そこで、初期の結果を検証するため、この 2 両についての追加テストを実施しました。その結果、Object 263 についてはこれ以上の変更を加えないことに決め、Object 268 Variant 4 については、単発ダメージを 750 から 650 に引き下げることで、Tier VIII と Tier X の間で単発ダメージと装填時間に過大な差が生じないようにしました。

Объект 268 Вариант 4 = Object 268 Variant 4

最後の、恐らくは最もややこしい課題は、中 Tier 車輌群を中・近距離戦用の突破駆逐戦車としてのゲームプレイに最適化することでした。SU-122-54 は、標準的な主砲配置であるため、このラインのコンセプトからは外れた車輌でした。しかしここにはジレンマがありました。この車輌は、ゲームプレイの点においては相応しくないものの、歴史的な視点においては価値ある車輌だったのです。そこで暫定的なソリューションとして、本車を Tier VIII に格下げし、この Tier においてなら残す価値があるかどうかを確認することを試みました。しかしながら残念なことに、Tier VIII ですら敵弾に耐えるには不充分であり、ゲームプレイの点でもあまりにも隔たりが大きい、ということがわかっただけでした。このような明確な理由から、SU-122-54 は削除し、このラインを後部砲塔/戦闘室方式の駆逐戦車で統一することを決定しました。

その後改めて実施したスーパーテストの結果として、このラインのためにデザインしたこのコンセプトが、これらの駆逐戦車をより望ましい状態に変化させ、以前にはなかった特徴的な個性を与えることができている、ということが確認できました。良好な装甲を備えつつも高速であり、高めの単発ダメージを有するこれらの車輌は、戦線突破用車輌として活躍し、楽しいゲーム体験を提供してくれるはずです。しかしながらこれは現段階においては、スーパーテストで得られたデータから推定された仮説に過ぎません。私たちは、この仮説が正しいかどうかを確認するため、これらの車輌を多くの皆さまにテストして頂きたいと思っています。その上で、さらなる調整が必要かどうかを判断し、皆さまと協力しつつ最良の結果を目指していきたいと考えています。

2. 新たな Tier X 中戦車: Object 430U

更新済み

Object の刷新

Object 430 は、常に適切な Tier X 中戦車であり続けて来ました。本車は、遠距離狙撃や中距離からの支援よりは接近戦を好むプレイヤーにとって、必要な特徴を備えていたのですから。

しかしながらこの Object 430 は、プレイヤーの間では T-62A および Object 140 ほどの人気を得ることは決してありませんでした。Object 430 のスペックは、これらの「兄貴」分の車輌にとても似通っており、これらの高名な車輌のコピーに過ぎない、という印象が強かったのです。さらには、本車に到達するためには、その途上に若干数の後部砲塔式の車輌が含まれており、そのプレイスタイルは本車とは全く異なっていたため、本車に到達した後には、Tier VII–IX における経験を全く活かせなかったのです。

本車は素晴しい主砲、機動性、視認範囲を備えているため、接近戦用としては今でも良い選択肢であると言えるでしょう。装甲も中戦車としては妥当なものでしたが、プレイして楽しい車輌として人気を得るには重要な要素が欠けていました。その要素とは、個性です。その結果として、戦場においてあまり見られない車輌となってしまっていました。

そこで、次のような見直しを加えることにしました。

まず、430 については伝統的なレイアウトの中戦車ラインの Tier IX に移し、T-44 の後継車輌となります。そして、この T-44 は強力な 122 mm 砲を備えているため、アップデート 9.22 以降、この T-44 は、恐るべき単発ダメージを誇る強襲用中戦車ラインという、新たなラインの起点となります。

これらの変更を加えた上で、A-44 ラインについては、現段階では Tier X 車輌を含まないラインとして維持されます。新たな Tier X 車輌として検討中のオプションはあるのですが、この車輌がこの役割に充分に相応しいものかどうかを確かめる必要がありますので、この候補を正式に認可するかどうかを決めるために、ある程度のテストを実施することになります。ですので、A-44 ラインの Tier X 車輌を目指すつもりであるなら、技術ツリーへの実装に備え、Object 430 II で溜めた EXP を温存しておくと良いかも知れません。一方で、9.22 のリリース前に 430 を入手しておけば、430U をより早く入手することができます。

