アップデート 9.19.1

1. アップデート 9.19.1 リリース

更新済み

アップデート 9.19.1 を 2017年07月20日 に正式リリースする予定です。今回も多くの新要素や改良点を含んでおり、そのうちの多くが 9.18 のリリース後にお寄せ頂いたフィードバックを反映したものです。ここ数週間に渡り、マッチメイカーへの調整や、新たな初心者用チュートリアル、パーソナルミッションへの細かな変更に関してご紹介してきました。正式リリースを直前に控えた今、今一度これらをおさらいしていきましょう。

サーバーメンテナンス

アップデートのリリースに伴い、日本時間 2017年07月20日 (木) 04:00 - 09:30 にかけてサーバーメンテナンスを実施致します。加えて、グローバルマップの 24 時間凍結、クランポータルの一時利用停止、拠点戦モードの試合キャンセルが実施されます。 

プレミアムアカウントとお支払いに関して

プレミアムアカウントをご利用中の方には、メンテナンス時間への補填としてプレミアムアカウント 24 時間が追加付与されます。またゲーム内アイテムの購入は、サーバーが再起動するまで一時利用停止となります。予めご了承ください。


各要素の詳細に関しては、下記の画像をクリックしてください。

変更点

マッチメイカー

9.18 のリリースから 2 ヶ月が経過した今、皆様からのフィードバックと収集したデータを分析した上で、マッチメイカーに改良を加えます。自走砲による小隊参加を禁止して以後、多くの混乱を招いてしまいました。今考えると、当時その理由をもっとしっかりと説明すべきだったと思っております。この制限は、自走砲の包括的な変更が全体的な体験にどう影響するかを、よりしっかりと判断するための暫定的な処置でした。そしてデータを分析した上で、この度自走砲を 1 小隊あたり 1 両までを上限として小隊への復帰が決定いたしました。

アップデート 9.19.1 では、チームリストの表示方法の整理と、車輌タイプ別のバランス調整の改良も実施します。マッチメイカーは今後、各 Tier 毎の駆逐戦車、軽戦車、自走砲、小隊の編成を、両チームでなるべく揃えれるようにマッチング調整するようになります。

今後もマッチメイキングのファインチューンに継続的に取り組んでいきますのでご期待ください。

パーソナルミッション

マッチメイカーの刷新および自走砲の見直しに伴い、一部のパーソナルミッションの難易度が極端に高くなってしまっていました。そこで開発チームでは、皆様からのご意見を参考にして、各ミッションの達成条件を、その時点でのプレイスキルによりよく合ったものになるように調整しました。この問題を指摘して頂き、そしてその修正にご協力頂き、誠にありがとうございました!

マッチメイク・システムは、まだまだ完成にはほど遠く、初心者用チュートリアルについても、さらに改良を進めていく予定です。ぜひ 9.19.1 をプレイし、フォーラムでご意見やご提案をシェアして頂ければ幸いです。皆様からのフィードバックは、私たちがゲーム体験を改良していく上で極めて重要です。どうぞ、よろしくお願いいたします!

アップデート 9.19 パッチノート

展開
  • ポーランドの国家属性が追加されます:
    - 車輌パネルフィルターにポーランドを追加
    - ランクと個人データを持つポーランド搭乗員(男性搭乗員音声のみ)
    - ポーランド迷彩パターン、勲章、銘刻
    - ポーランドプレミアム消耗品: パンとスマレッツ
  • ポーランドは技術ツリーには追加されません
  • 装甲貫通インジケーターのメカニクスを変更しました
  • 拠点戦モードの進撃戦における戦闘ルームの司令官が、戦闘開始前に戦略をミニマップに送付可能になりました。戦闘ルーム内のすべてのプレイヤーはその指示を見ることができます。また、マッチメイキングが特定のTier内で行われるようになりました。軽戦車、駆逐戦車、自走砲の数に関するミスマッチと、各特定 Tier の小隊は減少します。
  • 自走砲の小隊参加が可能になりました (各小隊につき自走砲 1 両の制限あり)。
  • チーム表の車輌表示順 (特定の Tier のみ) がタイプ別に変更されました。新しい表示順は: 重戦車、中戦車、駆逐戦車、軽戦車、自走砲の順です。タイプ内では車輌はアルファベット順にソートされます。
  • 中国語の吹き替えを、方言を含んだ新しい吹き替えに変更しました。
  • ソ連女性搭乗員の吹き替えを更新しました (セリフは同じ)。
  • プレイヤーの要望に応じ、女性搭乗員の無線を通しての吹き替えを変更し、クリアでアクセントのある音声になりました。
  • エスケープキーを押すことで表示されるメニューのビジュアルを更新しました。

