搭乗員の訓練と役割

車両の搭乗員はWorld of Tanksで特別な役割が存在します。搭乗員には「車長、操縦手、装填手、砲手、無線手」の5つの独特な役割があります。

各車両内部の搭乗員の数と割り振られている役割は変わることがあります。World of Tanksは、2-6人の搭乗員を持っています。World of Tanksの車両は完全に搭乗員なしで操作することができません。戦いを通して、搭乗員は経験値を獲得します。最初は搭乗員の訓練レベルは50%だけです。戦いの結果がより良いほど搭乗員はより多くの経験値を得ます。100%の搭乗員のスキルを習得することは、車両全体の性能を向上させる最も簡単な方法です。

注意!車長の訓練レベル数値の10分の1が常に搭乗員の訓練レベルへボーナスとして加算されます!したがって、車長の訓練レベルが50%の場合、搭乗員には訓練レベルが+5%加算されます。車長の訓練レベルが100%の場合、搭乗員には訓練レベルが+10%加算されます。

 

搭乗員の訓練の特徴

搭乗員の訓練の特徴はそれぞれの国家にあります。そして、所属国家の車両のみ操作させることができます。(例:アメリカの砲手はドイツの車両に搭乗できません。) 搭乗員は、特定の車両(所属国家の全プレミアム車両)を操作する訓練を受けています。他の車両のために搭乗員を再訓練する場合、以前の車両の資格を失います。搭乗員は常に戦いの経験値を獲得します。例えば、MS-1が1000の経験値 を得た場合、車長と操縦手も同様に 1000の経験値を獲得します。

受け取った基本的な経験値は、次の場合に減少します。

  • 搭乗員はプレミアム車両だったが、別の車両種(例:Pantherの搭乗員がLoweの操縦)のために訓練されている場合、50%の経験値を獲得します。
  • 搭乗員は非プレミアム車両にあった同じ種類(Pantherの搭乗員がPantherⅡの操縦)の別の車両を訓練する場合、50%の経験値を獲得します。
  • 搭乗員は非プレミアム車両で戦っているが、別の種類(Pantherの搭乗員がマウスの操縦)の別車両に対して訓練すると25%の経験値を獲得します。
  • 搭乗員が負傷している場合、10%の経験値に対して罰金が科されます。搭乗員が負傷して治療できない、または、車両が破壊されている場合は、その後、90%の経験値を獲得します。

車庫では、視覚的にパーセント量と車両名の色で区別されます。プレミアムM3 Stuartの場合、1は車両用に訓練された搭乗員です。2は同じ種類の別の車両用に訓練された搭乗員です。3は別の車両種(パーセンテージ量が赤色で表示されます)のために訓練されている搭乗員です。

注意してください! (例:1000の経験値の場合):

  1. 最初の勝利の場合、各搭乗員は2000の経験値を獲得します。
  2. 最初の勝利であり、搭乗員訓練の促進をしている場合、各搭乗員は4000の経験値を獲得します。
  3. 最初の勝利は車両単位となります。言い換えれば、MS-1で2倍の経験値を受け取り、プレミアムT-127にその搭乗員を派遣することでまだT-127の上で1つを集めていない場合、同様に倍の経験値を得ます。

搭乗員の訓練方法

搭乗員の訓練はいつでも行うことができます。新しい車両を購入するときも、訓練レベルが100%の搭乗員を得ることができます。よく訓練された搭乗員は、全てのスキルを表示するようになります。このオプションを選択するには、購入ウィンドウでタンクアカデミー を選択して下さい。

注意してください!タンクアカデミーはゴールドで購入されます。

既存の搭乗員を訓練したい場合、必要がある全ての車両を選択し、指定された搭乗員の上で右クリックし、メニュー内の個人ファイルを開きます。

個人ファイルでは「訓練」タブをクリックし、タンクアカデミー (ゴールドを使用します)を選ぶことで100%まで搭乗員の訓練レベルを上昇させます。

搭乗員が経験値を貯めていて再訓練した場合、速成コースや軍士学校の訓練レベルでは表示よりも大きくなるかもしれません。例えば、軍士学校で重車両から別の重車両まで100%の訓練をされた搭乗員を再訓練することは75%ではなく、90%の訓練レベルとなります。