コンテンツは、より幅が広いブラウザウィンドウに最適化されています
OBJECT 430U
X
平均ダメージ
440/440/530 HP
砲塔装甲
300/195/65 mm
分間平均ダメージ
2,587 HP/分
搭乗員
車長 (無線手) / 装填手 / 砲手 / 操縦手
主砲
平均ダメージ
440/440/530 HP
平均貫通力
252/340/68 mm
100 m での着弾分布
0.4 m
照準速度
2.3 秒
分間平均ダメージ
2,587 HP/分
射撃速度
5.88 発/分
主砲俯/仰角
-5°/+18°
砲塔
砲塔旋回速度
38 度/秒
通信範囲
730 m
視認範囲
400 m
車体
HP
2,000 HP
最大積載量
45 t
総弾数
50 個
機動性
エンジン出力
600 馬力
出力重量比
14.29 馬力/t
旋回速度
52 度/秒
最大速度 / 後退速度
50/18 km/h
各点にマウスオーバーして車輌の詳細情報を確認

これが街の新たな保安官となる車輌です。そのスペックは?

火力

以前ご紹介したとおり、主な目標は、このラインを強襲用車輌のラインとすることです。これを実現するために、430 および 430U の両方に 122 mm 砲が加えられます。従って、戦闘中に 430U と遭遇した場合には、122 mm 砲による痛打に備えましょう。この砲は、440 という恐るべき単発ダメージを誇ります。この点は中戦車小隊においては特に有効ですので、ぜひ本車を加えた小隊を組んでみてください。ただし、避けられない欠点として、装填時間がかなり長めとなっています。この点はソ連中戦車としては異例かもしれませんが、その単発火力の代償としては公平な欠点と言えるでしょう。

装甲

車体正面上部装甲の実効装甲厚は、320 mm に達します。砲塔の「前頭部」はさらに強固であり、最大 380 mm を誇ります。もちろん、各所にはハッチもありますが、ハッチもまた重装甲ですので、巧みな位置取りを心掛けて、攻撃することができればチームに大きく貢献することができるはずです。敵の駆逐戦車または重戦車と対峙する際には慎重さが求められます (特に、正面下部装甲の実効装甲厚は 180 mm に過ぎません) が、中戦車同士の対決においては、実に堂々と戦うことができます。そして、側面装甲が 60 mm ある点も見逃せません。車体側面を浅い角度で晒せば、敵を惑わせることができるはずです。

機動性

Object 430U の最大速度は 50 km/h であるため、最速クラスの中戦車であるとは言えません。しかしながら、最大速度は平凡であっても、良好な加速力を備えており、積極的に機動した際にも速度低下が小さくなっています。このダイナミクスにより、他の中戦車と連携して行動する上で不足のない機動性を発揮できることでしょう。そしてひとたび交戦に入れば、本車はその優れた機動性により、破壊のワルツをもたらすのです。

視認範囲

基本視認範囲は 400 m であり、最高クラスとは言えないものの、その単発火力を活かす上では充分なものであると言えるでしょう。この 430U は強襲用車輌ですので、接近戦の最中でこそ真価を発揮するのですから。

プレイ方法

機動性を活かし、単発火力と装甲の価値を最大限に引き出しましょう。

射撃精度は高くありませんので、それに頼るべきではありません。距離を詰め、弱点を狙える接近戦に持ち込んでから、大破壊をもたらすのです。

チームワークを心掛けましょう。本車の DPM (分間ダメージ) は低めであるため、同格中戦車との一騎打ちにおいてはこの点が問題となり得ます。チームメイト達と連携しつつ攻勢を先導してこそ、真価を発揮できます。

3. 市街地のクラッシャー: Object 705A 登場

更新済み

ソ連技術ツリーの Tier X 車輌は、その多くが似通ったプレイスタイルでした。しかし、アップデート 9.22 で登場する新車輌により、この状況に変化が生じます。本車は接近戦を得意とする重装甲のファイターであり、比較的伝統的な設計の車輌が多かったソ連技術ツリーの多様性を高める存在です。

昨年 12 月にスーパーテストが開始された Object 705A は、もうすぐ登場予定の新たなソ連重戦車ブランチの頂点に君臨する車輌です。このブランチは、IS-M (Tier VIII) から始まり、次いで Object 705 (Tier IX)、そして本車という構成となっています。これらのトリオが備えている最大の特徴は、後部砲塔式であるという点にあり、これはプレイスタイルのコアを決める要素と言えるでしょう。

この新たな重戦車ブランチには、常に定番車輌であり続けて来た IS から分岐しますので、今のうちから IS で経験値を蓄積しておくと良いでしょう。

繁栄する子孫

それでは、705A の話に戻りましょう。本車に類似している車輌はどれなのか、というのは難しい問題ですが、比較的公平な比較としては、IS 7 と Panzerkampfwagen VII (VII 号戦車) を組み合わせたような車輌である、と考えるのが良いかも知れません。