自走砲車輌タイプへの変更点

  • 自走砲を小隊へ招待できるようになります (各小隊につき自走砲 1 両の制限あり)
  • 自チームの自走砲の照準エリアを表示するマーカーが追加されました。
  • 自チームの自走砲が車輌に与えたスタンダメージは優等マークとしてカウントされていますが、今後このダメージは、敵車輌撃破、発見、敵ダメージへの与ダメージに追加されます。
  • ゴア勲章獲得の条件を変更しました:
    • 獲得に必要な与ダメージの下限2,000 を追加
    • 獲得に必要な与ダメージの上限を減少: 自車輌の HP の 8 倍を超える与ダメージを達成する (変更前は 10 倍)。
  • 戦闘結果画面のタブにおいて、戦績バッジと総スタンダメージ量を確認できるオプションが追加されました。
  • 弾道視点モードのカメラ設定を変更し、小さな凸凹への感度を減少しました。
  • 敵車輌にスタンダメージを与えた時の取得 EXP とクレジット量が 20 % 増加しました。

 

パーソナルミッションへの変更点

LT-7: 自走砲ハンター Tier IV:

  • 自走砲3 両を発見し、ダメージを与え、最低 1 両の敵自走砲を撃破する

MT-7: 奇襲 全 Tier:

  • 最低 1 両の敵自走砲にダメージを与える
  • 敵自走砲を最低 1 両撃破する
  • 最低 2 両の敵自走砲にダメージを与え、最低 1 両の敵自走砲を撃破する
  • 最低 3 両の敵自走砲にダメージを与え、最低 1 両の敵自走砲を撃破する

MT-8: 対立 全 Tier:

  • 最低 3 両の敵中戦車を撃破する

MT-9: 好敵手 全 Tier:

  • 敵重戦車に最低 500 ダメージを与え、最低 1 両の敵重戦車を撃破する
  • 敵重戦車に最低 1000 ダメージを与え、最低 1 両の敵重戦車を撃破する
  • 敵重戦車に最低 1500 ダメージを与え、最低 2 両の敵重戦車を撃破する
  • 敵重戦車に最低 2000 ダメージを与え、最低 2 両の敵重戦車を撃破する

HT-6: 2 種類のメインディッシュ 全 Tier:

  • 中戦車と重戦車の合計で、最低 2 両の敵車輌を撃破する
  • 中戦車と重戦車の合計で、最低 2 両の敵車輌を撃破する( Tier以上)
  • 中戦車と重戦車の合計で、最低 3 両の敵車輌を撃破する
  • 中戦車と重戦車の合計で、最低 4 両の敵車輌を撃破する

 

特定車輌への技術的な変更

  • 中国:
  • 技術的な変更点:

121: 122mm 60-122T 砲の俯角を -3.5 度から -5 度へ変更

113: 122mm 60-122TG 砲の俯角を -5 度から -7 度へ変更 (砲塔が側部を向いている場合)

中国技術ツリーに Tier X の新規車輌 WZ-111-5A 重戦車を追加いたしました。WZ-111-4 から研究できます。

 

  • スーパーテスタ―用に以下車輌を追加いたしました:
  • AMX Canon d'assaut 105 (フランス)
  • STG (ソ連)

 

HDクオリティアップ

車輌のデザインをHDにクオリティアップさせるにあたり再調整:

  1. SU-8
  2. SU-26
  3. M3 Light
  4. M4A3E8 Sherman
  5. M36 Jackson
  6. AMX 13 F3 AM
  7. AMX 105 AM mle. 47
  8. AMX 105 AM mle. 50
  9. Lorraine 39L AM
  10. Pz.Kpfw. IV hydrostat.
  11. D1
  12. Universal Carrier 2-pdr
  13. Churchill Gun Carrier

 

不具合修正:

  • 達成時に表示される称賛に女性搭乗員のアイコンが表示されなかった不具合を修正
  • 車輌性能比較機能のリセットボタンが正しく動作しなかった不具合を修正
  • ミッション対象車輌として、一部ミッション対象外の車輌が表示されていた不具合を修正
  • 複数のモニターを使用している際に、フルスクリーンモードへの切り替えが正しく行われなかった不具合を修正
  • ガレージメニュー内でのチャットウィンドウサイズが調整できなかった不具合を修正
  • 搭乗員パーク「戦友」、拡張パーツ「改良型換気装置」、および各国家の食料系消耗品アイテムが未習得状態の搭乗員スキル「カモフラージュ」の効果にボーナスを与えていた不具合を修正
  • 称号「シナイのライオン」に関する説明文を修正
  • 報酬を受け取った際に、搭乗員採用ウィンドウが閉じれなくなった不具合を修正
  • 一部の環境で搭乗員熟練度が 100% まで訓練できなかった不具合を修正

改良点:

  • 搭乗員を速成コース・軍士学校を用いて別車輌に再訓練した場合、未使用分の EXP の一部が使用されることに関する説明を追加
  • ゲーム内アイテムを売却する際に、現段階で価格割引が適用されている場合、その値に基づいた売却価格が算出されることに関する説明を追加

  • 搭乗員復元申請ウィンドウに、復元の有効期限が関する表示を追加

  • 「マスタリーバッジ: エース戦車兵」の取得数を任務記録タブで閲覧できる機能を追加
  • 車輌比較画面と車輌プレビュー画面の切り替え時に指定の設定が適用される機能を追加
たたむ

2. 9.19.1 でのマッチメイクおよび今後の開発予定

更新済み

アップデート 9.18 における様々な変更点において、最大の課題であり最も複雑な要素だったものはマッチメイクでした。今後もこの要素を注意深く検討し、ファインチューンを加えていきます。根本的なシステム改良を実装した後、皆様からのフィードバックと、膨大なデータの収集・分析の組み合わせにより、改良すべき点の検討を続けてきました。この記事では、刷新版のマッチメイカーの効果、9.19.1 およびそれ以降での調整点について説明します。
さあ始めましょう!

実装済みの変更点

皆様のフィードバックから、長期的な改善点の洗い出しや、短期的に対応可能な改良点の実装を行いました。もちろん、2 ヶ月という期間は、全ての変更点を的確に処理し、肯定的な傾向や継続的に向上させる範囲を定め、個々の課題に対して対応計画を立案する上ではとても十分とは言えませんが、我々は、全てのステップにおいて皆様と共にあり、このニュース記事もそのためのものです。
刷新版のマッチメイカーに関する数百ページもの議論やフィードバックを確認した結果として、テンプレート・ベースのアルゴリズムが、マッチング所要時間とマッチング品質のバランスを取る上で、うまく機能していることを確信できました。3/5/7 戦においてリストのトップとなったプレイヤーには必ず、そのチームの要としてチームを勝利へと導く本当のチャンスが与えられます。これは困難な挑戦ですが、それに見合った見返りを得ることができるのです。今では、カウントダウン中にパワーバランスと状況を分析することが以前に比べてずっと容易になりました。つまり、戦闘が始まる前に、敵の動きを予測して戦術を立てることがやりやすくなったということです。最後に、多数の皆様から、多くのマップにおいてゲームプレイが変化してさらなるスリルが生まれ、お馴染みの戦場を見直し、新たな戦術を考案する上で良い機会になっている、というご報告を頂いています。

