アップデート 1.4.1

1. アップデート1.4.1公開テスト

更新済み

戦車長の皆さん!
厳しい寒さも和らぎ、新緑の萌える季節が近づいてきました。World of Tanksでも
アップデート1.4.1で新要素「ランダム褒賞」と、搭乗員のカスタマイズ要素「搭乗員スキン」が登場します。

それでは詳しく見ていきましょう。

ランダム褒賞

アップデート1.4.1でランダム褒賞を導入します。Tier VからXの車輛を使用した際に、一定の確率でランダム褒賞がもらえる仕様になっています。褒賞は戦闘で活躍したプレイヤーに対して付与されます。戦闘でより効果的な戦術を取り、またチーム内でより多くのEXPを取得することで、ランダム褒賞を取得できる確率が上がります。付与される可能性があったにも関わらず、惜しくもランダム褒賞を手に入れられなかった場合は、次回の戦闘でランダム褒賞が付与される確率が上がります。確率は、褒賞が付与されなかった戦闘ごとに上がります。

ランダム褒賞とは?

戦闘での活躍を讃えてランダムで付与される褒賞です。褒賞には次のアイテムが含まれます:

  • 消耗品
  • クレジット
  • ボンズ
  • その他

ランダム報酬の確率はガレージのアイコンで確認することができます。ドロップ確率はアイコンの色で表されます。ランダム褒賞がドロップすると、確率はリセットされます。

ご注意: ランダム褒賞のドロップ確率は、戦闘での活躍だけではなく、戦闘中の行為にも左右されます。戦闘中にルール違反をした場合は、ランダム褒賞ドロップ確率は上がりません。

ランダム褒賞には大と小のサイズがあります。ランダム褒賞の付与回数によって、サイズと内容が変わります。最初の4つの褒賞は比較的小さい褒賞が、5つ目の褒賞は内容もサイズもグレードアップします。

ご注意: ランダム褒賞は累積不可能です。また戦闘後に受け取った褒賞はすぐに開封されます。

ご注意: 本公開テストにおけるランダム褒賞の内容と頻度は確定しておりません。内容および頻度に関しては、アップデートをリリースした後に変更する可能性がございます。ランダム褒賞に関する皆様からのご意見とご提案をお待ちしております。

搭乗員スキン

次は新カスタマイズ要素搭乗員スキンを詳しく見てみましょう。[搭乗員スキン」を使うと、自車輛の搭乗員を別の人物にカスタマイズすることができます。例えば、史実上の人物や、個性的な容姿の架空の人物にカスタマイズして楽しむことができます。

まずは、今後のアップデートで3種類の「搭乗員スキン」が無料で付与されます。その他の搭乗員スキンはランダム褒賞から手に入れることができます。

ご注意: 架空のキャラクターは、車輛クラスや国家に制限なく、すべての搭乗員のカスタマイズに使用することができます。史実上のキャラクターを模した搭乗員スキンに関しては、使用できる搭乗員の国家や職能に制限があります。また、搭乗員スキンはランダム褒賞(大)のみから手に入れることができます。

各リージョンには、リージョンに特化した搭乗員スキンが用意されています。(搭乗員スキンのアバター、画像、名前は予め決められています)

また、同じ搭乗員スキンを複数の搭乗員に使用することはできません。使用中のスキンを別の搭乗員に付け替える場合は、一度スキンを取り外してから適用する必要があります。搭乗員スキンの適用と取り外しは無料で行うことができます。また未使用の登場スキンは「搭乗員詳細」から確認することができます。

搭乗員スキンの適用方法: スキンを適用する搭乗員の「搭乗員詳細」を開き、スキンを選択します。

戦車長、アップデート1.4.1の新機能のご感想・ご意見をお待ちしております!

