アップデート 9.15 スーパーテスト

1. スーパーテスト 1: バージョン 0.9.15 更新内容

更新済み

スーパーテスト 1: バージョン 0.9.15 更新内容

ゲーム機能

  1. ガレージ画面での車輌描写を改良.
    • ガレージで購入前の車輌の 3D モデルをプレビューする機能を追加 (技術ツリー画面より確認可能)
    • 車輌特性を大きく 5 項目(拡張可)に簡略化
    • 車輌特性のリストを変更 (新項目をリストに追加)
    • 車輌に搭載した拡張パーツ、モジュール、搭乗員のステータスに応じて車輌特性の表示が変動する機能を追加
    • 拡張パーツ、モジュール、消耗品が車輌ステータスに与える影響をヒントに追加
  2. 基本 PvE チュートリアルを追加:
    •   チーム編成を変更。各チーム毎に15名づつで試合を開始
    •   待機時間を短縮。1人で試合を始める機能を追加
    •   開始地点を上部の陣地に追加
    •   マップ「ミッテンガルド」、「鉱山」での AI 挙動を改良
  3. 占領ゲージを改良。現在占領中の車両数、線量完了までの時間を追加
  4. チャット宛先保存機能をデフォルトで有効化
  5. 戦闘終了直前に警告を表示する機能を追加
  6. 車輌物理演算を調整: 
    • 坂を滑り落ちる際に必要以上に大きなダメージが与えられていた不具合を修正
    • 移動中に車輌が横転する可能性を低下
    • 車輌がオブジェクトや他の車輌に引っかかる不具合を修正
  7. ガレージの車輌カルーセルフィルター機能を拡張
  8. 迷彩ネット、双眼鏡使用時の効果音を追加
  9. サウンドタブよりサウンドシステムの種類を選択するオプションを追加
  10. 小隊を組んだ際に両車両の Tier の間が違っていた場合、警告文が表示される機能を追加
  11. 小隊で戦闘に参加した際に、戦闘に参加した車輌の Tier に応じてボーナス経験値が配布される機能を追加
  12. 新しい円型の照準インジケータをついか
  13. x16 /x25 ズームオプションを追加
  14. 戦闘中の砲弾のビジュアルを一部変更
  15. プロモーションスクリーン表示ボタンを追加
  16. ログイン画面、ガレージ画面に接続中のサーバーのレイテンシーを表示する機能を追加

技術的な変更点

  1. パーソナルミッションの数値を修正
  2. ドロップダウンメニュー、ヒントのインターフェースを最適化
  3. CoreEngine 3.0 を導入:
    • PC パフォーマンスを向上させる変更を実装:
      • クライアントパフォーマンス最大30%向上
      • 改良グラフィックプリセットでの平均 FPS を大幅に向上
      • 通常グラフィックプリセットで平均 FPS を最大15%向上
    • 改良グラフィックプリセットでの FX ライティングを改良
    • 最新の DX11 グラフィック API に対応

マップ

新 PVE チュートリアル実装に伴い、マップ「ミッテンガルド」「鉱山」を変更:

  1. 全シナリオで 15v15 戦を行う機能を追加
  2. 1人でPVEチュートリアルを開始する機能を追加 (AI 14 人 + プレイヤー 対 AI 15人)

車輌

  1. Waffenträger auf E 100 を Grille 15 に置き換え。Grille 15 の性能は下記の通りです:
    • 速度 - 60 km/h
    • 車体装甲 – 30/16/20
    • ヒットポイント - 1800
    • サスペンション旋回速度 – 25 deg/s
    • 連射速度 – 3,79 rounds/min
    • 照準時間 – 1.4 sec
    • 距離 100 m での散布界—0.26
    • 視認範囲 - 390 m
  2. 下記の車輌のパラメーターを調整: 
    • Kanonenjagdpanzer
    • А-32
    • T-22 med.
    • 59-Patton
    • M56 Scorpion
    • T95E2
    • 112
    • STA-2
    • Pz.Kpfw. V/IV ・ Pz.Kpfw. V/IV Alpha
    • T-54 ltwt.
    • T95E6
    • O-Ni
    • O-I Experimental
    • O-I
    • Achilles
    • Challenger
    • Heavy Tank No. VI、 Škoda T 40 などその他 88 mm L/56 砲を搭載した車輌
  3. スーパーテスト用に下記の車輌を追加:
    • KV-4 Kreslavskiy
    • Object 268 Variant 5
    • T71 CMCD
    • Т-45
  4. 下記の19輌の車輌を HD モデルに変更:
    • Т-46, Т-127, BT-7, Т-80, SU-85B, Т-43, SU-122-54, Object 430
    • Pz.Kpfw. 38(t), VK 30.01 (P)
    • T1 Cunningham, T67, M6
    • AMX 13 90
    • Bishop, Centurion Mk. I
    • WZ-131
    • Chi-He, Chi-Nu Kai
  5. 下記の車輌のコリジョンモデルを改良: T-34-85, StuG Ausf. G, Type 62