3/5/7 テンプレートは、全てのプレイヤーに対し、戦闘において貢献できるチャンスを提供することが役目です。そして、チームのトップ、ミドル、ボトムのどの位置に配置されたとしても、敵チームにも常に同等の車輌が存在することになります。皆様は、Tier VIII 車輌で出撃し、多くの Tier X 車輌を相手に戦う、という好ましいとは言えなかったシナリオのことを覚えていることでしょう。しかし今日ではどうでしょうか。トップ Tier 車輌の数が少数に限定されるようになり、ミドルはトップよりは多いもののボトムよりは少なく、ボトムが常に最多になるようになりました。そしてこれは両チームにおいて同様です。これにより、Tier が上の相手に無理矢理立ち向かう必要はなくなりました。 

9.19.1 での変更点

自走砲が 1 小隊につき 1 両までという制限と共に小隊に復帰: 9.18 においては、自走砲は小隊を作成することも小隊に参加することもできなくなりました。この制限は、スタンを含む自走砲の包括的な変更の影響をよりよく見極めるための暫定的な制限でした。この制限に関する批判と収集したメタデータにより、この件の再検討は決定されました。その上で、全て自走砲という好ましいとは言えない小隊編成を回避しつつ、自走砲を小隊に復帰させるため、1 小隊につき 1 両までという制限を加えた上で復帰させることにしました。

新しいマッチメイカーは車輌タイプと小隊内の戦闘 Tier によってチーム編成のバランスを取ります:  9.18 のリリース前からリリース後 1 ヶ月までにほとんどの皆様が経験してきたシナリオについて考えてみましょう。例えば、一方のチームの偵察車輌が Tier X 車輌 1 両であるのに対し、もう一方のチームの偵察車輌は Tier VIII 車輌 1 両、といったケースが発生していましたが、 9.19.1 においてはこういったケースは発生しなくなります。9.19.1 のリリースに伴い、マッチメイカーが、各 Tier 毎に車輌タイプと小隊のバランスを取るようになります。すなわち、マッチメイカーは各戦において、Tier 毎の駆逐戦車、軽戦車、自走砲の数が、両チームで近い数になるようにすることを試みます。例えば、一方のチームのトップに駆逐戦車が 1 両、ミドルに軽戦車が 2 両、ボトムに自走砲が 1 両存在する場合、もう一方のチームについても、これと同様になるようにチームを編成しようとします。ただし、いつも通り、厳密に一致させようと試みると待機時間が長くなり過ぎる場合には、制限を緩めることで待機時間の短縮を図ります。

その他の改良点:  大きな問題点の修正と併せ、チームリストを再構成し、対戦相手の編成を把握しやすくして、戦闘計画を検討する上でより役立つようにすることにも時間を割きました。その結果として、チームリストのトップ、ミドル、ボトム内でのソート順を車輌タイプ順にし、同じタイプの車輌については名称順でソートするようにしました。順番は次の通りです:

  • 車輌タイプ: 重戦車 → 中戦車 → 駆逐戦車 → 軽戦車 → 自走砲
  • 名称: 数字 → ラテン・アルファベット → キリル文字

今後の開発予定

私たちは、真にフェアで、バランスが良く、誰もが楽しめるエキサイティングな体験を構築することを目指しています。そしてこれは、私たちのオフィスの誰かが思い付きでホワイトボードに書いた言葉ではなく、様々な決断をする上で常に心掛けていることです。私たちは皆様にご満足頂けるまで、このミッションを継続していきます。そして今後の開発の中で、マッチメイカーに新たなルールやロジック、制限を加え、改良を図っていきます。それらの変更は全て両チームが勝利できるチャンスを平等にし、決断や戦術、戦略が勝敗のキーポイントになることを目的としています。

今後は、車輌タイプ別のバランスを取り、車輌タイプの差により一方のチームが有利になることがないようにするために開発を進めていきます。ここでの目標は、全ての戦闘において、マッチメイクが勝敗を分けることがないようにすることです。