設計図

ご注意: 新要素「設計図」の詳細は後日改めてご紹介させていただきます。

「設計図」はランダム褒賞から手に入れることができます。設計図を使うと、車輌研究に必要なEXPを減らすことができます。

研究したい車輌のTierレベルが高ければ高いほど、設計図の完成にはより多くの設計図ピースが必要となります。また設計図を完成させなくても、ピースを多く集めることで車輌研究に必要なEXPを減らすことができます。そして研究したい車輌の設計図のピースをすべて集め終わると、研究に必要なEXPがゼロになります。

ご注意: 「設計図」はランダム褒賞からのみ入手可能です。クレジット、ゴールド、もしくは通貨で購入することはできませんのでご注意ください。    

「設計図」のピースをすべて集めなくても車輌の研究は可能です。ただ、より多くのピースを集めると、より少ないEXPで車輌を研究することができます。

全ての国家のTier IIからX車輌の設計図はランダムでドロップします。そのため、すでに研究済みの車輌の設計図がドロップする可能性もあります。集めたピースは、設計図の完成度を示すバーで確認することができます。手に入れた設計図はバーの該当セクションに表示されるため、どの設計図が入手済みなのか確認することができます。  

すでに研究済みの車輌の設計図を手に入れた場合、もしくは完成済みの設計図車輌の設計図を再び手に入れた場合、その設計図は「国別」もしくは「汎用」設計図に変換されます。「国別」設計図は、その国家の研究可能車輌に流用することができます。例えば、フランスの「国別」設計図は、フランス技術ツリーの研究可能車輌に使用することができます。「汎用」設計図は、すべての国家のすべての研究可能車輌(Tier IIからX)に使用することができます。

ご注意: 変換可能なのは「国別」と「汎用」設計図のみです。特定の車輌の設計図を変換することはできませんのでご注意ください。
研究に必要なEXPがディスカウントされている車輌は、研究タブから確認することができます。

ご注意: 車輌の研究のみが対象です。モジュールの研究はディスカウントの対象ではありませんのでご注意ください。 

「設計図」の詳細は後日発表予定です。お楽しみに!

2. 搭乗員スキン登場!

更新済み

アップデート1.4.1で、搭乗員の容姿をカスタマイズできる新要素 搭乗員スキン」が実装されます!迷彩、スタイル、徽章、銘刻、デカールに加えて、搭乗員の外見も個性的にカスタマイズして戦場に繰り出しましょう。

選択できるスキンは、歴史上実在した人物から、架空の面白キャラまで多種多彩。
それでは、搭乗員スキンの一部をご紹介します!

重要:史実上の人物を模したスキンは、氏名、国家、性別が予め設定されています。架空の人物のスキンの個人データは、変更できるものもございます。
  • 実在した人物
  • 勇敢な戦車兵1
  • 勇敢な戦車兵2
  • エイプリル・フール

Pavel Rybalko

Pavel Rybalko(パーヴェル・ルイバルコ)は、第二次世界大戦時に戦車部隊および連合部隊を率いたソ連の司令官。ハリコフの戦い、クルスクの戦い、ベルリンの戦いを含む数多くの軍事作戦に参加しました。その功績から「ソ連邦英雄」の称号が2度与えられました。

Mikhail Katukov

Mikhail Katukov(ミハイル・カトゥコフ)は装甲部隊の元帥です。彼もまたその功績を讃えられて「ソ連邦英雄」の称号を2度贈られました。彼が率いた部隊は、モスクワの戦い、クルスクの戦い、ベルリンの戦いを初めとする二次大戦中の様々な重要な戦闘において決定的な役割を担いました。

George S. Patton

George S. Patton(ジョージ・パットン)は第二次大戦時の将軍のとして最も有名な人物の一人です。地中海戦線、連合軍によるシチリア島攻撃、ノルマンディーにおいてアメリカの部隊を指揮しました。タフな軍指導者として、部下に厳格な規律を求めました。

Charles de Gaulle

Charles de Gaulle(シャルル・ド・ゴール)は、早い時期から戦車戦を含む電撃作戦を推進したフランス陸軍軍人です。第二次世界大戦では降伏に抵抗し、ロンドンでレジスタンスと共闘しました。後に大統領に就任すると、その剛腕を発揮しました。

Vasily Chapayev

Vasily Chapaev(ヴァシリー・チャパエフ)は、赤軍の師団司令官として第一次世界大戦に出征しました。同師団で政治委員だったDmitry Furmanovが当時の体験をもとに小説「Chapaev(チャパーエフ)」を発表し、ロシアで一躍有名になりました。 彼は現在でもよく映画に登場します。