搭乗員訓練の促進

戦いで得た全ての経験値は、搭乗員の訓練レベルに直接加算されます。エリートステータス(選択車両の全てが研究されている状態)を持っている必要があります。車両がエリートになっている場合、車庫に入り「搭乗員訓練の促進」のチェックボックスにチェックを入れてポップアップウィンドウで選択内容を確認します。

ポップアップウィンドウで、選択を確認します。

その後、「最も訓練レベルの低い」搭乗員は、2倍以上の経験値を入手します。そして、他の搭乗員は通常の経験値を受け取ります。この場合、経験値が車両へ分配されることはなく、全ての経験値が搭乗員に分配されます。

新しいものを購入するために車両を売却し、訓練レベルが上昇した搭乗員を失いたくない場合、搭乗員は1つの車両から別のものに再教育することができます。もちろん、この場合には搭乗員の国家を考慮しなければなりません。ソ連の搭乗員は、ドイツやアメリカの車両に適合しませんし、その逆も同じです。

I車両を売却する前に搭乗員を再訓練するためには、兵舎に送ってください。車両を選択して、搭乗員をクリックし、兵舎に送るを選択します。

車両の売却時に自動的に兵舎へ送ることができます。タグ中のマークは「兵舎に送って、設備を取り外す」がデフォルトで設定されています。

 

車両を売却して新しいものを購入するとき、搭乗員のいない車両は、兵舎に搭乗員がいることを注意します。兵舎タブをクリックし、必要な搭乗員を右クリックします。個人ファイルの「訓練」タブを選択して、その搭乗員に望ましい車両を選択してください。

 

 新しい車両を取得したとき、その車両によく訓練された専門の搭乗員を派遣することができます。

新しい車両の搭乗員の再教育:各搭乗員の個人ファイルを開いて、訓練レベル(タンクアカデミー、軍士学校、速成コース)を選んで、「訓練」をクリックしてください。

主な資格取得を変更することはできませんので、注意してください。無線手は砲手になることはできません。また、操縦手は車長になることはできません。

搭乗員のスキルとパークスキル

搭乗員の訓練レベルが100%に達すると、新たにスキルを訓練することができるようになります。

※スキルは訓練開始直後から有効、効果はレベル向上に伴い上昇。
※パークスキルは100%達成後に有効。

 

共通スキル
Jack-of-all-trades
修理 – スキル

損傷部品の修理を促進する。全搭乗員の平均スキルレベルにより効果が決まります。このスキルは工具箱や修理キット(大)と併用するとより効果的です。

Tutor
カモフラージュ – スキル

車両の視認性を低下させる。全搭乗員の平均スキルレベルにより効果が決まります。迷彩ネットと併用するとより効果的です。

Eagle Eye
消火能力 – スキル

消火能力の強化。全搭乗員の平均スキルレベルにより効果が決まります。

Premonition
戦友 – パークスキル

 全搭乗員の基本能力と全スキルを向上させる。乗員全員が修得する必要がある。乗員が戦闘不能になっても効果は消滅しない。

車長
Jack-of-all-trades
なんでも屋 – スキル

搭乗員が負傷した場合、車長が代行を務めることができる。基本能力のみ代行可能。負傷者の増加に伴い効果が低下します。

Tutor
教官 – スキル

車長以外の全搭乗員の獲得経験値を向上させる。経験値の量はスキルレベルに応じて増加します。

Eagle Eye
偵察 – スキル

最大視認範囲を向上させる。このスキルは観測装置が負傷している場合や状況判断力、コーディング済み光学機器、双眼鏡と併用した場合により効果的です。

Premonition
第六感 – パークスキル

敵に発見されたかどうかを車長が認識できるようになる。

Expert
鋭い視力 – パークスキル

車長が視認範囲内の照準中車両について、破損部品を視認可能になる。関節射撃および直接射撃の両モードで有効です。

操縦手
Ace
クラッチの名手 – スキル

車両の旋回速度を向上させる。このスキルは追加グローサー、レンドリースオイル、速度制限装置の解除、100オクタンガソリン、105オクタンガソリンと併用するとより効果的です。