他にもいくつかの課題があり、マッチング優遇の見直しもこれに含まれています。誰の体験も損なわないようにしつつ、各課題の解決を図っていくため、プレイヤーの皆様と連携しつつ進めていきたいと考えています。なお、これらについては、具体的な期限を定めずに検討を進めています。具体的な変更内容とタイミングについては、これらの変更点のテスト準備が整い次第、ご案内させて頂きます。マッチメイクの修正は、開発チームにとって大規模かつ困難なクエストですが、私たちと共にこのクエストに挑み続けてきてくれた皆様に、改めて感謝致します

3. アッデート 9.19.1: 公開テスト

更新済み

アップデート 9.19.1 の公開テストを日本時間 2017年06月22日(木) 19:00 に開始します。今回も数多くの改良点や新要素が含まれます。各種の変更点について、正式リリースに備えた仕上げ作業にご協力頂ければ幸いです。

今回のアップデートでは、9.18 リリース以後の皆様からのフィードバックを反映し、主としてゲームのコア部分のファインチューンに注力しました。また今回のアップデートでは、新規プレイヤーの皆様へ向けた新しい訓練プログラムを実装しました。加えて、13 両の車輌モデルをのHD 化も行いました。それではご紹介いたしましょう!

マッチメイク・システム

小隊: 9.18 においては、自走砲は小隊を作成することも参加することもできなくなりました。この制限は、自走砲の包括的な変更の影響をよりよく見極めるための暫定的な制限でした。9.18 の正式リリース以後、この変更に関する多くのフィードバックをお寄せ頂きました。そしてデータを分析した結果として、1 小隊あたり1 両を上限として、自走砲を小隊に復帰させることを決定しました。

車輌タイプ: 両チームの車輌タイプ構成が大きく異なるケースがあるというのが、マッチメイカーが抱えてきた最も大きな問題点のひとつでした。この問題は、1 回の変更でまとめて解消できるものではなかったため、段階的に対策を取り入れる形となりました。アップデート 9.18 においては、チーム編成の際の検討項目として駆逐戦車の数を取り入れたことにより、バランスが悪いマッチメイクの発生頻度を大幅に引き下げることができました。これにより両チームでの自走砲、軽戦車、駆逐戦車の数差が最大でも 1 両となり、フィードバックの大半は、これを評価する内容でした。

しかしながら、問題を完全に解決できたわけではありません。例えば、一方のチームの偵察車輌が Tier X 車輌 1 両であるのに対し、もう一方のチームの偵察車輌は Tier VIII 車輌 1 両、というケースが発生していましたが、これはフェアな条件とは言えないものでした。そこで、9.19.1 においては、両チームの車輌タイプおよび小隊を Tier 毎に揃えるように試みる新たなロジックを導入することで、この問題の解決を図りました。すなわち、マッチメイカーは各戦闘において、Tier 毎の駆逐戦車、軽戦車、自走砲の数が、両チームで近い数になるよう試みます。例えば、一方のチームの Tier トップに駆逐戦車が 1 両、Tier ミドルに軽戦車が 2 両、Tier ボトムに自走砲が 1 両存在する場合、もう一方のチームについても、これと同様になるようにチームを編成しようとします。ただし、いつもと同じように、厳密に一致させようと試みた結果、待機時間が長くなり過ぎる場合には、制限を緩めることで待機時間の短縮を図ります。

チームリスト: チームリストは、戦闘を読み解き、マッチメイクを分析して戦術を練る上でより有用なものになるように、再構成されます。リストの最上位には重戦車が配置され、その後は中戦車、駆逐戦車、軽戦車、自走砲の順となります。同じ車輌タイプの車輌は、名称でソートされます。並び順は、数値が最初、次いでラテン・アルファベット、最後にキリル文字という順となります。

ブートキャンプ

新規プレイヤー向けの新たな訓練プログラムを実装します。これは段階的に導入予定であり、9.19.1 においては、その第 1 弾 「ブートキャンプ」を実装します。この訓練プログラムは今後も改良を続けていく予定です。