その形状を見れば、この 705A がソ連車輌であるということは容易に判ります。その車体は、IS-4 に類似しているのですから。しかし、見るべき特徴は、やはり砲塔です。

このような大型車輌には、素晴しい特徴が隠されているはずです。では、詳しく見ていきましょう。

各点にマウスオーバーして車輌の詳細を確認
 

火力

これこそが、Object 705A の最大の特徴のひとつです。152 mm 砲は、他の重戦車の主砲と比べてもまさに脅威的であり、650 という単発火力により敵を恐怖させます。ただしそれは、短・中距離 (最大でも 250 m) に限られます。本車がソ連車輌である、という点を忘れないでください。300 m 以上の距離では、命中率が極端に下がってしまいます。

重要なヒント: 接近し、しっかり狙うべし。

視認範囲

705A の場合には、こちらが敵を発見する前に、敵に発見されてしまう可能性が高いと言えます。本車は断じて狙撃用車輌ではありませんので、390 m という平凡な視認範囲は、必要充分であるはずです。もし狙撃することを選択した場合には、前線であなたの支援を待っている味方がいる、という点を忘れないようにしてください。

重要なヒント: 茂みの中で時間を浪費すべからず。

装甲

本車の装甲は、敵と正面から向き合った場合には極めて効果的です。Object 705A の車体前面上部装甲の実効装甲厚は 350 mm を誇りますので、大半の被弾に耐えることが可能です。もちろん、砲塔の装甲も素晴らしいものであり、その実効装甲厚は最低でも 330 mm、最大値は何と 580 mm という恐るべき値となっています。側面への回り込み攻撃を受けた場合には、サイドスカートがダメージを防ぐ上で役立ってくれますが、装甲厚が 100 mm に過ぎない部位もあります。

車体前面下部装甲は僅か 244 mm であり、Tier X で生き残るには必要最低限に過ぎないと言えるでしょう。遮蔽物の背後に隠れることが最良の選択肢ですが、完全に露出した状態で戦わざるを得ない場合には、前面の貫通を許さず、薄い側面装甲を晒しすぎないような角度で車体を傾けることを試みましょう。

重要なヒント: 重戦車に注力し、中戦車を考慮し、駆逐戦車は避けるべし。

機動性

本車の重量は約 100 t に達しますので、そのダイナミクスは素晴しいとは言えず、最大速度は 40 km/h です。Tier X 重戦車同士でドラッグレースを開催した場合には、本車は中程度の順位となりますし、それが戦闘におけるダイナミクスに関しても、本車の位置付けとなります。40 km/h という最大速度と、15 馬力/t という出力重量比があれば、マップ上の戦術地点に充分に素早く到達することができますし、別方面が危機に陥った際には、必要に応じて再配置することもできるはずです。

重要なヒント: 道を間違えたとしても、立て直せる余裕がある。

プレイ方法

本車でプレイする上では、砲塔、火力、射撃精度という 3 つの大きな要素があり、これによってプレイ方法が決まってきます:

  • 接近戦に持ち込め: 本車は、攻撃隊を先導すべき車輌のひとつです。分厚い傾斜装甲で被弾に耐え、味方のための射撃機会を作り出しましょう。
  • 市街地で真価を発揮: 本車は、市街地マップまたは混合マップにおいて真価を発揮します。砲塔により、380 mm 以上の装甲板で車体前部下部装甲を隠すことができるのですから。これを貫通することは困難を極めます。
  • 長距離戦は避けるべし: その装甲と速力を活かして敵に接近し、本車が得意とする距離において敵に痛打を与えましょう。

4. 接近戦を得意とする貨物列車: Object 268 v.4 をご紹介

更新済み

アップデート 9.22 のリリースに備えてお届けしてきた一連の紹介記事も、今回で最後となります。今回は、ソ連技術ツリーへの 3 両目の重要な追加車輌をご紹介します。

駆逐戦車の防衛的な特性は、攻撃隊に加わるタンカー達を常に警戒させてきました。駆逐戦車が各自の陣地近くのどこか安全な場所に陣取り、待ち構えていることが多いのですから。一方で Tortoise や T95 のような重装甲駆逐戦車も存在しており、それらの有効性もまた長年に渡って実証されてきました。

駆逐戦車のゲームプレイ・スペクトルを多様化させるため、ソ連駆逐戦車の刷新版ブランチを実装致します。そしてこの刷新版ブランチにおいては、これまでの駆逐戦車とは違ったプレイスタイルが求められるのです。

突撃せよ!