Off Road Master
オフロード走行 – スキル

軟地盤および通常地盤での走行抵抗を減少させる。走行抵抗の低下に伴い、車両の運動性と加速性が向上します。このスキルは、追加グローサーと併用するとより効果的です。

Cruise Master
スムーズな運転 – スキル

移動中の射撃の命中精度を向上させる。このスキルは、車両が静止中や旋回中には無効。砲垂直安定装置と併用するとより効果的です。

Ramming Master
衝突の制御 – スキル

体当たりの際、自車両へのダメージを減じ、敵車両へのダメージを向上させる。このスキルは、両方の車両が移動中の場合のみ有効。味方同士の衝突は除く。

Neatnik
こまめな手入れ – パークスキル

エンジン室からのガス漏れ・オイル漏れを防止し、火災発生率を下げる。自動消火装置と併用するとよい効果的です。

砲手
Master Gunsmith
兵器工 – スキル

破損した方の命中速度を改善する。2名の砲手がこのスキルを有する場合、レベルがより高い砲手のスキルのみ有効。砲垂直安定装置と併用するとより効果的です。

Sharp-shooter
射撃の名手 – パークスキル

敵車両の部品や搭乗員への損害発生率を向上させる。徹甲弾(AP)、硬芯徹甲弾(APCR)、対車両榴弾(HEAT)に対してのみ有効。2名の砲手がこのパークスキルを有する場合でも、効果は加算されない。

Steady Hands
速射 - スキル

砲塔旋回中の命中精度を向上させる。2名の砲手がこのスキルを有する場合、レベルがより高い砲手のスキルのみ有効。砲垂直安定装置と併用するとより効果的です。

Nemesis
指定された目標 – パークスキル

照準中の敵車両を2秒間余分に見ることができる。このパークスキルは直接射撃および関節射撃の両モードで有効。2名の砲手がこのパークスキルを有する場合でも、効果は加算されない。

装填手
Stickler
弾薬を安全に収納 – パークスキル

砲弾同士の接触を回避することにより、弾薬庫の耐久性向上させる。2名の装填手がこのパークスキルを有する場合でも、効果は加算されない。このパークスキルは、湿式弾薬庫と併用するとより効果的です。

Hunch
直感 - パークスキル

装填手が弾切り替えを即時に完了する可能性を生み出す。装填隅や装填中の場合を含む。装填中に弾薬を切り替えた際、装填がリセットされずに進行する。2名の装填手がこのパークスキルを有する場合は効果が向上します。

Do-or-Die
アドレナリン・ラッシュ – パークスキル

車両のHPが10%未満になった場合に装填速度が加速される。2名の装填手がこのパークスキルを有する場合でも、効果は加算されない。このパークスキルは、弾込め棒と併用するとより効果的です。

無選手
Boffin
信号の増強 – スキル

通信距離を拡張する。2名の無線手がこのスキルを有する場合、レベルがより高い無線手のみ有効。

Sonar
状況判断力 – スキル

視認範囲を拡張する。2名の無線手がこのスキルを有する場合、レベルがより高い無線手のみ有効。このスキルは偵察と併用するとより効果的です。

Retransmitter
通信中継 – スキル

自車両の通信距離内の味方の通信距離を拡張する。2名の無線手がこのスキルを有する場合、レベルがより高い無線手のみ有効。

Last Ditch Attempt
報復要請 – パークスキル

車両が撃破された後、無事な無線手が2秒間、敵の位置の報告を続ける。2名の無線手がこのパークスキルを有する場合でも、効果は加算されない。

全ての搭乗員
Brothers-in-arms
戦友 – パークスキル

自分のスキルの全てにボーナスを受け取る。それが100%に訓練された後、このパークスキルにのみ有効になります。任意の搭乗員が負傷された場合の効果は発動しません。

 

同じ役割を持つ2名の搭乗員のいずれかがパークスキル (またはスキル)を持っていた場合、その後、さらに研究されたパークスキル(またはスキル)が優先されます。2名の装填手または無線手を持っている場合、異なったスキルやパークスキル(修理、カモフラージュ、消火、戦友)を育成することをお勧めします。

各プレイヤーがそれぞれ自身の戦術を持っており、主砲の選択でさえ悩むものであるため、スキルやパークスキルが特定の車両にも適用すべきかアドバイスするのは困難です。ただ1ついえるのはプレイヤー自身が搭乗員を訓練する前に慎重に考えることです。スキルは車両のために必要であるか、訓練の展望を立て、そして、ゲーム内で選択した戦術に従ってください。フォーラムのコメントを読み取り、VODsは有用なアドバイスをチェックします。

兵舎はいつでも拡大させることができます!

 

搭乗員を効果的に活用して、World of Tanksの世界の戦場で敵を撃破してください!

閉じる