プレミアム車輌 性能調整

今回のアップデートでは一部プレミアム車輌の性能に調整を加える予定がされております。この調整では、総体的な車輌性能を上方修正しつつ、遊びやすさ・プレイしやすさを重視した調整が加えられます。

現在のランダム戦でも十分な性能が発揮できるよう、下記のプレミアム車輌の性能を調整しました:

  • A-32: 貫通力、命中精度、砲弾の初速を上方修正
  • Pz. Kpfw. V/IV: Tier VII 帯の戦闘の対象から除外、 Tier を VI から V に変更。主砲の安定性と命中精度を上方修正 

より快適にプレイができるよう、下記のプレミアム車輌の性能を調整しました:

  • T95E6: 車輌の走破性を向上、照準時間を短縮、命中精度を上方修正
  • T95E2: 移動中の安定性、命中精度を向上、視認範囲を400mまで拡大、照準時間を短縮
  • M56: 機動力、後退速度を向上、照準時間を短縮
  • Heavy Tank No. VI: 標準搭載弾薬の貫通力を上方修正
  • STA-2: 貫通力を上方修正、分間ダメージを低下
  • Kanonenjagdpanzer: 移動中の安定性を低下、照準時間を短縮、貫通力、砲弾の初速を上方修正
  • 112: 燃料タンクを正面装甲から離れた位置に再配置することにより、火災発生確率を低下
  • 59-Patton: 火力と照準速度、視認範囲、後退速度を上方修正
  • Škoda T 40:  標準搭載弾薬の貫通力を上方修正

T-22 medium のステータスには、特に大きな変更が加えられます。

T-22 med. はソ連車両の持つ多くの長所と独特な形状の車体を活かした高い防御力を併せ持つ汎用性の高い中戦車です。この恵まれた性能のために T-22 medium は同系列の車輌の性能を大きく引き離す性能を持っていました。今回のアップデートでは、この車輌がその他の Tier X 中戦車と同格の性能を発揮できるように再調整を施しました。

T-22 med. の防御力は低下せず、今までどおりユニークな性能を持った車輌としてプレイすることができます。

主な変更点は下記のとおりです:

  • 全ての路面での走破性を低下
  • 照準時間を 1.9秒から 2.2 秒に延長
  • 命中精度を 0.33 から 0.36 に下方修正
  • 砲塔旋回時の散布界を 0.08 から 0.1 に拡大
  • 車体旋回時の散布界を 0.08 から 0.1 に拡大
  • 砲塔旋回速度を 48 deg/s から 40 deg/s に低下

上記の車輌ステータスは、テスト結果に応じて更なる変更が加えられる場合がございます。

通常車輌 性能調整

日本戦車

日本車輌の人気 Tier 帯を見るに、Tier V ~ VI 帯にその明らかに人気が集中していました。

また同 Tier 帯の日本車輌は、他国家の同種類の車輌と比べて高い性能を発揮していました。この問題を解決するために、その他のTier VI 重戦車と同格の性能が発揮できるよう車両性能に調整が加えられます。

一方、同車両ラインナップの Tier III ~ IV 車輌は他の同種車輌と比べて若干低い性能しか発揮できていませんでした。この Tier 帯の車両にも性能の調整が施されます。

  • Type 91: 照準時間の短縮、安定性、分間ダメージの上方修正
  • Type 95: 火力と生存性能を上方修正
  • O-I Experimental: 同 Tier 帯の重戦車と比べ、同格の性能が出せるよう車両性能が調整されました。ダメージを受け流しながら突撃を試みることは可能ですが、主砲の照準時間が従来より長くなりました。
  • O-I: O-I Experimental と同じく、同 Tier 帯の車輌と同格の性能を発揮するように調整されました。主な変更点は主砲の照準時間と安定性の低下が含まれます。

イギリス駆逐戦車

  • Achilles: 照準時間の短縮、分間ダメージの上方修正が加えられました。
  • Challenger: 照準時間の短縮、分間ダメージの上方修正が加えられました。

ソ連軽戦車

  • T-54 ltwt.: その他 Tier VIII 車輌と同格の性能が出せるよう調整。照準時間と分間ダメージに調整が加えられました。
 
閉じる