2018年02月13日(火) 以後、ソ連駆逐戦車は戦場において複数の役割を担うことができるようになります。そう、突破用駆逐戦車の刷新版ブランチが実装されるのです。このブランチは Tier VII SU-100M1 から始まり、その次には Tier VIII SU-101 が続きます。

次の Tier IX では、このブランチのバランスを整えるために重要なシフトが加えられます。従来のこのブランチにおける Tier X 車輌であった Object 263 を Tier IX に格下げし、Tier X には新車輌である Object 268 v.4 が加わるのです。

新たな中戦車ブランチおよび重戦車ブランチと同様に、この駆逐戦車ブランチでもまた、4 両全てが、主砲が後方に配置され、速力は良好ではあるものの旋回性能は低めで、強固な前面装甲を誇る、という共通の特徴を備えています。

必要だったシフト

263 は、当初は純然たる突破用車輌としてデザインされたものの、そのポテンシャルを完全に発揮するためには、いくつかの問題がありました。前面装甲の有効性が低いために接近戦には不向きであり、オープントップ方式であったために榴弾 (HE) に対して脆弱でした。しかしながら素晴しい貫通力を誇っていたために、遠方に控えて味方が発見・観測した敵を狙撃する、という運用方法が好まれる傾向がありました。

そこで、刷新版のこのブランチに合うようにスペックを見直した上で Tier IX へと格下げし、新たな Tier X 駆逐戦車のために席を空けることにしました。

同志をご紹介

Object 268 v.4 は、このブランチの特徴をまさに備えた車輌です。全体的に言って、集団攻撃で威力を発揮する車輌であり、しかしながらその一方で、孤立してしまえば容易に撃破されてしまう車輌でもあります。本車の主要な特徴は下記の通りです。

 

各点にマウスオーバーして車輌の詳細を確認
 

火力

本車の主砲は、開けた場所での戦いにおいては極めて効果的である一方で、長距離狙撃用として最適であるとは言えません。その貫通力は徹甲弾 (AP) で 293 mm、硬芯徹甲弾 (APCR) で 360 mm であり、単発ダメージは 650 ですので、純粋な火力においては中庸であると言えるでしょう。それでもなお、恐るべき火力であることは間違いありません。ただし、再装填には 17 秒を要しますので、1 発撃つ毎に遮蔽物に隠れる「ピーカブー」戦術が最適であると言えます。

重要なヒント: 再装填中には、安全を確保できているかどうかを確認せよ。

 

装甲

本車の装甲は、敵に接近する上で役立つ重要な特長のひとつです。車体上部装甲の実効装甲厚は 330 mm を超えており、戦闘室の装甲厚は 340 mm 程度です。しかし過信は禁物です。ハッチの装甲厚は 250 mm であり、正確な射撃を受ければ容易に貫通されてしまいます。このハッチを露出させないように試みましょう。

各点にマウスオーバーして装甲の詳細を確認
 

車体下部装甲については、別途説明が必要でしょう。車体下部装甲は 2 つの部位に分かれています。そのうちの上部は、基本的には要塞の壁であり、実効装甲厚 345 mm を誇ります。その一方で、下部は平凡な装甲板という程度であり、実効装甲厚は 240 mm です。従って、敵との距離が充分にある場合にはこの弱点が狙われやすいため、接近戦に持ち込むことで、砲俯角が悪い車輌がこの弱点を狙えないようにすることが望ましいと言えます。

重要なヒント: 常に接近戦を挑め。

 

機動性

本車は 50 km/h まで迅速に加速することが可能であり、中戦車に近いと言えるでしょう。しかしながら旋回性能が悪いため、高速走行時には極端に大きな旋回半径となりますので、まるで貨物列車のようである、と言えるかも知れません。従って、味方による支援が極めて重要と言えます。孤立してしまえば、敵の中戦車に容易に翻弄されてしまうことは間違いありません。

重要なヒント: 味方による支援がしっかりと得られる状況であることを確認せよ。

プレイ方法

全速前進せよ: チャンスがあればいつでも、本車のダイナミクスを長所として活かしましょう。本車の役割は、味方による援護を受けながら攻撃隊を先導することにあります。

1 対 1 の決闘は回避せよ: 1 対 1 の決闘においては、敗北する可能性が高いです。特に、敵の機動性が充分であった場合には、勝ち目はほぼありません。

弱点に留意せよ: 前面装甲の弱点は多くはありませんが、敵が熟練のタンカーであれば、チャンスを見逃してくれないはずです。積極的、かつスマートにプレイしましょう。

閉じる