最初のステージにおいては、4 戦構成のチュートリアルをプレイすることで、このゲームのコア・メカニズムを学べるようになっています。各戦には異なるマップとシナリオが用意されており、ゲームプレイの基本と戦術を習得する上でのヒントを学べます。また、これらをスムーズに学べるように、このブートキャンプには、複雑なガレージ UI をステップ・バイ・ステップで学べるチュートリアルが含まれています。

このチュートリアルは、ガレージの機能を 一度に紹介する形になっており、新規プレイヤーが戦闘準備を整える上での手順を明確化します。まずは車輌の購入とアップグレード、操縦、射撃、装甲タイプ、重大な損害の扱い、搭乗員訓練、消耗品などの基本を紹介していきます。このプロセスを通じて、各プレイヤーの段階に応じて最も関連性が深い要素に関する詳細情報が提供されます。

訓練の最終段階ではフルスケールの 15 vs 15 戦が用意されています。この戦闘においては、自車輌と 14 両の Bot で編成されるチームに加わり、15 両の Bot で編成される敵チームと対戦します。これらの Bot は従来の Bot とは異なり、ブートキャンプのために開発された遙かに進化した AI です。

またこの訓練プログラムは、単なる学習の場ではなく、クレジット、EXP、拡張パーツ、消耗品、プレミアムアカウント期間を獲得できるようになっています。このプログラムは、新規プレイヤーがこのゲームを始めてから、最初の Tier X 車輌入手までの過程において役立つはずです。

注: ブートキャンプは新規プレイヤーだけではなく、熟練プレイヤーもご利用頂けます。ただし、訓練プログラムを通して付与される褒賞を獲得することができるのは、新規プレイヤーのみです。

パーソナルミッションの変更

アップデート 9.19.1 では、各種のパーソナルミッションが見直されます。刷新されたマッチメイカーの導入後、パーソナルミッションの達成難易度が上昇したため、皆様からのフィードバックを反映し、現状に合うよう達成条件を調整しました。この問題に関するご指摘をお寄せ頂きありがとうございました!

新たな HD モデル

最後に、9.19.1 においては、13 両の車輌モデルを新たに HD 化します:

もしまだ公開テストに未参加であれば、ぜひご参加頂き、私たちに9.19.1 に関するフィードバックをお寄せください。提案、批評、議論、フォーラムやソーシャルネットワーク等でのあらゆるやり取りを確認した上で、ゲーム体験を向上させるために活かしていきます。
皆様のご参加を心からお待ちしております。

公開テストへの参加方法: 

  • 公開テストの仕組み
  • テストクライアント
  • サーバー再起動
  • フィードバック

公開テストの仕組み

公開テストに関する詳細はこちらのガイドをご参照ください。

参加資格: 本テストは 2017年 6月 12日 (火) @ 04:59 UTC+8 以前にゲームに登録した方のみ、ご参加いただけます。

フィードバック: 本テストに関するフィードバックは公式フォーラムまでお寄せください。


テストクライアントのダウンロード

  1. テストクライアントインストーラーをダウンロードする (4.9 MB).
  2. 公開テスト用クライアントをインストールする際には、通常のゲームクライアントとは 別のフォルダ にインストールするようお願い致します。また、更新を適用する際には、通常版のゲームクライアントは終了させた状態で実行してください。
  3. ゲームラウンチャーを起動し、クライアントをアップデートしてください。既に以前のテスト用クライアントをインストールしている方も、ラウンチャーからアップデートできます。

サーバー再起動

以下の日程でサーバーの定期再起動を実施します:

  • 1 回目: 毎日 日本時間 13:00  おおよその時間: ~25分
  • 2 回目: 毎日 日本時間 14:00 おおよその時間: ~25分
  • 3 回目: 毎日 日本時間 18:00 おおよその時間: ~2分

公開テスト中に事前告知なく臨時メンテナンスが行われる可能性がございます。予めご了承下さい。

 


フィードバックは、専用のフォーラムスレッド にお寄せください。アップデート 9.19 に関する今後の情報もお楽しみに。


 

閉じる