Oksana Shevchenko

Oksana Shevchenko(オクサナ・シェフチェンコ)は経験豊かな軍人の家庭に生まれ、父親と同じ軍人の道を歩むことを選びました。彼女は芯からの軍人です。

Oliver Murdoc

Oliver Murdoc(オリバー・マードック)については、あまり多くのことは知られていません。ただ過去に辛い経験をした彼は、その過去を捨て去りたいかのごとく戦車部隊に入隊しました。彼は自分の任務を確実に遂行する人間です。彼の過去には触れないでおきましょう。

Gabriel Lyman

優秀なジャズ音楽家であり、サックスの名奏者です。彼は軍人になるために全てを諦める決心をし、実際にその通りになりました。彼は終戦後に報酬を得ると、ショービジネスの世界に転身しました。

Emran Shankar

彼は軍人としての道を邁進すると、見事な栄進を果たしました。イギリスは軍人としての彼の潜在能力を開花させ、その功績に対して英領インド第二等勲章を授与しました。

Chester O'Brien

オーストラリアに派遣されたイギリスの技師であり、センチネル (Sentinel) 戦車の製造において現地の専門家達を指導しました。 戦車の生産中止後は、ブリスベンに安住しました。

Konrad Wittmayer

寡黙で厳格、かつ冷酷。興味は自分の任務のみ。戦友達は彼を尊敬してはいましたが、彼の非人間的なほどに冷徹な性格を思うと身震いがしたと言います。絶対的に敵に回したくない相手です。

Wilhelm Berghoff

古風なドイツ士官で、経験豊かでよく訓練されており、与えられた任務をこなす上で申し分ない実力者です。北欧風の気質で、冷静であり、独身です。信用を疑われるような情報はありません。

Christophe Lamber

第一次大戦中にサン・シャモン (Saint-Chamond) 突撃戦車の車長を務めました。参加した戦闘のひとつにおいて敵の砲撃により自車輌が損傷し、Lambert は搭乗員に脱出を命じましたが、「1人だけなら生き残れる」と言って自分自身の脱出は拒みました。

Audrey Dupont

マルセイユに生まれたAudrey(オードリー)はフランスレジスタンスに加わり、フランスが侵略された際には戦車部隊に配属されました。 彼女は接近戦用の斧を携行しており、これが敵の攻撃を思いとどまらせました。

Hideo Tanaka

彼は武士道の原則を知っており、その教えに忠実に従いました。彼の理性的な拘りは、戦友達にとってはやや奇妙に思えましたが、彼が最も誠実で信頼できる軍人である、と言う点には誰もが同意していました。

Josef Svejk

「誰もが賢くなれるわけじゃないですよ。愚かな人々だって存在すべきなんですよ。だってさ、誰もが賢かったらね、世の中に良識が溢れ過ぎてさ、誰もが良識に固執して行動するという妙な世界になっちまうんじゃないですかね。」

Tzinedi Tzidane

軍に入る前はプロのフットボール選手であったため、よく訓練されており、スタミナが豊富です。真のチームプレイヤーであると言えます。

Grzegorz Brzęczyszczykiewicz

彼はChrząszczyżewoszyce(Łękołody 地域)のポーランド砲術学校を卒業した後、運命のいたずらによって装甲部隊に入隊しました。

Björn Ragnarsson

真の北欧人であり、不屈で粘り強く、献身的です。彼は海洋冒険 (特にイギリス沿岸)を心から愛していたため、スウェーデン海軍に加わることを夢見ていました。

Alessandro Lotti

彼は極めて厳格で禁欲的な躾を受けていました。幼少期から究極の規律の中で生きてきた彼にとって、軍隊は相応しい場でした。 彼は有能でよく働き、信頼できる人物です。まさに素晴しい戦友と言えます。

Hellu Van Oob

全ての車輌を自分の手足のように使いこなし、全てのマップを網羅し、全ての機能に精通した達人。知略・戦略も得意中の得意…と、彼自身が申しております。

Kannot Gitgud

かつての大スター。いつの間にか戦車戦のエキスパートに。引退してからは、全力で戦車戦に挑む毎日を過ごしている。

Toma Teu

喧嘩上等!どこにでも真っ先に突っ込んでいく。誰かの背中を追いかけるなんて、粋じゃない!

Uni Corn

ユニコーンに……見える?本当ですか?そうですか。

Arengee Penetrael

砲弾の運命を握る存在。敬意と尊敬の念をもっておもてなしをしましょう。もしかすると一撃必殺の幸運が訪れるかもしれません。

 

Roll out!

3. 新機能: 設計図について

更新済み

研究したい車輌があるのに、EXPが足りない……そんなジレンマを解消するために、車輌研究のお役立ち機能「設計図」が導入されます!設計図ピースを多く集めれば集めるほど、車輌の研究に必要なEXPが減少します。「設計図」を活用して、効率的に車輌研究を進めましょう。

ご注意: 現段階では「設計図」の仕様は確定しておりません。開発の進捗により内容を変更する場合がございます。予めご了承ください。

概要

「設計図」は戦闘後に一定の確率でドロップする「 支援褒賞」から入手できます。Tier VーX車輌使用時のみ入手可能となっていますのでご注意ください。

また、設計図は支援褒賞からのみ入手いただけます。クレジット、ゴールド、現金でご購入いただくことはできません。
ご注意: 「設計図」は車輛の研究のみに適用いただけます。モジュールの研究には適用できませんのでご注意ください。

戦闘でより高い功績をあげるほど、「支援褒賞」のドロップ確率が上がります。また、全ての技術ツリーのTier IIからTier X車輌の設計図が用意されていますので、特定の車輌の研究に必要なEXPを減らすためには、その車輌の設計図を集める必要があります。また、設計図のドロップはランダムです。すでに研究済みの設計図がドロップすることもあります。 

ご注意: 研究したい車輛のTierレベルが高ければ高いほど、設計図の完成に必要なピースの数が多くなります。また設計図のピースを多く集めるほど、研究に必要なEXPを減らすことができます。研究したい車輛の設計図のピースをすべて集め終わると、その車輌はEXPを消費することなく研究することが可能になります。

設計図を入手すると、その車輌の研究に必要なEXPの量が自動的に減少します。設計図の入手で減少するのはEXPのみとなります。クレジットは減額されません。 

設計図の完成度について

設計図の完成度を表すバーから、現在までにどの程度設計図ピースを集めたかを確認できます。バーは複数のセクションに分かれており、設計図を入手する度に該当するセクションが埋まります。

既に研究済みの車輌の設計図を入手した場合は、汎用もしくは国別 設計図に変換されます。 

  • 汎用設計図は、すべての国家の車輌の設計図ピースに変換することができます。
  • 国別設計図は、特定の国家の車輌の設計図ピースに変換することができます。 

汎用および国別設計図はそのままではEXP減少に使用することはできません。特定の車輌の設計図に変換することで、その車輌の研究に必要なEXPが減少します。
汎用および国別設計図を変換するには、特定の数のピースが必要です。変換に必要なピースの数や割合は、車輌のTierレベルによって異なります。

  • Tier IV車輌の設計図を作成するには、国別設計図ピースが1個と汎用設計図ピースが4個必要です。
  • Tier V車輌の設計図を作成するには、国別設計図ピースが2個と汎用設計図ピースが6個必要です。
  • Tier Xの設計図を作成するには、国別設計図ピースが4個と汎用設計図ピースが12個必要です。 

技術ツリーのタブから車輌研究と設計図の進行度を確認できます。

設計図を集めて、車輌研究に必要なEXPを節約しましょう。 / をクリックして設計図のピースを適用します。  (研究) をクリックして車輌を研究します。
倉庫内:
16
20
1
+
0
+
0
+
 
IV
 
1/4
3120
 
V
0/6
 
VI
0/6
 
設計図
IV P26/40
設計図のピース:
収集済み:
1 / 4
 
必要EXPの減少:
25%
または 1040
EXPを消費せずに研究
構築方法:
支援褒賞に設計図のピースが含まれていることがあります。支援褒賞を取得して、ピースを集めましょう。
この設計図の次の断片が自動変換されます:
汎用
国別
または
4
+
1
=
設計図
のピース
この設計図は部分的に構築済み
設計図構築完了
IV P26/40
車輌の研究が完了しました!
研究に必要なEXPの減少: 25%
消費EXP: 3120
再スタート

閉じる